HOME > 自律神経失調症の原因

自律神経失調症の原因とは? 意外なストレスや対策について

ストレスを感じる女性

自律神経失調症に限らず、自律神経の乱れが原因の不調に悩む人が増えているのではないでしょうか?

そんな自律神経失調症の原因とは? そもそも自律神経とは? 改善するために普段の生活でできる方法とは? についてわかりやすくお伝えします。

【目次】

そもそも自律神経とは?

自律神経とはいったい何なのか、ご存じですか?

右手をあげる、首をかしげる、左足を一歩前に出す、5秒間息をとめる・・・。できますよね?

では、

食べ物の消化を5秒間ストップする、右手の血管を広げる、悪いものをろ過して尿を作る、今日の疲れを回復する、すり傷を治す・・・できますか?

意識してもできないことが自律神経の役割

私たちが生きていくうえで「意識してできること」と「意識してもできないこと」があります。

さきほどの例でいう「食べ物の消化をストップする」「疲れを回復する」といった意識してもできないことをやってくれるのが「自律神経」なのです。

交感神経と副交感神経の2つからなる

自律神経のバランス

自律神経はこのイラストのように、正反対のはたらきをする2つの神経からなりたっています。

日中は、仕事や勉強や家事やスポーツなどいろんな活動をスムーズにおこなえるように、交感神経がメインにはたらきます。

そして夜は、昼間の疲れやダメージを回復して翌朝には元気な体に戻すように、副交感神経がメインにはたらきます。

こうして、正反対のはたらきをする2つの神経がバランスよくはたらくことで、私たちの活動と健康を守っているのが「自律神経」なのです。

では、自律神経失調症の原因とはいったい何なのでしょう?

↑ページTOPへ

自律神経失調症の原因とは?

自律神経失調症の原因は交感神経が優位の生活

交感神経と副交感神経という2つの神経がバランスよくはたらいている時はいいのですが・・・

ストレスの多い現代社会。

  • 職場やママ友との人間関係、仕事のプレッシャー、非正規雇用という不安、長時間の通勤、家族との関係などの精神的なストレス
  • 多忙な仕事、過労、睡眠不足、運動不足、不規則な食生活、などの体のストレス
  • 猛暑、クーラーでの冷え、花粉、PM2.5などの環境によるストレス

このような精神的・身体的・環境的なストレスが多い生活が自律神経失調症のおもな原因のひとつとなっているのです。

ストレスが交感神経を優位に

ストレスは生きていくうえで必要なもの。問題なのはストレスが多い毎日を送っていることです。

こんな経験、ありませんか?

  • 苦手なママ友と1日じゅう一緒にいてぐったり疲れた
  • 憂うつな営業会議がやっと夕方に終わった頃には体がガチガチ

ストレスは交感神経を優位にします。これが1日だけならいいですが、毎日がこの状態だったらどうでしょう。毎日が憂うつで緊張で、食欲もなく疲れもとれず、夜もぐっすり眠れず、休日も休んだ気がしない。

これで健康でいられるはずがありません。

交感神経と副交感神経は、足して100

交感神経と副交感神経は、同時にフル稼働はできません。

交感神経が80なら副交感神経は20、交感神経が30なら副交感神経は70、といったイメージです。

ここでストレスが続くと、交感神経が優位な状態がずっと続いてしまって、副交感神経が十分にはたらけません。回復・代謝・睡眠・リラックスをになう副交感神経がはたらけなければ・・・

  • 疲れがとれない、疲れがたまる
  • いつも体が重たい
  • 体調不良がよくならない
  • 気分がリラックスできない
  • ぐっすり眠れない

休みなく走り続けている状態。気持ちが緊張してはりつめている状態。これでは体や心に不調があわられてもおかしくありませんよね?

このように ストレスの多い毎日で交感神経ばかりがはたらいてしまって、体の回復が追いつかなくなることが、自律神経失調症をはじめとしたさまざまな不調の大きな原因 なのです。

でもなかには「あまりストレスを感じてないのに体の不調が・・・」という方も。意識していないものがストレスになっている可能性があります。

そこで次は ストレスの原因にはどんなものがあるのか? について具体例をお伝えします。

スポンサーリンク

↑ページTOPへ

ストレスの原因にはどんなものがある?

仕事もやりがいがあって楽しいし、家庭もうまくいっている。ストレスなんてあまり感じない。

そんな人でも自律神経失調症になることがあります。それは「ストレスにはいろいろな原因があるから」ではないでしょうか。

ストレスといえば、イヤなこと、きらいなこと、苦手なこと、による精神的なストレスをまず思い浮かべますが、先ほどお伝えしたとおり、運動不足や過労もストレス、猛暑もクーラーきき過ぎのオフィスもストレスです。

だから、仕事が楽しくて頑張りすぎることも自律神経失調症の原因のひとつになりうるんですね。

体のストレス

運動不足、はげしい運動、食べすぎ、偏食、栄養不足、食品添加物、睡眠不足、不規則な生活、夜ふかし、妊娠による身体的変化、思春期の体の変化、月経、閉経、更年期病気、けが、持病、長距離通勤、過労、夜勤、お酒、たばこ、スマホ、パソコン、テレビ、ゲーム

精神的なストレス

入学、転校、クラス替え、成績不振、いじめ、友達関係、就職、転勤、単身赴任、昇進、左遷、転職、失業、ノルマ、プレッシャー、非正規雇用の不安、職場での人間関係、結婚、離婚、引越、育児、ママ友との関係、子供の反抗期、子供の独立、親との同居、上司、部下、嫁姑

環境的なストレス

猛暑、極寒、騒音、空気汚染、PM2.5、花粉、ウイルス、洗剤などの合成界面活性剤、社会への不満や怒り

*-*-*-*

ストレスの原因を具体的にご紹介しました。

もちろん 「自律神経失調症の原因は花粉です」、「洗剤の合成界面活性剤が原因です」とは言いませんが、いろいろなストレスが積もり積もってその人の許容範囲を超えてしまうと、体や心に不調をきたしてしまうのではないでしょうか。

とはいえ、ストレスを減らすことはそう簡単ではありません。そこで 副交感神経をはたらかせるにはどうしたらいいか についてご紹介します。

↑ページTOPへ

副交感神経をはたらかせるには?

交感神経ばかりはたらいてしまうことが自律神経失調症の原因。対策としては、ストレスを減らすこと、副交感神経を活性化することが必要です。

とはいえ、ストレスの原因だからといって仕事をやめることも、ママ友とのつきあいをやめることも、ささいなことを気にする性格を直すことも、簡単にはできません。「えいっ!」と自分の意識で副交感神経を活性化することもできません。

ただ、

マッサージで眠くなった経験ありませんか?

マッサージ

眠たくなるというのは、副交感神経に切りかわった証拠。つまり、筋肉をほぐせば副交感神経に切りかわって、体の修復が進むのです。

筋肉をほぐすと回復が進む

実際に、不調をかかえる人の共通点は、筋肉がかたくなっていること。いつもかたくなっている筋肉はさらに負担を増やしてしまう原因になるのです。

自律神経失調症の原因であるストレスを減らすことは難しくても、体をほぐすことはできます。毎日の生活の中でこまめに体をほぐすように心がけたいものです。

そこで・・・

自分で体をこまめにほぐしましょう

マッサージや整体に通うのも効果的ですが、毎日通えるものではありません。ふだんの生活の中で自分でできることを続けるのが一番 ではないでしょうか。

ふだんの生活で体をほぐすといえば、お風呂。熱すぎない温度の湯船にゆったりとつかれば、じんわりと体がほぐれていきます。シャワーだけで済ますと交感神経になってしまうので逆効果。湯船にゆったりつかるのがいいですね。

また、ストレッチをしたり、仕事や家事のあいまに首・肩・腕をまわしたり、自分で体をもみほぐしたり。散歩などの軽い運動もおすすめです。

ほかにも、自分でしっかりとほぐす方法もあります。簡単で誰にでもすぐにできますので、参考になさってください。

自分で深くほぐす方法とは? >>

以上、自律神経失調症の原因とは? ストレスにはどんあものがあるのか? 副交感神経を働かせる方法とは? についてお伝えしました。少しでもご参考になればうれしいです。

よく読まれている記事はこちらです

【PR】

プアーナプアーナ