自律神経失調症の理学療法とは? 内容、効果やメリットについて

マッサージなどの理学療法

理学療法は薬を使わずに症状をやわらげて心と体をリラックスさせる療法。指圧、マッサージ、鍼、灸、温熱療法などがあります。

では、理学療法についてお伝えします。

スポンサーリンク

【目次】

理学療法とは?

理学療法は体をほぐして症状をやわらげて心身をリラックスさせる治療。指圧や鍼・灸などは東洋医学にもとづいた理学療法の代表的なものです。

理学療法自律神経失調症の治療自律神経失調症の治療

体を構成しているのは氣(生命エネルギー)である

そしてそれは経穴(けいけつ=ツボ)でつながった経絡(けいらく)を流れている

わかりにくいですね。。。鉄道にたとえるとこんな感じです。

  • 経穴(けいけつ=ツボ) = 駅
  • 経絡(けいらく) = 線路
  • 氣(生命エネルギー) = 電車

電車(氣)が線路(経絡:けいらく)をスムーズに走っている状態が一番いいですよね。

でも駅に電車がつまっていたり線路がとぎれていたら、ダイヤは乱れて乗客があふれ、目的地に着くまでに何時間もかかるでしょう。

同じように、氣(生命エネルギー)が滞っていたら体のリズムが乱れて疲れや不調の回復は進まない、というのが東洋医学による理学療法の考え方です。

刺激で生命エネルギーを活性化する理学療法

指圧やマッサージでは、経穴(ツボ)を刺激して血行をよくして筋肉の緊張(コリ)をほぐして痛みをやわらげます。筋肉をほぐして流れをよくすることが大切という考えです。

薬物療法や心理療法とちがってその場で緊張がほぐれるので、すぐに痛みをやわらげることができるのが理学療法です。

また指圧の刺激によって「β-エンドルフィン」というホルモン物質が脳に分泌されます。

β-エンドルフィンはモルヒネのような作用をもっていて、幸福感や快楽感を感じさせるホルモンなので、指圧やマッサージで「あ~幸せ~」「気持ちいぃ~」と感じるのですね。

体の緊張だけでなく心も癒されるのはβ-エンドルフィンの効果。体をほぐすことは心にもよい影響をあたえてくれるのです。

スキンシップが心の緊張もほぐす

指圧やマッサージはプロの整体師でなければ効果がない、ということではありません。もちろんプロの整体師は効果的に体をほぐしてくれますが、家族にしてもらうのも効果的な理学療法となりえます。

ツボを正しく刺激しているかということよりも、夫(妻)や子供にマッサージしてもらうことで心がとても癒されるのではないでしょうか。

けっして上手でなくても、家族が自分のために一生懸命マッサージしてくれるというのはなにより嬉しいもの。幸せをしっかりと味わえる瞬間ですね。

自律神経失調症は心のストレスが原因となって、体に症状があらわれるもの。

家族のマッサージで心が癒されるのは最高の理学療法だと思います。

※この記事は医師による監修ではありません。当情報をもとにしたご判断や行動はご自身の責任においてお願いいたします。

*-*-*-*-*

どんより重たい、いつもガチガチ、いまひとつスッキリしない、という方に試してほしいのは天然由来100%の全身用ジェル「プアーナ」

長年のだるさ・ガチガチが1ヶ月で!
鉄板をおろしたみたいに体が軽い!
朝までぐっすりなんて久々でした!

ただ塗るだけで不思議なほどすばやくゆるんで、ハスの花の香りに心も安らぎます。全国送料無料です。

軽やかな毎日へ♪プアーナはこちら >>

天然由来の全身用ジェル「プアーナ」

*-*-*-*-*

スポンサーリンク

トップへ