ふらつきの原因は自律神経!?その原因と5つの解消法とは?

ふらつきを感じる女性

ふらつきやめまいを感じることはありませんか?

急に立ち上がったり湯船からあがった時に、一瞬クラッとめまいがしたり体がふらつく、というのは珍しいことではありません。

でもふらつきが頻繁に起こったり、歩いていても体がフワフワするような感覚があるのなら、自律神経の乱れが原因で起こるふらつきかもしれません。

そこで、ふらつきの症状、原因、解消法などについてお伝えします。

スポンサーリンク

【目次】

自律神経からくるふらつきの症状とは?

自律神経の乱れが原因で起こる「ふらつき」の場合、次のような症状が特徴的です。

ふらつきの症状

  • 立ち上がった瞬間に気が遠くなる感じがする
  • 急に体の姿勢を変えた時にふらつく
  • 歩いていてもフワフワと感じる
  • 立っているだけなのにフワフワと感じる
  • めまいがするほどのふらつき
  • 耳鳴りや頭痛が同時に起こる

ふらつきを感じるものの、病院で検査をしても体には異常が見つからないのも、自律神経が原因で起こるふらつきの特徴です。

では次に 「このようなふらつきが起こる原因はなにか?」 についてくわしくお伝えします。

スポンサーリンク

自律神経からくるふらつきの原因とは?

ふらつきの原因はいろいろあります。しかし最近では、自律神経の乱れが原因で起こるふらつきが増えているのではないでしょうか。

自律神経とは 「交感神経(活動・ストレス)」「副交感神経(体の回復・リラックス)」という、正反対のはたらきをする2つから成り立っています。

この2つがバランスよくはたらくことで、スムーズに活動することができたり、健康状態を維持することができるのです。

自律神経のバランス

しかし・・・

職場での人間関係、仕事のプレッシャー、ママ友との人間関係、子供の心配、夫婦間のいざこざ、経済的な不安、といった精神的なストレス。

さらには、長距離通勤、残業の毎日、育児の疲れ、運動不足、睡眠不足、といった肉体的なストレス。

たくさんのストレスにかこまれて、交感神経ばかりがはたらいてしまうのが、不調を感じている現代人の特徴なのです。

ふらつきの原因はストレス

ふらつきの原因も同じ。

具体的には、ストレスの多い毎日を送っているために、慢性的に交感神経が優位になって、全身の筋肉が緊張して血行が悪くなっていることが原因です。

酸素を運んでいるのは血液。ですので、血行が悪くなれば酸素は十分に行きわたらなくなります。それが 「ふらつき」 という症状となってあらわれるのでしょう。

ストレスによる筋肉の緊張が原因

ふらつきやめまいだけに限ったことではありません。

疲れがとれない、体が重たい、耳鳴り、ぐっすり眠れないなど、私たち現代人の 不調の多くは、ストレスによる筋肉の緊張が原因 となってあらわれています。逆に、筋肉の緊張をほぐしてあげれば、さまざまな不調もやわらいでくるでしょう。

そこで、自律神経の乱れからくるふらつきを解消するために、普段の生活でできる方法について お伝えします。

スポンサーリンク

5つの解消法について

自律神経の乱れが原因で起こるふらつき。解消するためのポイントはこの3つ。

  • ストレスを減らすこと(解消・発散すること)
  • 交感神経をしずめて副交感神経をはたらかせること
  • かたく緊張した筋肉をほぐして流れをよくすること

ストレスを受けないのは難しいので、発散する方法を取り入れましょう。音楽を聴く、アロマでリラックス、友達とおしゃべり、などなど。

リラックスして楽しめる時間が増えてストレスが発散できれば、自律神経も整いやすくなって、ふらつきの解消にもつながるでしょう。

そして、「副交感神経をはたらかせること」、「固くなっている筋肉をほぐすこと」も、ふらつきの解消にはとても大切。

そこで普段の生活でできる5つの方法をご紹介します。

1.湯船にゆったりとつかる

ふらつきの解消にはお風呂

忙しいから、暑いから、と湯船につからずにシャワーで済ますのはNG。湯船につかれば副交感神経に切りかわりますが、シャワーは交感神経を優位にしてしまいます。

起きている時間の中で、もっとも副交感神経がはたらくのが湯船につかっている時間。そんな絶好のチャンスをのがしていては、ふらつきの解消は望めません。

湯船の温度は体温プラス4度が目安。あなたが「気持ちいい」と感じる温度が一番です。のぼせるまで長湯するのも逆効果。湯船につかる時間も「気持ちいい」と感じる程度が一番です。

2.食べ物で副交感神経に

ふらつきの解消に食物繊維の多い食べ物

食べ物のなかにも、副交感神経をはたらかせてくれるものがあります。ふらつきの解消に役立ててください。

  • 食物繊維の多いもの:きのこ類、海藻、野菜、納豆、玄米、枝豆、おから、バナナ、キウイなど
  • 酸っぱいもの:酢の物、お酢を使ったドリンク、レモンなど
  • からいもの:キムチ、七味唐辛子、梅干しなど

スポンサーリンク

3.軽い運動

ジョギング

筋肉がかたくなっているのは、体を酷使していることが原因ではなく、ストレスが原因。適度に体を動かせば、筋肉もほぐれて血行がよくなります。運動で体が温まることも血行をよくしてくれるので、ふらつきの解消にも大いに期待ができます。

散歩、ウォーキング、ジョギング、水泳などがおすすめ。自分のペースでできる有酸素運動ですね。「サクサク歩く」、「タッタッと走る」といった反復運動は、「セロトニン」と呼ばれる幸せホルモンが分泌されるので、気分まで気持ちよくなってきます。

4.ストレッチ

ストレッチする女性

ふだん使っていない筋肉って、実はたくさんあります。デスクワークの人はなおさら。使っていない筋肉ほど、かたまりやすくなるものです。

本格的なストレッチとまでいかなくても、仕事や家事の合い間に体を伸ばしたり、肩や首を回したり。前屈したり太ももの筋肉を伸ばすのもいいですね。深呼吸しながらおこなえば、ほぐす効果は高まります。

本格的やろうと思っても意外と続かないもの。手軽なストレッチをこまめにおこなう方が、体もほぐれてふらつきの解消にもつながるでしょう。

5.体をほぐす

自律神経からくるふらつきの原因は、ストレスで筋肉が固くなって血行が悪くなっていること。

かたい筋肉をもみほぐして血行をよくすることは、ふらつきの解消にダイレクトにつながります。

とはいえ、毎日マッサージに通うのは無理なので ふだんの生活の中でこまめに体をほぐしましょう。

  • 肩、腕、太もも、ふくらはぎをもみほぐす
  • バスや自転車を徒歩にして筋肉を動かす
  • 座ったままで、つま先とかかとを上げ下げする
  • 深呼吸する(鼻から4秒かけて吸って、口から8秒かけて細く吐く)
  • ややぬるめの湯船にゆったりはいる
  • お風呂あがりや寝る前にストレッチ

ふだんの生活のなかのちょっとした工夫で、副交感神経を高めたり、体の緊張をほぐすよう心がけましょう。

※参考サイト:厚生労働省 e-ヘルスネット「自律神経失調症」、「ストレス」、「ストレッチングの効果」、「ストレッチングの実際
厚生労働省 みんなのメンタルヘルス:「動悸・めまい

*-*-*-*-*-*-*

まるで鉄板をおろしたみたい

ハーブエキスほか100%天然由来
ほのかな蓮の花の香りにやすらぐ
全身用ジェル『プアーナ』。

プアーナ くわしくは >>

プアーナ

*-*-*-*-*-*-*

スポンサーリンク