不整脈

自律神経失調症と似ている病気

不整脈

トップ > 自律神経失調症と似ている病気 > 不整脈

不整脈の原因とは? 症状や解消法について

不整脈とは?

心臓は1分間に60回から70回、一定のリズムで脈拍をうっています。この脈拍が不規則にとぶ、遅くなる、速くなる、乱れる、といった状態を総称して「不整脈」と呼んでいます。

不整脈

心臓には電気刺激の発生源があります。その刺激がリズミカルに収縮と弛緩(ちぢんだりゆるんだり)をうみだして脈拍をうっています。この規則的なリズムが乱れた状態が「不整脈」です。

ただし「脈拍がとぶこと」自体は健康な人でもたまに起こるもの。その程度の不整脈は日常生活には支障ありませんので、気にしなくても大丈夫です。

▲このページのTOPへ

不整脈の症状

不整脈には、

  • 脈拍が速くなるもの(頻脈性不整脈)
  • 脈拍が遅くなるもの(徐脈性不整脈)
  • 脈拍が不規則になるもの(期外収縮)

などのタイプがあります。

それぞれの特徴的な症状について、お伝えします。

1.脈拍が速くなる不整脈 (頻脈性不整脈) の症状

「頻脈性不整脈」では、脈拍が早くなって動悸がします。めまいなどの脳貧血症状をともなうこともあります。

重い場合は1分間に240回から250回も脈拍を打つこともあり、心臓が十分な血液を送り出すことができなくなって血圧が低下し、失神してしまうこともあります。

無理をして立っていると、意識を失って倒れてしまう可能性もあります。なるべくすぐに横になるようにしましょう。

その時は、

  • あお向けになる
  • 背中の下に座布団などの当て物をして、上体が少し起きるような体勢をとる
  • この体勢のまま落ち着くまで安静にする(心臓に負担をかけないため)

突然死や脳梗塞の原因となるケースもあるので、少しでも早く病院で検査をする必要があります。

2.脈拍がゆっくりになる不整脈 (徐脈性不整脈) の症状

「徐脈性不整脈」は、脈拍が1分間に40回、または40回より少ない状態。重い場合は、数秒間、心臓が停止する状態が起こることもあります。

脈拍が5秒以上もとぎれると、目の前が真っ暗になってめまいを起こします。7秒から10秒とぎれる状態では失神やけいれんなどを引き起こします。

3.脈拍が不規則になる不整脈 (期外収縮) の症状

「期外収縮」の不整脈とは脈拍がとぶ状態のこと。のどが詰まった感じがする、胸がぎゅっとなる、胸に不快感を感じる、胸にチクリとした痛みを感じる、というのが主な症状。

この期外収縮は不整脈のなかで最も多く、心臓に何の異常もないのに起こる場合がほとんどです。

精神的ストレスや生活習慣からくる身体的ストレスによる「自律神経の乱れ」が原因。一過性のもので、一瞬または数十秒以内でおさまるのが特徴です。

さて、では不整脈の原因と解消法をくわしく見てみましょう。

▲このページのTOPへ

スポンサーリンク

不整脈の原因

不整脈の原因としてもっとも多いものが加齢。中高年以上の方に多くあらわれ、心肺機能の衰えがおもな原因です。年をとると誰しも少しずつ不整脈になっていく傾向があります。

次に多い不整脈の原因が、日常生活の中のストレス。

ストレスが不整脈の原因

不整脈の半数以上は心臓に病気をお持ちの方ですが、残りの半数は日常生活のストレスが原因で不整脈になっています。

睡眠不足、不規則な食事、長時間の仕事、たばこ、酒の飲みすぎ、人間関係、運動不足などの生活習慣、仕事のプレッシャー、転職、将来への不安など、体のストレスや精神的なストレスが不整脈の原因。

ストレスからくる不整脈は、年齢に関係なくあらわれます。

特に、脈拍が不規則になる不整脈「期外収縮」の場合は、ほとんどが精神的ストレスや身体的ストレスが原因。交感神経ばかりが優位になって、全身の筋肉が緊張して、体に負担がかかっていることが原因です。

▲このページのTOPへ

不整脈を解消するには?

心臓の病気や脳梗塞からくる不整脈は、医師による診察がもちろん必要ですが、ストレスからくる不整脈を解消するには、ストレスをなくすことが大切。とはいえ完全になくすのは難しいでしょうから、うまく発散しましょう。

精神的ストレスだけでなく、生活習慣の乱れは体のストレスとなります。食生活の改善十分な睡眠時間といった生活習慣の見直しも大切。不整脈が起こりにくいような健康な体になるよう努めることが必要ですね。

食生活においては、脂質の高い食べ物やカフェインをふくむ飲み物などは、日頃からあまり摂らないように気をつけましょう。

実際に不整脈が起きてしまう時というのは、ストレスなどが原因で筋肉が緊張して収縮している状態(固くなっている状態)にあります。これが体の負担となって、不整脈などの症状につながるのです。

そこで、ストレスで緊張した筋肉をほぐして、体の負担を減らすことが大切となってきます

特に、ひどく疲れた日やイライラしている時などは、気分を落ち着かせて、全身の筋肉をよくほぐしてあげましょう。

マッサージ、ストレッチ、軽い運動、お風呂なども効果的ですが、より効果的に体をほぐす方法があります。自宅で、手軽に、時間もかけずにできる方法ですので、とてもおすすめです。参考になさってください。

筋肉をしっかりほぐす方法  >>

スポンサーリンク

▼関連記事