サウナ

副交感神経を高める方法

サウナ

トップ > 副交感神経を高める方法 > サウナ

サウナは自律神経失調症に効果的?

サウナは自律神経失調症を改善するのに効果的、ということはご存じですか?なぜサウナが効果的なの?どんな入り方をすると効果的なの?などについて、ご紹介します。

サウナはなぜ効果的?

自律神経失調症を改善するには、交感神経と副交感神経という2つバランスを良い状態にすることが大切。そしてサウナには、この2つのバランスを整える効果があるのです。

その秘密は、サウナが持つ『温かさ』。

サウナは、入った瞬間に ムワッ とするほどの熱気。この温かさ、熱さが、じわじわと体の内側に浸透して、体内に刺激を与えます。熱が体の中に入ってくると、自律神経は反射的に、

「まずい、体温が上昇してきた。体温を調節しなくちゃ!」

と感じて行動を起こします。つまり、体温調節機能をはたらかせて、大量の汗を流して、体温を下げようとするのです。

自律神経失調症だと、暑い部屋にいるとのぼせたようにボーッとしてしまったり、寒い部屋にいると手足の感覚がなくなるくらい冷えてしまうことがあります。これらはすべて、交感神経と副交感神経のバランスが良くないために、体温調節機能が正しくはたらけていないから。

でも・・・

体温調節しないわけにはいかない

でも、サウナのように非常に強い温かさ(熱さ)がある場所にいると、否が応にも交感神経と副交感神経がたがいに連携を取りあって、体温調節をおこなわなければならなくなる。体温調節をおこなわないと、体温が上がりすぎて倒れてしまう危険があるからですね。

こうして、今までちゃんとはたらけていなかった体温調節機能、すなわち、自律神経が、しっかりとはたらき始めるようになるのです。

とはいえ、いきなり自律神経がフル稼働し始めるため、一時は気分が悪くなったりするかもしれません。しかし、何度かサウナに入っているうちに、交感神経と副交感神経の連携がうまく取れるようになって、徐々にバランスが整っていく可能性が十分にあるのです。

しかも、サウナに入ると大量の汗が出ますよね。自律神経失調症の人の中には、なかなか汗をかけない人がいます。運動した時や、真夏の暑い日。顔は真っ赤になって体も暑くなるのに汗が出ない。体温調節機能がはたらいていない証拠です。体に熱がこもるので、熱中症などの危険も高まります。

サウナで大量の汗をかくようになれば、普段の生活でも必要に応じて汗をかける体に戻っていくきっかけになります。無理のない範囲でサウナを活用してみるのもおすすめです。

では、自律神経失調症の改善に効果的なサウナの入り方を紹介します。

スポンサーリンク

自律神経失調症の改善に効果的なサウナの入り方

自律神経を整えるのに効果的なサウナの入り方です。方法はいくつかありますが、一例をご紹介。「高温短時間浴」 という方法です。

  • 80度から90度の熱いサウナに5分間入る
  • その後、冷水シャワーを3分間浴びる

これを4、5回程度くりかえすという方法。

サウナに入る時間などはひとつの目安。10分間入っている人もいれば、15分間入る人もいます。冷水シャワーではなく水風呂に10秒つかる、という人もいます。

つまりは、熱い状況と冷たい状況を交互にすることによって、血管が広がったり縮まったりの激しい変化をします。交感神経と副交感神経が交互に刺激される、ということですね。こうしてバランスのとれた正常な状態に近づけてくれるはたらきがあるのです。

サウナに入る前に注意が必要

ただし、サウナは非常に高温ですから心臓や血管に多大な負担がかかります。熱いサウナを出て水を浴びる(水風呂に入る)というくりかえしは、さらに大きな刺激になります。

心臓病、高血圧、動脈硬化などの疾病を患っている人は、事前にかならず担当医に『サウナへ行ってもいいですか?』と確認しましょう。そして医師からサウナに入るうえでの注意事項を確認して、その注意を守ったうえで、サウナを利用するようにしましょう。

医師の注意によって 「高温短時間浴」 ができなくても、サウナでしっかり汗をかくこと自体、プラスにはたらきます。あなたの体の状態に合わせて、負担をかけすぎない方法で、安心してサウナを活用しましょう。

自律神経を整える方法(食べ物・入浴法・眠り方・運動など)>>

スポンサーリンク

自律神経を整える生活

▼関連記事