神経性嘔吐症

自律神経失調症と似ている病気

神経性嘔吐症

トップ > 自律神経失調症と似ている病気 > 神経性嘔吐症

神経性嘔吐症とは? 症状・原因・対処法ついて

神経性嘔吐症はストレスや自律神経と深い関係にあると考えられています。そんな神経性嘔吐症とはどのようなものか?くわしい原因、症状、対処法についてお伝えします。

スポンサーリンク

【目次】

神経性嘔吐症とは?

神経性嘔吐症とは、特に病気でもないのに頻繁に吐き気をもよおしたり、嘔吐(おうと)をくりかえす症状のことを言います。

おもな原因は精神的なストレス。もともとは子供の多い症状でしたが、大人でも起こるケースが増えてきました。

子供に多い理由は脳の発達状態。脳の「嘔吐中枢」という部分が十分に発達していないことが原因で、すこしの刺激でも吐き気を感じたり、吐いてしまうことが多いのです。

特に、神経質で繊細な性格であったり、転校・引越で環境が変わったり、運動会・学芸会・定期テストなどのイベントによるストレスが原因で、起こりやすくなります。

▲このページのTOPへ

神経性嘔吐症の症状

おもな症状は、ひんぱんに嘔吐をくりかえすもの。

毎日、毎朝、というケースも少なくありません。嘔吐まではいかなくても、よく吐き気がしたり、胃が気持ち悪いと感じるケースも多くあります。

大人の場合は、上司との人間関係に強いストレスを感じてよく嘔吐したり、会議やプレゼン前の強い緊張感で吐き気をもよおす、といった症状となります。

また、嘔吐や吐き気はあるけれども、腹痛は感じない、便通にも異常がない、というのもこの症状の特徴の1つです。

次は、神経性嘔吐症の原因について、お伝えします。

▲このページのTOPへ

スポンサーリンク

神経性嘔吐症の原因

原因は精神的ストレス

おもな原因は精神的ストレス。

子供の場合は、脳の中の「嘔吐中枢」とよばれる部分が未発達なことが原因で、すこしの刺激でも症状があらわれることがあります。必ずしもストレスだけが原因ではない、ということですね。

ただ大人の場合は、おもな原因は強い精神的ストレスと考えられています。

たとえば・・・

  • 上司との人間関係がうまくいっていない
  • 仕事において強いストレスを感じている
  • 育児で朝から晩まで疲れきっている
  • 転勤や引越で生活環境が急に変わった
  • 学芸会・運動会などPTA関連で学校のイベントがゆううつ
  • ストレスを発散できていない(ためこんでいる)

このような場合に、症状があらわれやすくなります。

▲このページのTOPへ

神経性嘔吐症への対処法

ストレスをためない、発散する

体に原因があるわけではなく、精神的なストレスが原因で起こるのが「神経性嘔吐症」。ストレスを感じない、ためない、発散する、といったことが大切です。

とはいえ、ストレスを感じない、ためない、というのは簡単ではありませんし、症状が毎日、数ヶ月も続くというのはつらいことでしょう。

心療内科での診察

まずは心療内科で診察を受けてはいかがでしょうか。

西洋薬や漢方薬で症状をやわらげるのもいいと思います。心療内科で医師と話すことで、今までは自覚していなかったストレスに気づけるかもしれません。

今のストレス状態は? 何にストレスを感じているの?

医師と一緒に見つめなおすことも、嘔吐症の改善には大切なことだと思います。

ストレスで緊張した体をほぐす

また精神的なストレスは自律神経のバランスも乱してしまうので、体の筋肉がいつも緊張した状態に。ガチガチの体は大きな負担になっています。

そこで、かたく緊張した体をこまめにほぐすこともとても大切なポイント。ストレッチ、マッサージ、軽い運動、お風呂などで、体をほぐすように心がけましょう。

スポンサーリンク

▼関連記事