息苦しい原因

自律神経失調症の症状

息苦しい

トップ > 症状 > 息苦しい原因

息苦しい原因、症状、解消法について

自律神経失調症では、動悸などとともに息苦しいと感じることがあります。その症状と原因、解消法について詳しく紹介します。

息苦しい症状とは?

呼吸がはやくなって、息苦しい感覚を覚えることがあります。原因はさまざまありますが、病院で検査をしても異常がない場合は自律神経の乱れが原因であらわれている症状である可能性が高いようです。

自律神経の乱れからくる息苦しい症状の場合は、特に夜眠る時に、息苦しい、酸欠感、息を吸い込めないように感じる、といったことが多いようです。

息苦しい原因について

ストレスが多いと交感神経 ばかりがはたらいてしまい、全身の筋肉が緊張するようになります。特に気管支のまわりの筋肉が緊張(収縮・けいれん)すると、それが原因となって息苦しいと感じるようになります。

息苦しい原因は筋肉の緊張

自律神経の乱れからくる息苦しい症状のおおもとの原因は、心と体のストレス。のどのまわりに原因があるわけではありません。

スポンサーリンク

息苦しい症状の解消法

解消法の1つとしては、おおもとの原因である「ストレス」を減らすこと。それが難しいようでしたら「ストレスで緊張した筋肉をほぐすこと」です。のどのまわりの筋肉に限らず、全身の筋肉をほぐすことで交感神経から副交感神経(体の休息・回復モード)に切りかわるので、息苦しい感覚だけでなくさまざまな体の不調の改善を大きくサポートします。

ただしこれは、病院で検査をして異常が見つからなかった場合であって、自律神経の乱れからくる息苦しい症状である場合の解消法の1つとして有効な方法です。一般内科や心療内科での診断を受けた上で、参考になさってください。

また、食べ物、お風呂の入り方(お湯の温度・湯船につかる時間・いつお風呂に入るのがいいか)、効果的な運動、眠りを深くする方法など、普段の生活で自律神経のバランスを整える方法をいくつか紹介します。こちらも参考になさってください。

自律神経を整える方法(食べ物・入浴法・眠り方・運動など)>>

スポンサーリンク

▼関連記事