顔 ほてり 原因

症状

顔のほてり

トップ > 症状 > 顔のほてり

顔のほてりの症状・原因・解消法

顔のほてりを経験したことのある人は、とても多いのではないでしょうか?

緊張した時、強いストレスを感じた時、イライラした時など、顔がほてることは珍しくありません。このような顔のほてりは一時のもの。緊張がとけたりイライラがおさまれば、自然とほてりもおさまってきます。

生理の周期や妊娠によって顔のほてりを感じることもありますが、あまり頻繁に顔がほてるようなら、体の不調が原因かもしれません。

そこで、顔のほてりの原因とは?具体的な症状は?解消するためにはどうしたらいい?などについて、わかりやすくお伝えします。

顔のほてりの原因とは?

顔のほてりの原因はいくつかあります。たとえば・・・

  • バセドウ病
  • 高血圧症
  • インフルエンザ
  • 風邪
  • 更年期障害
  • 自律神経失調症

バセドウ病などが原因で顔のほてりを感じることもありますし、女性は更年期障害で顔がほてる人も少なくないでしょう。

しかし増えているのは、自律神経の乱れが原因で顔のほてりが起こるケース。 自律神経失調症とまでいかなくても、ストレスの多い毎日で自律神経のバランスが乱れて、顔がほてる人が多くなっています。

ストレスの多い生活

そこで、自律神経の乱れはどのように顔のほてりを引き起こしているのでしょうか?

交感神経が筋肉をかたくする

この2つのバランスが良いときはいいのですが・・・

長距離通勤、仕事のプレッシャー、人間関係、子供の心配、介護の不安など、たくさんのストレスに囲まれている私たち。

ストレスがほてりの原因

ストレスをうけると、交感神経が優位になります。

すると、筋肉はかたく緊張するので、血液の流れが悪くなり、体温がまんべんなく行き渡らなくなります。

その結果、ある部分は熱が集中してほてるのに、ある部分は熱が届かずに冷える、といった状態になるのです。

適度なストレスであれば、顔のほてりや手足の冷えを感じることもないでしょう。

しかしストレスの多い毎日が続くと、交感神経ばかりがはたらいてしまい、慢性的に血流が悪くなって、頻繁に顔のほてりを感じるようになるのです。

では、具体的にどのような症状があらわれるのか、についてお伝えします。

顔のほてりの症状

具体的にどんな症状があわられるかというと・・・

  • 体は冷えているのに、顔だけがほてる
  • 手足がキンキンに冷たいのに、顔だけがほてる
  • 顔のほてりはあるものの、目や口のまわりが青ざめて冷えている
  • 暑くないのに顔だけが赤くぽっぽする

なかでも、「顔のほてりと紅潮もあるのに、目や口のまわりは青ざめて冷えている」、「顔のほてりと同時に、体や手足の冷えも感じる(冷えのぼせ)」というのが、自律神経の乱れが原因で起こる顔のほてりの特徴です。

血流が良いからほてるのではない

「血流が良いから顔がほてるのかしら?」

と勘違いする方がいます。実際にはその逆。「血流が悪いから顔がほてる」のです。

血流が良ければ、全身にまんべんなく血液が送られるので、ほてりも冷えも起こりません。筋肉がかたくなって血流が悪くなっているから、ほてりや冷えが起こるのですね。

では、毎日の生活でできる解消法について、お伝えします。

顔のほてり解消法

くりかえしお伝えしていますが、自律神経の乱れからくる顔のほてりの原因は、ストレスで筋肉が固くなって血流がかたよっていること

ストレスを減らすことが一番ですが、なかなかできることではありません。そこで大切なのは、固くなった筋肉をほぐして、流れを良くしてあげること。筋肉がほぐれれば体温(熱)は均等に行きわたるので、顔のほてりや手足の冷えもやわらいでくるでしょう。

1.お風呂でゆったり

お風呂で温まると、ほてりが強くなるような気がしますよね。でもそれは一時的なもの。大切なのは「ほぐすこと」です。

起きている時間のなかで、もっとも体がほぐれる時間のひとつがお風呂。湯船につかれば副交感神経に切りかわって、筋肉がほぐれて血行が良くなります。

湯船につかるのとシャワーで済ますのとでは、体の回復は大違い。シャワーは交感神経を刺激するので、まったくの逆効果です。

湯船にゆったりとつかって、ふくらはぎ、太もも、股関節、腕などをもみほぐして、血行をよくしてあげましょう。

2.散歩やウォーキング

かたまった筋肉をほぐすには、軽い運動もとても効果的。散歩やウォーキングなど、できるところから始めてみましょう。

ふくらはぎはポンプのはたらき。散歩やウォーキングをすればポンプがはたらきがアップして、下半身から上半身へと流れていきます。

「運動しなきゃ!」と身構えなくても大丈夫。バスに乗るかわりに駅まで歩く、エスカレーターのかわりに階段を使う、といった工夫から始めてみてください。

3.自分でマッサージ&ストレッチ

顔のほてりの原因である「固くなった筋肉」をマッサージでほぐすのは、直接的で効果が高い方法。凝り固まった筋肉をマッサージでほぐされていくのは、本当に気持ちのいい幸せな時間ですね。

トローンと眠たくなった経験もおありでしょう。それは副交感神経に切りかわった証拠。顔のほてりに限らず、体の回復がぐんぐん進んでいく状態です。

とはいえ、頻繁にマッサージに通うわけにもいきません。そこで、自分で自分の体をマッサージしてあげましょう。

肩や首、腕から手のひら、太ももやふくらはぎ。事務仕事の人は肩こりだけでなく腕もこっていますし、主婦の人は足がお疲れでしょう。1分2分もむだけでも、ジワーッと気持ちがいいもの。乳酸も分解されて、疲れも軽くなります。

ちなみに、自分で体をほぐすときに、より効果的に体をほぐす方法があります

整体師さん、整骨院さん、アロマセラピストさんなど、全国で200を超えるプロの先生方も日々の施術で使っている方法なので、とてもおすすめです。

その方法をご紹介しますので、自分で体をほぐすときはこの方法も一緒に取り入れて、より効果的に体をほぐしてあげてください。

自分で効果的に体をほぐす方法 >>

スポンサーリンク

▼関連記事