動悸 原因

症状

動悸

トップ > 症状 > 動悸、息切れ

動悸、息切れの原因・症状・解消法について

動悸や息切れも自律神経からくる症状のひとつでもあります。その症状、原因、解消法についてくわしく紹介します。

動悸、息切れの症状

動悸や息切れを感じることは、日常生活で珍しいことではありません。

運動不足の人が階段をのぼったり、久々にスポーツで体を動かせば、動悸や息切れがしてもおかしくないですし、何も気にすることはありません。

動悸や息切れ自体を心配するよりは、運動不足を自覚してなるべく体を動かすようにする方が大切ですね。

でも、激しい運動をしているわけでもないのに、興奮しているわけでもないのに、動悸や息切れがしたり、血圧が上がったり、胸に圧迫感を感じたり、ということがあります。

この原因は、ストレスで交感神経が緊張して脈拍がはやくなったこと。検査で異常がなければ、自律神経の乱れが原因の「動悸・息切れ」かもしれません。

動悸、息切れ の原因

動悸や息切れのおもな原因のひとつは、ストレスによる交感神経の緊張

ストレスを受けると交感神経が優位になり、筋肉が固くなり、その中を通っている血管はギューッと細くなります。

ホースをギュッと握ったら、水が勢いよく“ピューッ”と出ますよね。血液も同じ。血管も細くなると血液が“ピューッ”と流れます。

つまり、細くなって流れにくくなった血管に血液を流すために、ポンプの役割である心臓は必死に血液を送りこみます。こうして「よいしょっ!よいしょっ!」と必死に心臓が動いていることが動悸・息切れの原因です。

動悸・息切れの原因

では、そんな動悸や息切れの対処法には何があるのでしょうか?

スポンサーリンク

動悸、息切れ の対処法

ストレスだけが動悸・息切れの原因ではありませんが、検査で異常が見つからない場合は、ストレスによる交感神経の緊張が原因である「動悸・息切れ」ではないでしょうか。

この場合は自律神経の乱れ、つまりストレスの多い生活で交感神経ばかりがはたらいて副交感神経が十分にはたらいていないことが大きな原因のひとつ。

ですので、動悸や息切れを解消するには、根本的な原因である「ストレス」を減らすこと、そして、自律神経を整えて副交感神経を優位にすることが大切です。

とはいえ、ストレスを減らすことはそう簡単ではないでしょうから、乱れた自律神経を整えることがポイントとなってきます。

そこで、食べ物、お風呂の入り方(お湯の温度・湯船につかる時間・いつお風呂に入るのがいいか)、効果的な運動、眠りを深くする方法など、普段の生活で自律神経を整える方法を紹介します。

自律神経を整える方法(食べ物・入浴法・眠り方・運動など)>>

スポンサーリンク

▼関連記事