風呂

副交感神経を高める方法

お風呂

トップ > 副交感神経を高める方法 > お風呂

副交感神経を優位にするお風呂の入り方

入浴にはどんな効果がある?

入浴、つまり、湯船につかることは、たくさんの効果があります。

  • 血行がよくなる = 栄養や酸素が全身にとどいて、体の回復が促進される
  • 新陳代謝が促進される = 疲労物質が排出されて、肩こり、首こり、むくみなどがやわらぐ
  • 体が温まるので、体内の酵素が活性化する
  • 副交感神経になるので、寝つきも眠りもよくなる
  • お湯の浮力で、関節や筋肉の緊張がほぐれて疲れがとれやすくなる

これらは、シャワーでは得られない効果です。ではいつ入るのが効果的なのでしょうか?

▲このページのTOPへ

入浴の時間はいつが効果的?

寝る前の入浴で、疲れを回復、眠りも深く

入浴は、寝る前が効果的。お風呂からあがって、30分~1時間後に眠りにつく。このタイミングなら、寝つきもよく、眠りも深くなります。

休日などは、寝る前に限らずに、時間に余裕があって気分的にゆったりできる時間に入浴するのもおすすめ。入浴で副交感神経をはたらかせる時間が多ければ、体は元気になっていきます。

朝のシャワーは活動モードに

逆に、「目覚めが悪い朝」「やる気が出ない朝」であれば、熱めのお風呂にさっと入浴したり、熱いシャワーを浴びるのが効果的。交感神経がはたらいて、シャキッと活動モードに切り替わります。

▲このページのTOPへ

スポンサーリンク

お風呂の温度は何度が効果的?

寝る前の入浴なら、38~40度の少しぬるめのお風呂が効果的。無理せず気持ちいい程度で、ゆったりと入浴しましょう。

ぬるめのお湯は、副交感神経のはたらきを高めて体の回復を促進します。血圧もさげて、気持ちをリラックスさせてくれます。

自然な入浴剤を入れたり、好きな香りのアロマオイルを使ったり。みかんなど果物の皮を乾燥させて、お風呂に入れるのもいいですね。

▲このページのTOPへ

おすすめの入浴のしかた

無理な長風呂は逆効果

ゆったり入浴するのがいいとはいえ、無理して長湯するのは逆効果。気持ちいい程度の入浴なら副交感神経にしてくれますが、のぼせるくらいの長湯では、交感神経に切りかわってしまいます。

湯船には2~3回つかろう

1回の入浴で、湯船に2~3回つかりましょう。湯船に長時間つかるとかえって疲れをためることも。頭を洗っては湯船に、顔を洗っては湯船に、といった感じで、1回の入浴で、2~3回にわけて湯船につかりましょう。

食後の入浴は1時間以上たってから

食後は、1時間以上たってからの入浴がおすすめ。

食べた後すぐのお風呂にはいって、つらい思いをした経験ありませんか?食後すぐの入浴は体に負担になります。1時間以上たってから入浴しましょう。

お酒に酔っている時は入浴しない

お酒に酔っている時の入浴は危険です。体に負担がかかるのはもちろん、命の危険があります。酔いがちゃんと冷めてから入浴するようにしましょう。

気持ちいい、と感じることが一番

「お湯の温度は何度?」、「何分間入浴するのが一番いいの?」など厳密にこだわるのはストレスの元。

お風呂の温度にしろ、湯船につかる時間にしろ、自分が「気持ちいいなぁ」と感じる程度が一番効果的なのではないでしょうか。

【ご参考】 しっかりほぐれてラクラク♪ 簡単な方法とは? >>

スポンサーリンク

自律神経を整える生活

▼関連記事