HOME > 自律神経のコラム > 気圧の変化の影響

自律神経と気圧の関係とは?低気圧と高気圧で変化する体調について

自律神経失調症になると、梅雨や台風といった低気圧のときなど、気圧の変化によって症状がひどくなることがあります。

そこで 「気圧の変化とどのように関係しているのか」 についてお伝えします。

気圧の変化によって症状を悪化させないための対策についてもご紹介しますので、参考になさってみてください。

スポンサーリンク

【目次】

気圧の変化がどう影響する?

自律神経は、次の2つの神経によって成り立っています。

  • 心身を活発化させる『交感神経』(ストレス・緊張・活動モード)
  • 心身を修復する『副交感神経』(リラックス・回復・睡眠モード)

自律神経

この2つの神経がうまくバランスを保っているのが本来の状態。とはいえストレスの多い現代社会では、多かれ少なかれバランスの乱れている人がほとんどではないでしょうか。

なかでもそのバランスの乱れの大きい状態が「自律神経失調症」。

そのバランスの乱れによって、通常ならさほど影響を受けないようなささいな「刺激や変化」でも、敏感に反応してしまうのです。気圧の変化はその最たるものと言えるでしょう。

台風の時期や梅雨の季節ではなく、気圧の変化があまり激しくない季節でも、自律神経というのは絶えず体に作用して、『その時々の気圧にあった体』へと導いてくれています。

しかし、自律神経失調症を患っていると、ささいな変化にも体が対応することが難しくなってしまいます

低気圧になると・・・

低気圧の時は、一般的に副交感神経がよくはたらくようになります(血管を広げて血流を良くしようとします)。

ただ、自律神経失調症の場合は副交感神経が過分にはたらき過ぎてしまう傾向があります。副交感神経は心身を休める神経。はたらき過ぎることで、強い眠気や倦怠感を覚えます。

高気圧になると・・・

逆に、高気圧になると交感神経がはたらき過ぎてしまい、血管を縮めて血圧を上げてしまうこともあります。

このように、それぞれの神経が気圧の変化によって過剰に反応することが原因となって、症状がひどくなるのです。では次に、普段の生活でできる対策について、いくつかご紹介します。

スポンサーリンク

普段の生活でできる対策(1)食生活

普段の生活でできる気圧の変化への対策にはいろいろあります。まずは、食事のしかたや食べ物の面で効果的な対策についてご紹介します。

食事をする時間をそろえる

食事をする女性

不規則な食事の時間、アンバランスな食事の内容は自律神経を狂わせてしまう可能性があるので、改善しましょう。

ますは食事の時間。毎日同じ時間に食事をとることで体内時計も整ってきます。3食同じ時間にするのが難しくても、朝ごはんだけでも、昼ごはんだけでも、できるところから食事の時間をそろえるように心がけてみてください。

食べ物で自律神経を整える

そして食べ物。野菜・魚・肉・豆類・きのこ類・海藻などバランスよく食べましょう。

特にストレスの多い人は副交感神経がじゅうぶんにはたらいていません。

食物繊維の多いきのこ類・海藻・ごぼう・さつまいも・リンゴなどを摂りましょう。また、からいもの、酸っぱいものも副交感神経をはたらかせてくれる食べ物。酢の物、お酢のドリンク、七味唐辛子、キムチなどもおすすめです。

▼ さらにくわしくはこちら ▼
自律神経を整える10の食べ物とは?この食事でしっかり改善!

食事の時間や食べ物に注意することで、気圧の変化による症状をやわらげてくれるでしょう。

次は、自律神経を整える運動のしかたについて、紹介します。

▲このページのTOPへ

普段の生活でできる対策(2)運動

ランニングする女性

軽い有酸素運動がおすすめ

気圧の変化による症状だけでなく、動悸、息切れ、原因不明の筋肉痛といった症状をかかえている方は多くいらっしゃいます。だからと言って運動をしないのは逆効果。症状をより悪くしてしまいます。

効果的なのはリズムのある有酸素運動。ウォーキング、ジョギング、散歩、水泳などですね。

いきなりジョギングを始めなくても、家の近くを散歩したり、自転車や車で行くお買い物を歩いていくようにしたり、エスカレーターを使わずに階段を上がったり、から始めるのもおすすめです。

▼ さらにくわしくはこちら ▼
自律神経を整える運動とは?効果的なタイミングやNGな運動

歩くのも気持ちがいいなぁ、と感じたらウォーキングやジョギングを楽しんでみてはいかがでしょうか。

タッタッタッタッというジョギングのリズムは、脳のなかで「心地よいホルモン」が分泌されます。「ジョギングは疲れるだけよ」と勘違いされている方も多いでしょうが、これだけマラソン人気が高いのも、この「爽快さ」、「気持ちよさ」があるからなのです。

てくてくてくと歩く散歩やウォーキングも、タッタッタッと走るジョギングも、スイスイスイーと泳ぐ水泳も、どれもおすすめ。反復運動によって心地よい気分にもなりますし、筋肉がほぐれて血行もよくなりますし、体温もあがります。できるところから体を動かすようにしてみましょう。

スポンサーリンク

普段の生活でできる対策(3)早寝早起き

早起きする女性

交感神経は昼間の活動時、副交感神経は夜間の安静時、というのが本来の状態です。しかし、夜ふかしや朝寝坊では自律神経のバランスが崩れてしまいます。

5分でも10分でも早く起きてみましょう。最初はきついかもしれませんが、起きてすぐに太陽の光を浴びると体も目覚めやすくなります。

10分早く起きれば、10分早く眠りやすくなります。朝の起きる時間を早めていくことが早寝への近道。起きる時間をすこしずつ早くしていくことで早寝早起きのリズムを作れば体内時計も整います。

また夜10時から夜中の2時までの4時間は、健康と美容のためのゴールデンタイム。新陳代謝がもっともはかどる時間帯です。この時間に 「眠っているか起きているか」 で、疲労の回復、不調の修復、美肌つくりに大きな違いが出てきます。

気圧の変化による不調だけに限らず、いつも元気で若々しくいるためにも、早寝早起きを習慣づけていきましょう。

▲このページのTOPへ

普段の生活でできる対策(4)かたい体をほぐす

マッサージされる女性

不調を感じる多くの人は体が固くなっています。あなたも、

  • 肩こりや首こりがひどい
  • 背中がガチガチ
  • いつも体が重たく感じる
  • ふくらはぎや太ももがむくむ

と感じていませんか?

これは交感神経がいつも優位になっている証拠。かたい体では流れも悪くなってしまい、血圧の面でも負担が大きくなってしまいます。

マッサージで眠くなった経験ありませんか?

これは 筋肉がほぐれて深いリラックス状態(副交感神経)に切りかわった証拠。体の回復もはかどります。

とはいえ、毎日マッサージに通うのは無理。ふだんの生活の中でこまめに体をほぐすことが大切 ですね。

  • 肩、腕、太もも、ふくらはぎをもみほぐす
  • バスや自転車を徒歩にして筋肉を動かす
  • 深い呼吸(鼻から吸って口から細くゆっくりと吐く)
  • 41度以下のお風呂にゆったり15分。
  • お風呂あがりや寝る前にストレッチ

固くなった体をこまめにほぐすよう心がけましょう。

以上、自律神経と気圧の関係と4つの対策についてお伝えしました。ご参考になればうれしいです。

※参考サイト:農林水産省「ビタミンと食物繊維
NHK健康チャンネル「食物繊維のスーパーパワー「野菜・果物そして◯◯」」、「ストレス解消に!リラックスする方法「1分でできる腹式呼吸」
厚生労働省 e-ヘルスネット「体内時計」、「エアロビクス / 有酸素性運動」、「自律神経失調症

*-*-*-*-*-*-*

まるで鉄板をおろしたみたい

ハーブエキスほか100%天然由来
ほのかな蓮の花の香りにやすらぐ
全身用ジェル『プアーナ』。

プアーナ くわしくは >>

プアーナ

*-*-*-*-*-*-*

スポンサーリンク