禅的療法

治療

禅的療法

トップ > 治療 > 心理療法 > 禅的療法

禅的療法

禅的療法とは、座禅を通して心と体のバランスを整える心理療法。自律神経失調症の治療にも取り入れられています。(自律的アプローチ)

心理療法

禅的療法の考え方

禅的療法では「調身、調息、調心」といって、

  • 調身・・・まずは正しい姿勢になる
  • 調息・・・つぎに呼吸を整える
  • 調心・・・姿勢と呼吸を整えることで、心も平穏な状態へと落ち着いていく

という考え方でおこなわれます。

座禅をくんで瞑想をはじめると、最初はいろいろな雑念が浮かんできます。雑念が浮かんだことを気にせずに瞑想を続けていくと、束縛されない解放された自由な世界があることに気づきます。

その感覚をえることで、問題・悩み・ストレス・症状にとらわれていた患者さんも、解放感を感じることができます。

スポンサーリンク

禅的療法のおこない方

禅的療法は次のような方法でおこないます。

調身(姿勢を正す)

  • 座布団を2ツ折りにして、お尻の下にあてる
  • あぐらをかいて座り、左足を右足のふとももに乗せる
  • できる人は、左足を右足のつけ根に乗せ、右足を左足のつけ根に乗せる
  • 左手を右手の手のひらに乗せて、親指どうしが軽く触れるようにする
  • 手は組んだ足の上に置く
  • 背すじをのばして、肩を楽にしてチカラを抜く
  • あごをひく
  • 目を半開きにして、1.5メートル先に視線を落とす

調息(呼吸を整える)

  • 臍下丹田に精神を集中させる
    ※臍下丹田・・・へそから3~4センチ下にあるツボのこと。臍下丹田の場所を手でさわると意識を集中させやすくなります。
  • 腹式呼吸をする
    ※短く息を吸ってゆっくりと長く息を吐く。1分間に10回呼吸するくらいのリズムが理想。
  • 呼吸の回数を心の中で数えながら、精神を集中していく。

調心(心を穏やかにする)

  • ゆったりとした呼吸とともに瞑想する
  • 最初はいろんな雑念がうかんでくる
  • その雑念にとらわれずに瞑想を続ける
  • 次第に何事にもとらわれない解放された自由な世界があることに気づく。
  • 禅的療法で得た“とらわれない自由な世界がある気づき”によって、体の症状や悩みへのとらわれも解放されていき、症状が緩和していく。

瞑想をしたからといって、すぐに無心になれるものでもありません。最初のうちは瞑想しながらもついいろんなことを考えてしまいます。「いかんいかん、無心になろう」と思っても気がついたらまたなにか考えている。2回3回と禅的療法で瞑想をしたからといって無心になれるものでもありません。でも“それはそれでよし”として瞑想を続けましょう。

何回、十何回と禅的療法をくり返していくにつれて「何事にもとらわれない解放された自由な世界があること」に気づくようになります。この感覚にまでたどりつくのはとても難しいこと。禅的療法をくりかえしていくうちに体感できることなので焦らず続けましょう。

スポンサーリンク

▼関連記事