副交感神経を高める方法

副交感神経を高める方法

副交感神経を高める方法

トップ > 副交感神経を高める方法

副交感神経を高める方法について

ストレスの多い現代人。交感神経ばかりはたらいてしまうために、疲労や不調をかかえています。

自律神経失調症を改善して本来の健康な体を取りもどすためには「副交感神経を高めること」がとても大切となってきます。

そこで、睡眠、お風呂、運動、食べ物、冷房・暖房、ストレスケア、アロマオイルなど、普段の生活で副交感神経を高める方法について紹介します。

1.睡眠

睡眠中は一日の中でもっとも副交感神経が優位になる時間。副交感神経が30%しか働けない人と90%もしっかり働ける人とでは、体の回復も新陳代謝も栄養の吸収も老廃物の排出もまったく違います。

早寝早起きがもっとも大切

私たちの体は、太陽の出ている昼間に活動して夜は休むように作られています。

十分な睡眠時間も大切ですが、本来のリズムにあわせて寝起きすること、つまり「早寝早起き」の生活がとても重要なのです。そこで・・・

すこしづつ早寝早起きに変えていく工夫をしよう

いつもより早めにお風呂にはいって、寝る時間を早めるようにしましょう。寝る前に少しぬるめのお風呂にゆったりとつかれば副交感神経が優位に。お風呂あがりには温まった体温がスーッと下がって、眠りに入りやすくなります。

ほどほどのお酒も副交感神経を優位にしてくれるので、寝つきも眠りもよくなります。

でも、飲みすぎは逆効果。交感神経が優位になってしまうのです。たとえ寝つきがよくても、眠りが浅くなってしまったり、夜中に目が覚めてから眠れないこともあります。

眠りにつく時間や朝起きる時間を、5分、10分と徐々に早めるのも効果的。急に早寝に変えるのは無理でも、5分、10分なら体も慣れていきます。

▲副交感神経を高める方法の一覧へ

2.お風呂

お風呂で湯船にゆったりつかることは、メリットがたくさんあります。

  • 血行がよくなるので、栄養がいきわたって体の回復が進む
  • 新陳代謝が進んで老廃物が排出されるので、肩こり、むくみがやわらぐ
  • 体が温まって、体内酵素が活性化する
  • 副交感神経に切りかわって、寝つきや眠りがよくなる
  • お湯の浮力で関節も筋肉もほぐれて、疲れがとれる

寝る前のお風呂で、疲れを回復、眠りも深く

お風呂は寝る前が効果的。お風呂からあがって30分~1時間たったころに眠りにつく。このタイミングなら寝つきもよくなりますし眠りも深くなります。

お湯の温度は少しぬるめ。38~40度が目安。

副交感神経を高めるお風呂

寝る前のお風呂なら“38~40度の少しぬるめのお湯にゆったりと”が効果的。無理せず気持ちいい程度でゆったりと入浴しましょう。ぬるめのお湯は副交感神経を優位にしてくれて体の回復を促進します。血圧もさげて気持ちもリラックスさせてくれます。

温度はあくまでも目安。あなたが「気持ちいいなぁ~」とリラックスしてのんびりとお風呂につかれる温度が一番効果的です。

無理な長風呂は逆効果

ゆったりのお風呂がいいとはいえ、無理して長湯するのは逆効果。少しでも長い時間お湯につかろうとしてのぼせるまで入っていると、交感神経に切りかわってしまうのです。

湯船には無理に長時間つかるのはやめて、頭を洗っては湯船に、顔を洗っては湯船に、といった感じで、1回の入浴で2~3回湯船につかれば副交感神経がしっかりと優位になります。

▲副交感神経を高める方法の一覧へ

3.運動

運動をすると内臓のはたらきが活発になります。これは、通勤、仕事、家事などの普段の生活では使われない筋肉が動くから。

内臓のはたらきが活発ということは、副交感神経が優位であるということ。また運動で汗をかけば「体温調整」という自律神経のはたらきも高まります。

副交感神経を高める効果的な運動とは?

副交感神経を高める運動としては、ウォーキング、ジョギング、サイクリング、水泳、などがおすすめ。勝ち負けを競う運動ではなく、自分のペースで楽しめる運動が効果的です。

副交感神経を高める有酸素運動

急にはげしい運動をすることはありません。軽く汗をかく運動で、体も心も気持ちよい程度が一番。慣れていったら、徐々に運動量を増やしていきましょう。

また普段の生活で、こんな工夫もおすすめ。

  • 姿勢を伸ばしていつもより早く歩く
  • なるべく階段を使うようにする
  • 歯を磨きながらかかとの上げ下げをする

もちろんストレッチも効果的。やり方にはこだわらずに、仕事や家事の合い間などに体を気持ちよく伸ばしましょう。

▲副交感神経を高める方法の一覧へ

4.食事のとり方

食事も副交感神経が優位になる貴重な時間。食べ方次第でその効果も大きく変わってきます。

3食なるべく決まった時間に

決まった時間に食事をして、体のリズムも体内時計も整えましょう。とはいえ忙しい毎日では毎日3食おなじ時間に食事をとるのは難しいもの。できる範囲で食事の時間をそろえよう、という気楽な気持ちがいいですね。

特に朝食は、脳にエネルギーを届ける唯一の方法。朝早く起きられないから、時間がないから、食欲がないから、といって朝食をとらないと体も心も脳も元気になりません。

目覚めた直後は体温が低く、食欲がわかないのは当然のこと。すこし早く起きて体を動かしたり冷たい水を飲んだりして、体を目覚めさせてしっかりと朝食をとるようにしましょう。

朝食や夕食の時間がいつも同じならば、おのずと眠りにつく時間も整います。ますます体のリズムが整ってきて、体も喜ぶことでしょう。また楽しく食事をすることも、よく噛んで食べることも、副交感神経を高める大きなポイントです。

▲副交感神経を高める方法の一覧へ

5.偏食をやめよう

キライではないけど食べていないもの、ありませんか?

  • 煮魚は好きだけど、最近食べてないなぁ
  • 煮物は好きだけど、最近食べてないなぁ
  • 大豆は好きだけど、最近食べてないなぁ

普段食べているものは意外とかたよってしまうものです。まんべんなく食べることが大切。次の4種類を組み合わせて食べましょう。

  • 主食・・・ご飯、パンなど
  • 主菜・・・肉、魚など
  • 副菜・・・野菜、海藻、きのこ類など
  • 汁物・・・味噌汁、スープなど

1日きっちり30品目というのは大変。そこでミキサーで野菜や果物たっぷりジュースや、野菜やきのこや大豆のスープや、きのこや野菜たっぷりの雑炊や鍋料理がいいですね。

外食でも定食にしたり、白米ではなく雑穀米・玄米・胚芽米に変えたりと、ちょっとした工夫でいろんな食材をまんべんなく食べるようにしましょう。

▲副交感神経を高める方法の一覧へ

スポンサーリンク

6.冷房や暖房にたよらない生活

冷房や暖房にたよる生活では、自律神経のはたらきはどんどん衰えます。特にエアコンに頼ってしまう生活はおすすめできません。体が持っている「体温調節機能」を使って、暑いときは汗をかいて熱を逃がし、寒いときは熱を作ることができる体作りが大切です。

なるべく冷房も暖房も使わない生活が一番だと考えますが、電車、オフィス、お店など、ほとんどがエアコン完備の環境。

そこでせめて自宅にいるときくらいは、

  • 夏は、扇風機、うちわ、行水(水おけに足を入れる)など
  • 冬は、こたつ、火鉢、湯たんぽなど

といった方法で涼や暖をとるようにしましょう。

▲副交感神経を高める方法の一覧へ

7.お酒で副交感神経を高める

適量のお酒は副交感神経を高める効果があります。気分がリラックスして顔もほんのり赤く、血行もよくなってぽかぽか。この状態で眠れば寝つきもよく眠りも深いでしょう。

でも飲みすぎてしまうと交感神経に切りかわってしまうので、逆効果。副交感神経にしてくれる“お酒の量”は人にもよりますが、ビールで大瓶1本、日本酒で2合、ウィスキーはダブルで2杯程度が目安。

そして毎日お酒を飲むのではなく、かならず休肝日をもうけましょう。また、薬を飲んでいる人は主治医に相談してからお酒を飲みましょう。

▲副交感神経を高める方法の一覧へ

8.たばこを減らそう、やめよう

たばこに含まれるニコチンは、自律神経を興奮させるはたらきがあります。「たばこを吸うと、リラックスできて落ち着く」、「たばこを一服すると、集中して仕事ができる」と感じるのは自律神経が興奮してくるからなのです。

その一方で「何時間もたばこが吸えないとイライラしてくる」というのは、ニコチンへの依存性のあらわれ。

ニコチンは、身体的な依存だけでなく精神的にも依存する可能性があります。禁煙がうまくいかないのも精神的な依存が原因。それは「ストレスへの抵抗力が弱まっている」サインでもあり、「自律神経が乱れやすい」というサインでもあります。

依存症におちいる可能性や、呼吸器系・循環器系に悪影響をおよぼすたばこ。禁煙補助剤のニコチンガムなども活用したり、医師と相談しながら、たばこの本数を徐々に減らしていき、禁煙されるといいと思います。

▲副交感神経を高める方法の一覧へ

9.ストレスを受けない、ためないコツ

ストレスは自律神経を乱れさせる原因そのものです。体と心のストレスを受けないよう、ためこまないよう、気をつけましょう。

精神的なストレスを受けないためには、前向きに考える、ささいことは気にしない、適当に聞き流す、ことが大切です。「前向きに考えられないからストレスがたまるのよ」と思ってしまうと、何も変わりませんし何も良くなりません。

良いことも悪いこともすべて、プラスにできるかどうかはあなた次第。

3年後5年後に、「あの時イヤなことを言われて頑張ったおかげで今の自分がいる」のか、「あの時イヤなことを言われてストレスで体を壊して今も体調が悪い」のかは、今のあなたが決めることです。

自分に都合のいいように前向きに考える、ささいなことは気にしない、いい意味で“テキトーに聞き流す”といったことで、ストレスを受けたりためたりしないよう心がけてください。

▲副交感神経を高める方法の一覧へ

10.香り(アロマオイル)

香りは感情をつかさどる脳に直結。香りは自律神経にはたらきかけて自然治癒力を高めてくれるので、ヨーロッパでは“芳香療法”として古くから用いられています。

アロマオイルで治るとまでは言いませんが、リラックスしてストレスも軽くなるという面で副交感神経を高める効果は大いに期待できます。

症状ごとにおすすめのアロマオイル

症状によって、おすすめのアロマオイルがあります。

  • 肩こり、頭痛 = ラベンダー、ペパーミント
  • 動悸 = ローズマリー、ラベンダー、ティートゥリー、サンダルウッド
  • 不眠 = ベルガモット、イランイラン、ローズマリー
  • 不安、うつ状態 = オレンジ、グレープフルーツなどの柑橘系
  • 落ち着かない、興奮 = フランキンセンス、ローズウッド、ラベンダー
  • やる気がない = レモンバーム

これらのアロマの種類とその効果は、あくまでも目安。「香りが苦手だけど体のために我慢しなきゃ!」なんて必要はありません。

好きな香りのアロマオイルを選んで、アロマポットでたいたり、ティシューに垂らして枕元に置いたり、引き出しやカバンに入れたり。

アロマオイルを気軽に生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

▲副交感神経を高める方法の一覧へ

スポンサーリンク

11.体(筋肉)をほぐす

体(筋肉)をほぐすと、しっかり副交感神経を高めることができます。

マッサージをしてもらうと、気持ちよくなって眠たくなりますよね?これこそ、筋肉をほぐすことで、しっかりと副交感神経が優位になった証拠。

普段の生活の中でできる方法をいろいろ紹介しましたが、筋肉をほぐすことが一番しっかりと副交感神経を高める方法だと感じています。整体やマッサージに毎日通うことは無理でしょうから、自分で全身をもみほぐしたり、ストレッチで筋肉を伸ばしてほぐしましょう。

ほかにも、自分でしっかりとほぐす方法もあります。かんたんに、時間もかけずにできますので、ご参考になればうれしいです。

【ご参考】 しっかりほぐれてラクラク♪ 簡単な方法とは? >>

スポンサーリンク

自律神経を整える生活

▼関連記事