HOME > 自律神経失調症の症状 > 眠りが浅い

眠りが浅い原因は自律神経!?その原因と眠りを深くする4つの方法とは?

眠りが浅い女性

自律神経の乱れは眠りにも大きく影響してきます。その典型が「不眠」。なかなか寝つけない、眠りが浅い、ぐっすり眠った気がしない、と感じる人も多いでしょう。

そこで、自律神経の乱れからくる浅い眠りなどの具体的な症状、原因、解消法について紹介します。

【目次】

自律神経からくる浅い眠りの症状とは?

眠りが浅いのは自律神経の乱れからくる代表的な症状のひとつ。

  • 寝つきが悪い
  • 眠りが浅い
  • 夜中によく目を覚ます
  • 夜中に目が覚めるとそこから眠れない
  • 寝不足で昼間に眠くなる

といった不眠に悩む人は多くなっています。

ふだん眠りが浅い人でも、運動をしたり、ショッピングモールへ行ってよく歩いたり、気分がリラックスすればぐっすり眠れる人もいます。

でも、自律神経の乱れが原因で眠りが浅い場合は、そういった工夫ではなかなか眠れません。

↑ページTOPへ

自律神経からくる浅い眠りの原因とは?

自律神経からくる浅い眠りの原因は、ストレスによって交感神経が優位になっていることです。

自律神経

自律神経は、交感神経と副交感神経の2つからなっています。

  • 交感神経・・・活動している時、緊張している時、ストレスを感じている時(おもに昼間の活動中)
  • 副交感神経・・休息している時、疲労や不調を回復している時、リラックスしている時(おもに夜間の睡眠中)

正反対のはたらきをするこの2つの神経がバランスよくはたらくことで、私たちの健康状態を保っています。

しかし・・・

ストレスが交感神経ばかり活性化させる

ストレスが多い生活では交感神経ばかりがはたらいてしまって、休息モードである副交感神経が十分にはたらけなくなります。

眠りが浅い原因はストレスが多い生活

気がかりなことや心配事があったり、明日の営業会議が憂うつでしかたがない時など、なかなか眠れなかった経験、ありませんか?

なかなか寝つけなかったり、眠りが浅いためにすぐに目が覚めたり。これは、ストレスや緊張を感じて交感神経が優位になっていることが原因。

眠りは副交感神経。副交感神経がしっかりはたらいている状態にならないと、浅い眠りになってしまうのです。

そこで 浅い眠りを深い眠りにするために普段の生活でできる4つの方法 についてお伝えします。

スポンサーリンク

↑ページTOPへ

深い眠りをえる4つの方法とは?

では、浅い眠りを深い眠りにするために普段の生活でできる4つの方法です

(1)朝起きたら太陽の光を浴びる

朝太陽の光を浴びる女性

朝目覚めて太陽の光を浴びると、体の中で「セロトニン」というホルモン作りが始まります。

このセロトニンは、ストレスから守ったり精神的に安定させるはたらきがあるホルモンなのですが・・・

セロトニンが作られて14時間から16時間後に「メラトニン」という眠りのホルモンに変化するのです。

そしてこのメラトニンに変化するにつれて、眠気が出てきて深い眠りへと入っていく。なので、眠りにつく時間から逆算して14時間から16時間前には太陽の光を浴びるようにしましょう。

(2)お風呂の温度やタイミングを工夫

お風呂に入る女性

お風呂は副交感神経にしてくれる絶好の時間。浅い眠りの解消だけでなく、疲労回復、免疫アップ、体温アップ、代謝アップ、酵素の活性化、といった健康効果が満載です。

シャワーで済ませず湯船に

シャワーは交感神経を優位にさせて浅い眠りに。湯船にゆったりつかりましょう。

お湯は熱くしすぎない

熱いお風呂は交感神経にする傾向が。熱くしすぎずに、ゆったりと入っていられる温度にしましょう。

お風呂でゆっくり温まった体はお風呂あがりにはゆっくりと下がっていき、それが眠気を誘います。

お風呂から出るのは眠る1時間前に

お風呂から出て1時間ほどたった頃が一番眠たくなるタイミング。ここで布団に入れば浅い眠りになることもなく深く眠れるでしょう。

(3)寝る前のスマホやテレビが浅い眠りに

寝る前や布団の中でもスマホを見ていませんか?

スマホもパソコンもテレビも交感神経を優位に。浅い眠りになってしまいます。

お風呂を出てから眠るまでは、ゆったりと音楽を聴いたり本を読んだりハーブティーを飲んだりして過ごしましょう。

(4)体をほぐす

マッサージされている女性

ストレスを受けた体はガチガチに固くなります。この体のままでは浅い眠りしか得られません。

お風呂も固くなった筋肉をほぐしてくれますが、体をもみほぐしたりストレッチするのも効果的です。

マッサージをされて眠たくなった経験、ありませんか?

かたくなった体をマッサージでほぐされて、眠たくなったり、知らないうちに眠っていたり。それも、マッサージが始まって わずか10分20分足らずで眠たくなったのではないでしょうか?

それほど 「体をほぐすことは眠りに直結している」 と言えるかもしれません。

とはいえ、整体やマッサージに毎日通うわけにもいきませんし、整体院でそのまま眠るわけにもいきません。

やはり、毎日の生活の中で自分でできることを続けるのが一番ですね。

お風呂の中で体をもみほぐしたり、お風呂あがりにストレッチしたりして、浅い眠りではなく深い眠りをえられる体へと変えていきましょう。

ほかにも、自分でしっかりとほぐす方法もあります。簡単で誰にでもすぐにできますので、参考になさってください。

自分で深くほぐす方法とは? >>

以上、自律神経からくる浅い眠りの特徴や改善する4つの方法についてお伝えしました。少しでもご参考になればうれしいです。

よく読まれている記事はこちらです

【PR】

プアーナプアーナ