統合失調症

自律神経失調症と似ている病気

統合失調症

トップ > 自律神経失調症と似ている病気 > 統合失調症

統合失調症と自律神経失調症との違いとは?

自律神経失調症と統合失調症は、同じような病気だと勘違いしている方も多いのではないでしょうか。しかし実際には、この2つの病気は明らかに違う病気です。

そこで、この2つの病気の違いについて、わかりやすく紹介します。

自律神経失調症とは?

自律神経失調症は、

  • 交感神経 : 活動中・緊張している時・ストレスを感じている時にはたらく。おもに日中。
  • 副交感神経 : 休息中・体を回復している時・リラックスしている時にはたらく。おもに睡眠中。

という2つの神経のバランスがくずれた状態のことを言います。

活動・緊張・ストレスモードである 「交感神経」 が優位になれば、心臓の動きや肺の動きなどは必要以上に活発になります。反対に、休息・回復・リラックスモードである 「副交感神経」 が優位になれば、胃腸などの消化器官のはたらきは活発になります。

しかし、仕事、学校、人間関係、長距離通勤、不規則な食生活、睡眠不足、化学物質にあふれた生活など、あらゆるストレスにかこまれている私たち現代人。交感神経ばかりがはたらいてしまう傾向にあります。

この状況が続くと副交感神経のはたらきが鈍くなり、2つのバランスが大きく乱れてしまうことで、さまざまな症状があらわれてきます。これが自律神経失調症。おもな症状には、動悸、めまい、ふらつき、冷や汗、多汗、ほてり、冷え、疲れがとれない、体が重たい、不眠、便秘、下痢、イライラ、集中力の低下などがあります。

なお、気圧の変化、気温の変化、空気中の有害物質、野菜や果物に含まれる残留農薬、加工食品に含まれる食品添加物なども、体にとってはストレス。「あー、ストレスだわ!」 とは自覚しないでしょうが、これもストレスとして心身の負担になっているのです。

ちなみに、「ストレスが原因」 とお伝えしましたが、なかには 「遺伝」 によって自律神経の調整がうまく機能しない体質を持っている人もいます。珍しいケースではありますが、その体質が原因で自律神経失調症になる人もいます。

では次に、統合失調症とはどんな病気でしょうか?

スポンサーリンク

統合失調症とは?

統合失調症は、脳のなかにある神経伝達物質 「ドーパミン」 の分泌が異常になることが原因で起こる精神疾患。陽性症状はドーパミンの分泌されすぎること、陰性症状はドーパミンの分泌が少ないこと、によって起こります。

神経伝達物質が異常を起こしているので、神経伝達がうまくできなくなって司令が行き届きません。それによって、精神状態が混乱してしまうのが統合失調症の特徴。自律神経失調症とは違って、自律神経のバランスが乱れが原因で起こるものではありません。

おもな症状には、幻覚、幻聴、妄想、興奮、思考障害、などがあります。

統合失調症という言葉を耳にすることが、徐々に増えてきたのではないでしょうか。統合失調症がどのようなものかを理解していなくても、その病名だけは聞いたことがある、という人も多いでしょう。

統合失調症は、最近になってあらわれるようになった新しい病気ではなく、古くはギリシア時代から 「古くて新しい病気」 として文献にも記述が残っています。ちなみに、2002年までは 「精神分裂病」と言われていたのが、この統合失調症です。

患者数はまだまだ少ないと思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、統合失調症の患者数は、全世界で0.5%から2%。意外と多いのです。

何かを認知する機能が著しく低下してしまうこともあり、同じ話をするにしても、内容が毎回違うなどといった症状が出ることもあるようです。

統合失調症に特有の症状

自律神経失調症の場合は、幻覚、幻聴、多重人格、といった症状はありません。なので、幻覚、幻聴、多重人格の症状がある場合は、統合失調症の可能性があります。

治療法も異なります

お伝えしたように、自律神経失調症と統合失調症は、そもそも原因が違います。似たような症状が出ることもありますが、脳内の神経伝達物質に異常がなければ、統合失調症ではないでしょう。

両者は治療法も違いがあり、受診するべき病院の科も違います。自律神経失調症は心療内科や神経科、統合失調症は精神科、というのが一般的です。

統合失調症に特有の症状もありますが、ご自身で判断することはなく、医師の診断を受けるのがよいでしょう。また、診断は難しいもの。セカンドオピニオンも活用して、早い段階で正しい診断と正しい治療法を受けるようにしてください。

スポンサーリンク

自律神経を整える生活

▼関連記事