HOME > 副交感神経を高める方法 > 食事のとり方

自律神経を整える食事のとり方とは?食べ方、タイミングをご紹介!

私たちの体を作っているのは、食べ物や飲み物。バランスのとれた食事や規則正しい食生活は体にプラスとなりますし、不規則な時間にとる食事は体にとってストレスとなります。

いつ食べるのか、どのように食べるのか、によって大きな差が出てしまう、ということですね。

そこでこのページでは、自律神経を整えるのに効果的な「食事の取り方」についてお伝えします。「効果的な食べ物とは何か」についてはこちらのページをご覧ください。

スポンサーリンク

【目次】

朝食はかならず食べよう

朝の食事は、体を目覚めさせて、脳にエネルギーを届けてくれます。

脳のエネルギー源は 「ブドウ糖」。しかも、3時間も4時間も貯蔵することができません。「夜しっかり食べたから朝ご飯を食べなくても大丈夫よ」というわけにはいきません。

ブドウ糖が含まれているのは、炭水化物と糖。

頭をフル回転で使う同時通訳の方は2人から3人が1組となっておこないますが、15分ごとに交代して同時通訳をし、休憩のたびにチョコレートをひと口食べて、脳にブドウ糖を供給しているそうです。

「朝はどうもやる気が出ない」「シャキッとしない」というのも、脳にエネルギーが足りないからかもしれません。

忙しいから、朝早く起きられないから、朝は食欲がないから、という理由で朝食をとらないと、体も心も元気になりませんし、体のリズムも整いません。

目覚めた直後は体温が低いので食欲がわかない、というのは体のメカニズム。

朝すこし早く起きて体を動かす(ストレッチ、体操、散歩など)、晩ご飯は早めに食べる、食事の後は間食をしない、といった工夫で少しづつでも朝食をとるようにしましょう。

▲このページのTOPへ

3食なるべく決まった時間に

食事で副交感神経を高める

自律神経失調症を改善するには、3食決まった時間にとることが大切。バランスのとれた栄養をとることはもちろん大切ですが、決まった時間に食事をとることで、体のリズムも体内時計も整ってきます。

とはいえ、仕事が忙しかったり用事があったりと、毎日3食、かならず同じ時間に食事をとることは難しいでしょう。

3食すべて決まった時間に食べなきゃ!と完璧に考えると、そのこと自体がストレスとなってしまって逆効果。

「朝食は同じ時間に食べよう!」、「ランチは同じ時間に食べよう!」といったように、できる範囲で食事の時間をそろえようという楽な気持ちがいいですね。

夕食や朝食の時間がいつも同じ時間になるということは、睡眠の時間も整ってくるということ。ますます体内時計が整うので、自律神経失調症の改善に大きくプラスにはたらきます。

スポンサーリンク

食事は楽しく

食事を楽しくする、というのはたわいもないことのように感じますが、実はとても大切なこと。

ゆっくり楽しく食事をする → ご飯をよりおいしく感じる → リラックスした気分になる → 副交感神経が活発になる → 消化吸収が促進されて体の回復も進む

逆に・・・

怒ったまま食事をする → ストレスが交感神経を活発にする → 胃腸が動きにくい→ 消化吸収がすすまない → 体の回復も進まない

また・・・

イライラや不安を感じたまま食事をする → 副交感神経が活発になりすぎる → 胃酸が大量に出る → 胃壁を痛めてしまうことがある

楽しく食事をすることは、気分的なものだけでなく、体にとっても重要なことですね。

▲このページのTOPへ

よく噛んで食べよう

よく噛んで食事をすることも大切。ひとくち20~30回噛んで食べましょう。

唾液がたくさん出るので消化が進みますし、唾液と食べ物がよく混ざった状態で胃に届くので、食べ物の刺激がやわらいで胃壁が守られます。また唾液は食べ物の中にある細菌を殺菌してくれます。

よく噛めば満腹中枢も刺激されますので、食べ過ぎによる肥満を防げます。肥満も体にとってはストレスですからね。

3食きまった時間に、楽しく、よく噛んで食べる。自律神経を整える食事のとり方を摂り入れてみてはいかがでしょうか。

*-*-*-*-*-*-*

まるで鉄板をおろしたみたい

ハーブエキスほか100%天然由来
ほのかな蓮の花の香りにやすらぐ
全身用ジェル『プアーナ』。

プアーナ くわしくは >>

プアーナ

*-*-*-*-*-*-*

スポンサーリンク