HOME > 似た症状 > 神経性嘔吐症

原因はストレス!?神経性嘔吐症の症状・原因・対処法とは?

吐き気をもよおす女性

吐き気をもよおすことが多い。嘔吐することもある。そんな悩みをかかえていませんか?

神経性嘔吐症とは、体には異常がないのにストレスなどによって吐き気や嘔吐をもよおすもの。自律神経と深い関係にあります。

そんな神経性嘔吐症とはどのようなものか?特徴的な症状、原因、ふだんの生活でできる対処法についてお伝えします。

スポンサーリンク

【目次】

神経性嘔吐症とは?

神経性嘔吐症とは、特に病気でもないのに頻繁に吐き気をもよおしたり嘔吐(おうと)をくりかえす症状のことを言います。

おもな原因は精神的なストレス。もともとは子供の多い症状でしたが、大人でも起こるケースが増えてきました。

子供に多い理由は脳の発達状態。脳の「嘔吐中枢」という部分が十分に発達していないことが原因で、すこしの刺激でも吐き気を感じたり吐いてしまうことが多いのです。

特に神経質で繊細な性格であったり、転校・引越で環境が変わったり、運動会・学芸会・定期テストなどのイベントによるストレスが原因で起こりやすくなります。

神経性嘔吐症の症状

おもな症状はひんぱんに嘔吐をくりかえすもの。

毎日、毎朝、というケースも少なくありません。嘔吐まではいかなくても、よく吐き気がしたり胃が気持ち悪いと感じるケースも多くあります。

大人の場合は、上司との人間関係に強いストレスを感じて嘔吐したり、会議やプレゼン前の強い緊張感で吐き気をもよおす、といった症状となります。

また嘔吐や吐き気はあるけれども、腹痛は感じない、便通にも異常がない、というのもこの症状の特徴の1つです。

自律神経が原因の吐き気や嘔吐についてはこちらでもくわしく紹介しています。
吐き気や嘔吐も自律神経が原因!?その場合の症状と2つの対処法

次は、神経性嘔吐症の原因について、お伝えします。

神経性嘔吐症の原因

原因は精神的ストレス

おもな原因は精神的ストレス。

子供の場合は、脳の中の「嘔吐中枢」とよばれる部分が未発達なことが原因で、すこしの刺激でも症状があらわれることがあります。必ずしもストレスだけが原因ではない、ということですね。

ただ大人の場合はおもな原因は強い精神的ストレスと考えられています。

たとえば……

  • 上司との人間関係がうまくいっていない
  • 仕事において強いストレスを感じている
  • 育児で朝から晩まで疲れきっている
  • 転勤や引越で生活環境が急に変わった
  • 学芸会・運動会などPTA関連で学校のイベントがゆううつ
  • ストレスを発散できていない(ためこんでいる)

このような場合に、症状があらわれやすくなります。

※参考サイト:厚生労働省 みんなのメンタルヘルス「ストレスって何?」、「ストレスをためない暮らし方」、e-ヘルスネット「自律神経失調症

スポンサーリンク

ふだんの生活でできる対処法とは?

ストレスをためない、発散する

体に原因があるわけではなく精神的なストレスが原因で起こるのが「神経性嘔吐症」。ストレスを感じない、ためない、発散する、といったことが大切です。

とはいえ、ストレスを感じない、ためない、というのは簡単ではありませんし、症状が毎日、数ヶ月も続くというのはつらいことでしょう。

心療内科での診察

まずは心療内科で診察を受けるのも解決法の1つ。

西洋薬や漢方薬で症状をやわらげるのもいいと思います。心療内科で医師と話すことで、今までは自覚していなかったストレスに気づけるかもしれません。

今のストレス状態は? 何にストレスを感じているの?

医師と一緒に見つめなおすことも、嘔吐症の改善には大切なことだと思います。

ストレスで緊張した体をほぐす

また精神的なストレスは交感神経を優位にして体をかたく緊張させてしまう。これでは体に大きな負担となってしまいます。

マッサージしてもらって眠たくなった経験、ありませんか?

マッサージされると眠たくなる(=副交感神経になる)ように、体をほぐすことは副交感神経を優位にする最適な方法と感じています。

とはいえ、マッサージや整体に毎日通うわけにはいきません。そこで……

自分でこまめに体をほぐそう

ふだんの生活の中で自分でこまめに体をほぐすのが一番です。

41度くらいの湯船にゆったりとつかる。お風呂あがりや寝る前にストレッチをする。

家事や仕事の合い間に首・肩・腕をまわす。自分で体をもみほぐす。散歩などの軽い運動もいいですね。

ほかにも自分でしっかりとほぐす方法があります。自宅で簡単。時間もかけずにできるので試してみてください。

深くほぐして体を軽やかにするには >>

*-*-*-*-*

執筆者
この記事の執筆者:
株式会社ナチュラルハーモニー代表 斉藤豊

1995年から栄養補助食品の販売業務をきっかけに栄養学を学ぶ。以来、健康食品・健康器具など10年の業務経験とともに整体師から自律神経など体のしくみを学び、2006年に健康通販(株)ナチュラルハーモニーを設立。
リラックスジェル「プアーナ」、内科医・医学博士の堀田忠弘先生考案・監修「野菜力で輝け」、医学博士の吉村尚子先生開発の和漢の健康茶「浄活茶」など天然由来100%の健康商品を販売して今年で17年目を迎える。※執筆者プロフィールはこちら

*-*-*-*-*

スポンサーリンク

トップへ