乳酸菌

副交感神経を高める方法

乳酸菌

トップ > 副交感神経を高める方法 > 乳酸菌

乳酸菌で自律神経失調症を改善しよう

乳酸菌の健康効果がとても注目されるようになりました。ヨーグルトでもさまざまな乳酸菌によって商品が差別化されていますし、「植物性乳酸菌」 という言葉もよく耳にするようになりました。

すこし前までは、「乳酸菌=お腹にいい」 というイメージでしたが、今では 「お腹にいい」 程度にはおさまらないほどの健康効果に注目が集まっています。

そんな乳酸菌。自律神経失調症に対しても効果を発揮してくれます。どんなはたらきがあるのか、乳酸菌の多い食べ物にはどんなものがあるのか、などについて、わかりやすくご紹介します。

乳酸菌にはどんな効果があるの?

乳酸菌はどのように効果を発揮するのでしょうか。

自律神経失調症の人は、過度のストレスによって、交感神経ばかりがはたらいて副交感神経がじゅうぶんにはたらけていない状態にあります。副交感神経は、胃や腸などの消化器系と直結。緊張していると食欲がなくなるのも、心配ごとが解決したとたん 「ホッとしたらお腹がすいちゃった」 というのも、胃腸のはたらきと自律神経が密接につながっているから。

お酒を飲んだり、スイーツを食べたりしてストレスが解消できるのも、

  • 飲んだり食べたりすると、
  • 胃腸が動き出して、
  • 副交感神経に切りかわって、
  • ストレスが解消されて、ほっと一息リラックスできる

という流れなのです。つまり、

「副交感神経になれば胃腸が動くし、胃腸が動けば副交感神経に切りかわる」

ということですね。

乳酸菌が腸内環境を整える

交感神経ばかりがはたらいている自律神経失調症の人は、胃腸の動きがあまり活発ではありません。食欲がなかったり、胃もたれしやすかったり、便秘がちだったり。総じて腸内環境がよくない傾向があるのです。

快便にならずに体のなかでずっと便が滞留していては、食べ物の栄養が吸収されにくいのはもちろんのこと、便に含まれている良からぬものを吸収してしまうことにもつながります。

乳酸菌がここで効果を発揮。腸内環境をよくしてくれて、腸を本来の状態への近づけてくれます。腸がきれいになって活発になれば、副交感神経も活性化。乱れていた自律神経のバランスも整ってきます。こうして乳酸菌が効果的にはたらくのです。

乳酸菌のサプリメントも増えてきました。こちらを取り入れるのもいいですが、基本ややはり毎日の食生活。そこで、乳酸菌の多い食べ物を紹介します。

スポンサーリンク

乳酸菌の多い食べ物

乳酸菌と聞いてまっさきにイメージするのは、ヨーグルトではないでしょうか。こちらは 「動物性乳酸菌」 の代表です。かたや日本人になじみの深いお漬物。お漬物に含まれているのは 「植物性乳酸菌」。このように乳酸菌には、動物性と植物性の2種類があります

そしてこの2つの決定的な違いというのが、

  • 微生物と共存できるかどうか
  • 胃酸に強いかどうか

動物性乳酸菌とは?

動物性乳酸菌は単独で行動をするので、腸内にたくさんいる微生物と共存することができません。しかも、胃酸にもあまり強くない。「じゃあ、動物性乳酸菌をとっても効果ないのね?」 と思われるかもしれませんが・・・

動物性乳酸菌は、植物性乳酸菌のはたらきを強めてくれたり、単独で行動できるために、分解されても腸内を刺激してくれるメリットがあります。(植物性乳酸菌は単独になると効果が発揮できないことが多いようです)。

■動物性乳酸菌の多い食べ物

  • ヨーグルト
  • チーズ
  • 発酵バター
  • 乳酸菌飲料

チーズはプロセスチーズよりも、ナチュラルチーズの方が乳酸菌を多く含んでいます。

植物性乳酸菌とは?

植物性乳酸菌は、腸内の微生物と仲良く共存することができるうえに、胃酸にも強い傾向があります。

日本人の食生活には、植物性乳酸菌が古くから根付いています。ぬか漬けに代表されるお漬物や味噌など、日本の食卓に欠かせない食べ物には植物性乳酸菌がたっぷりと含まれているのです。

■植物性乳酸菌の多い食べ物

  • 漬け物(ぬか漬け)
  • 味噌
  • しょうゆ
  • 納豆
  • 塩麹
  • キムチ
  • ザーサイ
  • サワークラウト(キャベツの塩漬け)

味噌などに含まれる乳酸菌は、胃酸に強い性質を持っていますので、生きたまま腸まで届くと言われています。

両方の乳酸菌を摂ることが効果的

日本人のような黄色人種のなかには、動物性乳酸菌が苦手な人が2割から3割ほどいると言われています。ヨーグルトを食べるとお腹を下してしまう、というようなケースですね。そんな方は植物性乳酸菌を積極的にとるようにしましょう。

昔から乳製品になじみのある欧米人は動物性乳酸菌のほうが効果が高く、味噌やお漬物になじみの深い日本人は植物性乳酸菌のほうが効果が高い、という傾向があります。

とはいえ、それぞれの乳酸菌がたがいを助け合いながら効果を発揮していますので、お腹を下すといったことがないようなら、両方の乳酸菌をとる方がより効果的ですね。

オリゴ糖と一緒にとれば相乗効果アップ

ちなみに、オリゴ糖は乳酸菌のエサとなって、はたらきを活発化。乳酸菌と一緒にオリゴ糖の多い食べ物を摂ると効果倍増です。

■オリゴ糖の多い食べ物

  • 玉ねぎ
  • ゴボウ
  • 白ネギ
  • トウモロコシ
  • アスパラガス
  • じゃがいも
  • バナナ
  • 大豆
  • 納豆
  • 味噌
  • しょうゆ
  • 豆腐
  • 納豆
  • ハチミツ
  • りんご

味噌、しょうゆ、納豆などは、植物性乳酸菌もオリゴ糖も含まれているおすすめ食品です。ぜひこれらの食べ物を積極的にとって、腸内環境も自律神経も整えましょう。

自律神経を整える方法(食べ物・入浴法・眠り方・運動など)>>

スポンサーリンク

自律神経を整える生活

▼関連記事