お酒は自律神経を整える?乱れる?効果的な飲み方とは?

ビール

お酒を飲むと副交感神経になって心も体もリラックス。お酒は自律神経の面でもメリットがあるのです。

とはいえ、飲み過ぎはもちろん逆効果。そこでお酒の飲み方や飲む量についてお伝えします。

【目次】

お酒のよい効果と悪い効果

お酒は気分をリラックスさせてくれます。ストレスによる緊張をほぐしてくれるので、心だけでなく体もゆるんでリラックスするでしょう。

友人や仕事仲間や家族との楽しいお酒はコミュニケーションも深めてくれて、人間関係の点でもメリットがありますね。

メリットのあるお酒も、飲む量によってはメリットばかりではありません。

肝臓への負担も大きくなりますし、アルコール依存症になる可能性もあります。自律神経の点でも、お酒はプラスにもなればマイナスになるんです。

副交感神経にする酒の量と、交感神経にする酒の量

ほどほどのお酒で副交感神経を高める

お酒を飲むと気分がリラックス。顔もほんのり赤くなって、血行もよくなります。これは「副交感神経」になった証拠。この段階なら心地よく眠れるでしょう。

しかし、そこからさらにお酒を飲み過ぎてしまうと・・・

気分がどんどん興奮し、ほんのり赤かった顔の色がひいて青白くなり、しまいには「うっ」ともどしてしまうことも。

これは「交感神経」になった証拠。この段階で寝ても眠りは浅く、夜中に目が覚めるとなかなか眠れなかったりします。

お酒の量はどのくらいが効果的?

副交感神経になって気分がリラックスするお酒の量は人それぞれ。目安としては、

  • ビールなら大瓶1本
  • 日本酒なら2合
  • ウィスキーならダブルで2杯程度

ではないでしょうか。

かならず休肝日をもうけましょう。また薬を飲んでいる人は、主治医に相談してからお酒を飲むようにしてください。

※参考サイト:厚生労働省 e-ヘルスネット「アルコールの作用」、「飲酒とJカーブ」、「飲酒のガイドライン

*-*-*-*-*-*-*

まるで鉄板をおろしたみたい

ハーブエキスほか100%天然由来
ほのかな蓮の花の香りにやすらぐ
全身用ジェル『プアーナ』。

プアーナ くわしくは >>

プアーナ

*-*-*-*-*-*-*