HOME > 自律神経失調症の原因 > ストレスとは

ストレスとは

ストレスを感じる女性

自律神経失調症の原因は、肉体的・精神的ストレスです。しかし多くの方はストレスについて勘違い」をされています。

上司がイヤ、仕事のプレッシャーが強い、妻(夫)が口うるさい、思春期の子供が・・・といった「イヤなこと」「心配なこと」だけがストレスではありません。

そこで、そもそもストレスとは何? ストレスの原因にはどんなものがあるの? ストレスに強い人の性格とは? などについてわかりやすくお伝えします。

【目次】

そもそもストレスとは何?

ストレスとは、イヤなことや心の負担となることだけではありません。たとえば・・・

  • 明日は月曜日かぁ。仕事に行くのイヤだなぁ。
  • 明日から海外旅行だ!楽しみーっ!
  • イヤな上司の部署に配属になっちゃった。最悪。
  • やっと念願の部署に異動になったわ!明日からがんばるぞ!!

これはすべて「ストレス」。イヤなことでも、嫌いなことでも、楽しいことでも、嬉しいことでも、心や体に対する刺激のすべてを「ストレス」といいます。

逆にストレスを感じていない状態とは、ぽかぽか暖かいところでウトウトと昼寝をしている時のように、外からの刺激も変化もない状態のことですね。

ですので「ストレスが良くない」のではありません。適度なストレスは必要ですし、それが生活にハリもあたえて、成長ももたらせてくれます。「ストレスが多すぎる生活」が良くないのです。

体のストレスと心のストレス

体が感じるものは「肉体的ストレス」。長距離通勤、寝不足、疲労、暑さ、寒さ、空腹、体のゆがみ、などですね。

心が感じるものは「精神的ストレス」。不安、悲しみ、落ちこみ、怒り、不満、ゆううつ、などがあります。

肉体的ストレス精神的ストレス

では次に、ストレスの原因についてさらに具体的な例をあげて紹介します。

スポンサーリンク

↑ページTOPへ

肉体的ストレスには何がある?(体が感じるもの)

肉体的ストレスとは、体が感じるもの。暑い、寒い、うるさい、まぶしい、といったものや、生活習慣からくるものがあります。

外的ストレスの原因とは?

・物理的なもの = 暑さ、寒さ、強風、豪雨

・環境的なもの = 騒音、暗さ明るさ、ほこり、蛍光灯、スマホ、パソコン、テレビ、ゲーム

・肉体的なもの = 病気、けが、持病、長距離通勤、夜勤、極度の早起き

・化学的なもの = 空気汚染、食品添加物、果物や野菜の残留農薬、洗剤などの界面活性剤、お酒、たばこ

・生物学的なもの = 細菌、ウィルス、花粉

内的ストレスの原因とは?

・運動 = 運動不足、はげしい運動、負荷の大きい運動

・食事 = 食べすぎ、小食、偏食、栄養不足

・睡眠 = 睡眠不足、寝すぎ、夢

・生活 = 不規則な生活、夜ふかし

・その他 = 妊娠による身体的変化、思春期の体の変化、月経、閉経、更年期

↑ページTOPへ

精神的ストレスには何がある?(心が感じるもの)

精神的ストレスとは心が感じるもの。ストレスと言われてパッと思いつくものですね。

社会的ストレスの原因とは?

・仕事関係 = 就職、転勤、単身赴任、昇進、左遷、転職、失業、ノルマ、雇用形態の不安

・学校関係 = 入学、転校、クラス替え、運動会など学校行事、成績不振、いじめ

・家庭関係 = 結婚、離婚、引越、育児、子供の反抗期、子供の独立、同居、別居、家計

・人間関係 = 上司、部下、取引先、ご近所さん、サークル、PTA、恋人、嫁姑

心理的ストレスの原因とは?

・身体関係 = 疲労、病気、けが、妊娠、出産

・喪失体験 = 愛する家族や友人・ペットとの離別・死別

・その他 = 将来の不安、恐怖、家族や社会への怒り、失恋、失敗、挫折

*-*-*-*

これらは、すべてストレスとなる原因です。ただし、同じ原因があっても、ストレスになる人とならない人がいます。性格、気質、体質、ものの考え方、体調などによって、大きく異なります。

そして、ストレスに強いか弱いかの違いは、成長の過程で形成された「性格」が大きな原因となっている、といわれています。

そこで次は、ストレスに強い人の性格とは? 弱い人の性格とは? についてお伝えします。

スポンサーリンク

↑ページTOPへ

ストレスに強い人の性格とは?

まずは、ストレスに強い人の性格についてです。

(1)不愉快なことがあっても、すぐに気持ちを切り替えられる。

(2)人からどう見られているか、どう評価されているか、が気にならない。

(3)感情をのびのびと表に出せる。

まわりからどう見られるか、どう思われるか、をあまり気にしない人はストレスに強いのでしょう。

次は、ストレスに弱い人の性格についてお伝えします。

↑ページTOPへ

ストレスに弱い人の性格とは?

では、ストレスに弱い人の性格についてです。

(1)几帳面。完璧主義。責任感が強い。

細かいところまできっちりやらないと気がすまない。人から頼まれたことはイヤとは言わず責任をもっておこなう。

妥協することをせず完璧を目指すあまり、うまくいかないといらだってしまったり、自分を責めて落ち込んだりする。ストレスをためやすくて弱い人の性格の代表的な傾向です。

(2)まわりに合わせようと、自分を我慢にしたり、つい無理をしてしまう。

飲み会に行きたくないのにガマンして行く。一次会で帰りたいのに二次会に行く。パスタが食べたいのに言いだせず、みんなと一緒に和食を食べにいく。

自分の意見を言えずに、まわりの意見に賛成する。これでは、ストレスが解消されるどころかたまっていく一方ですね。

(3)感受性が高い。神経が過敏。

普通の人なら少し悲しい出来事なのにとても悲しんだり、思いつめて深く落ち込んだり。神経が細やかでいろんなところに気づく反面、あれもこれも気になったり思い悩んだりすることも。

ストレスに弱いというよりは「ストレスを感じやすい」といったほうがいいかもしれません。

(4)些細なことが気になる。一つのことにとらわれがちである。

相手のなにげない一言がずっと気になったり、くよくよ考えたり。ささいなことが気になってイライラしたり、落ち込んだり。

いつも小さなストレスが積み重なっている状態がこのタイプです。

(5)親や他人に依存しがちである。頼ってしまうことが多い。

依存心の強いタイプ。相手からの愛情を強く求めがちで、本人が自覚していない場合も。相手から愛情が感じられなかったり、受け入れられないと、大きなストレスとなります。

依存の対象は、親や妻、夫、会社の上司、同僚、友人にまで。また「人」に依存するばかりではなく、「仕事」自体に依存をしてしまうケースもあります。

休日(特に長期休暇)に何をしたらいいかわからなくて落ち着かない。定年退職したとたんに自分の存在意義を失って、強いストレスになる。

「肩書き」や「地位」に依存している場合も、その地位を失ったとたんに、大きなストレスを感じるようになることもあります。

まとめ

ストレスとはそもそも何?体のストレスとは?心のストレスとは?ストレスに強い人の性格、弱い人の性格とは?についてお伝えしました。

さて、ストレスは性格によっても違いますが、年齢層によるストレスの原因の違いもあります。幼い子供にとっては、親の愛情の大きさがストレスになるでしょうし、社会人にとっては、仕事のノルマや人間関係などがストレスになります。

年齢によって社会環境が変化していくにつれ、ストレスの原因も変化していくのですね。

よく読まれている記事はこちらです

【PR】

プアーナプアーナ