顔 ほてり 原因

自律神経失調症の症状

顔のほてり

トップ > 症状 > 顔のほてり

顔のほてりの症状・原因・解消法

顔のほてりも自律神経失調症の症状のひとつ。暑くないのに顔だけが赤くぽっぽすることがあります。そのほてりの症状、原因、解消法についてわかりやすく紹介します。

顔のほてり、手足の冷えの症状

冷え性をかかえる女性はとても多いでしょうが、特に、氷のように冷たく感じるのが自律神経からくる冷えの特徴。「手足は冷えているのに、顔だけはほてりを感じる」というように、冷えとほてりの両方を感じる「冷えのぼせ」が起きることもあります。

これは、自律神経が乱れて血液の循環が悪くなることが原因で、月経痛の激しい女性、不妊症、更年期の女性に多い症状です。

顔のほてり、手足の冷えの原因

顔のほてりや冷えはホルモンの乱れからくると考えられていますが、自律神経の乱れによっても起きてくる不調です。

ストレスをうけると交感神経が緊張します。筋肉が固くなって血液の循環が悪くなるので、体温が均等にいきわたらずにほてりや冷えといった症状にあらわれてくるのです。

ストレスが不調の原因

ストレスが少なければ顔のほてりや手足の冷えを感じることもないのですが、ストレスが多いと慢性的に血流が悪くなって、不調を感じるようになるのです。

ストレスの多い生活

顔のほてり、手足の冷えの解消法

顔のほてりや冷えを解消するには、筋肉をゆるめることが大切です。筋肉をゆるめれば体温(熱)は均等に行きわたるので、顔がほてったり手足がキンキンに冷える、といった状態もやわらいでいきます。

顔や手足に原因はありません。大切なのは、全身の筋肉をほぐすことです。マッサージ、ストレッチ、軽い運動、お風呂にゆったりつかるなどして、こまめに全身の筋肉をほぐすように気をつけてください。

自律神経を整える方法(食べ物・入浴法・眠り方・運動など)>>

スポンサーリンク

▼関連記事