息苦しい原因とは?その症状と4つの対処法について

息苦しい症状の女性

息苦しい原因とは何でしょうか?

息苦しい原因には、肺気腫、インフルエンザ、うつ、パニック障害などいろいろあります。そして、自律神経失調症など自律神経の乱れも息苦しい原因のひとつ。この場合、動悸、ほてり、汗、手足のふるえ、といった症状もあらわれることがあります。

自律神経失調症と診断されていなくても、ストレスの多い毎日を過ごしている人には息苦しい症状があらわれることも。そんな息苦しい症状、原因、対処法についてくわしくお伝えします。

【目次】

息苦しい症状とは?

息苦しい症状としては、

  • 呼吸が早くなって息苦しい感覚を覚える
  • 呼吸が浅くなって息を深く吸おうと思っても吸えない
  • のどがしめつけられるように感じる

といったものがあります。

原因はさまざまありますが、病院で検査をしても異常がない場合は、自律神経の乱れが原因であらわれている症状である可能性が高いようです。

この場合の息苦しい症状は、特に夜眠る時に、息苦しい、酸欠感、息を吸い込めない、と感じるケースが多いようです。

↑ページTOPへ

息苦しい原因について

自律神経の乱れからくる息苦しい症状。その原因は何なのでしょうか?

ストレスが多いと交感神経 ばかりがはたらいてしまい、全身の筋肉が緊張するようになります。特に、気管支のまわりの筋肉が「緊張・収縮・けいれん」すると、それが原因でうまく息が吸えなくなって、息苦しいと感じるようになります。

息苦しい原因は筋肉の緊張

呼吸が浅いなど、上手く呼吸ができていない

人間は、体内に酸素を取りこむことで生きています。当たり前のことなのですが、それが上手にできていない可能性があるのです。

呼吸をするときは肺がふくらみます。通常なら何の問題もなくふくらむ肺ですが、自律神経失調症の人やストレスの多い人は、ストレスによって慢性的に筋肉がかたくなっています。

肺を動かす筋肉(内助間筋・外腹斜筋・腹直筋など)も、同じようにかたく緊張状態になっていることが原因で、横隔膜の動きも固くなってしまって、十分に肺がふくらまなくなるのです。

そもそも、自律神経失調症の人がどうして筋肉の動きが鈍くなってしまうのかというと、「筋肉を動かしなさい」 と指令を送る役割である自律神経のはたらきが弱くなっているから。

このことが原因となって、普通なら感じないような息苦しい症状を感じることがあるのです。そのおおもとの原因は心と体のストレス。のどのまわりに原因があるわけではないでしょう。

自律神経の乱れが原因でない場合も

息苦しい原因が必ずしも自律神経の乱れというわけではありません。胃下垂の人などは、場所によって胃が上がってしまって呼吸が苦しくなることもあり得ます。

息苦しい原因はほかにも、肺気腫、インフルエンザ、うつ、パニック障害などさまざまなものがあります。とはいえ検査をしても異常が見つからない場合は、自律神経の乱れからくる息苦しい症状である可能性が高いのではないでしょうか。

それでは、自律神経の乱れからくる息苦しい症状の4つの対処法について お伝えします。

スポンサーリンク

↑ページTOPへ

息苦しい症状への4つの対処法とは?

自律神経の乱れからくる息苦しい症状への対処法を4つご紹介します。ご参考になればうれしいです。

対処法(1)息をしっかり「吐く」ことを心がける

息苦しい場合のほとんどが 「息が吸えない! 」と感じているのではないでしょうか?

しかし実際には 「息が吸えない」 というよりは、「息をじゅうぶんに吐いていないので、まだ肺に空気が残っていて、あまり息が吸えない」 というケースが多いのです。

100%息を吐いていれば100%息を吸えます。でも、30%しか息を吐いていなくて70%が肺に残っていたら、30%しか吸えません。

息苦しいとどうしても 「息を吸おう、息を吸おう」 と必死になりがちですが、落ち着いて 「息をしっかりと吐く」 ように心がけてください。

対処法(2)姿勢を正してみる

自律神経失調症の人やストレスの多い人は、背中が丸く猫背になっている傾向があります。

背中が丸まっていると、呼吸する時に使う横隔膜などの筋肉に重圧がかかってしまって、息苦しい原因となることがあります。

背すじをのばして胸をひらくように心がけるだけで、筋肉に対する圧迫が取り除かれて呼吸も少しラクにできるようになります。

腕をうしろにグーッと伸ばして胸を開くようにしたり、腕を上にグーッと伸ばして背伸びをしたり。「また猫背になってたわ」と自覚しながら背すじを伸ばしましょう。

スポンサーリンク

対処法(3)肩を下げるよう心がける

ストレスが多い人は、無意識のうちに体全体の筋肉にチカラが入っています。

自分ではチカラを抜いているつもりでも、実際にはあまりチカラが抜けていなくて、いつも肩があがっているケースが多いのです。

いつも肩が上がっている状態だと、肋骨(ろっこつ)もいつも上がっている状態になっています。この状態では良い呼吸ができず、息苦しい原因にも。

本来ならば、息を吸うと肋骨があがって、息を吐くと肋骨がさがります。肋骨がいつも上がった状態というのは、息を吸ったところで止まった状態と同じ。なので、息をじゅうぶんに吐くことができないのです。

「あ、肩が上がっているわ」と感じたらすぐにチカラを抜いて肩を下げるようにしましょう

気づく前にも、こまめに肩を上げ下げしたり肩をまわしたりして、すこしでも筋肉をほぐしてリラックスするように心がけてください。それだけでも呼吸のしやすさは格段に違ってくるでしょう。

対処法(4)一番は体の緊張をほぐすこと

一番の対処法は、体の緊張をほぐすことではないでしょうか。

自律神経からくる息苦しい症状のおおおもとの原因は、ストレスによる筋肉の緊張。

筋肉の緊張をほぐせば、呼吸がしやすくなるだけでなく、交感神経から副交感神経(体を回復するリラックスの神経)に切りかわるので、疲れやさまざまな不調の改善を大きくサポートします。

マッサージをされてトローンと気持ちよく眠たくなった経験、ありませんか?

これも全身の筋肉がほぐれて副交感神経に切りかわった証拠。体をほぐすことは、さまざまな不調を解消するためにもっとも大切なポイントです。

息苦しいと感じた時にすぐ体をほぐす、なんてことはできないでしょうから、ふだんから固く緊張した体をほぐすことが何より大切です

こまめに腕を伸ばしたりストレッチをする、軽い運動をする、整体やマッサージを受ける、自分で体をもみほぐす、ゆったりと湯船につかるなど、毎日の生活の中で体をほぐすように意識してみましょう。

ほかにも、自分でしっかりとほぐす方法もあります。簡単で誰にでもすぐにできますので、参考になさってください。

自分で深くほぐす方法とは? >>

以上、息苦しい原因、症状、対処法についてお伝えしました。少しでもご参考になればうれしいです。

よく読まれている記事はこちらです

【PR】

プアーナプアーナ