自律神経の乱れの原因

自律神経とは

自律神経の乱れの原因

トップ > 自律神経とは > 自律神経の乱れの原因

自律神経の乱れの原因

自律神経の乱れが原因で、不調を感じる人が増えています。いつもガチガチ、だるおも、いつもコリコリ、なんだかフワフワ、ぐっすりとはなかなか・・・。多かれ少なかれ、現代人の多くはそう感じているのではないでしょうか。

では、そもそも自律神経が乱れるのは何が原因なのでしょう?

スポンサーリンク

私たちの体を守る自律神経は、次の相反する2つの神経から成り立っていて、バランスよくはたらきながら、健康でいられるように体を守っています。

  • 交感神経・・・活動・緊張・ストレスを感じている時(おもに昼間の活動中)
  • 副交感神経・・休息・修復・リラックスしている時(おもに夜間の睡眠中)

この2つがバランスよくはたらいていれば、いつも健康でいられるのですが・・・

自律神経が乱れる原因はさまざまなストレス

自律神経の乱れの理由は、さまざまなストレスです。

肉体的ストレス精神的ストレス

ストレスは交感神経を優位にします。適度なストレスなら問題ないのですが、ストレスが多い生活が原因となって自律神経のバランスが乱れるのです。

自律神経が乱れる原因はストレス

交感神経ばかりがはたらいてしまうので、体を回復する「副交感神経」が十分にはたらけなくなって回復が追いつかず、さまざまな不調を引き起こします。

自律神経の乱れと脳との関係

自律神経の中枢である「視床下部」は、動物的本能・感情の脳である「大脳辺縁系」の影響を受けています。そして「大脳辺縁系」は、理性・知性の脳である「大脳新皮質」の影響を受けています。

脳のしくみ

「理性」と「本能」という、相反する感情の中で毎日生きている私たち。

  • 頭にきたけど、怒ったら後でイヤな雰囲気になるからなぁ・・・
  • 泣きたいけど、ここで泣くわけにはいかないわ!
  • (ホントは和食がいいけど)私は何でもいいからあなたの好みでいいよ

つい我慢してしまうこと、ありませんか?

喜怒哀楽の感情に対して理性がそれを“強く”おさえつけてしまうと、大脳辺縁系(感情)と大脳新皮質(理性)にひずみが生まれます。

  • 「くっそーっ!」っと頭にきても、ぐっと我慢。
  • 「悪いのはあなたでしょ!」っと思っても、ぐっと我慢。
  • 「いつもあなたの意見ばっか通して!」っと思っても、ぐっと我慢。

その結果、両者の間での情報伝達がうまくいかなくなって、視床下部による自律神経のコントロールが乱れることになるのです。

スポンサーリンク

自律神経が乱れるのは「我慢」の毎日が原因

ストレス・不安・恐怖・不快などに反応して、交感神経がはたらきます。でもそれらのストレスがなくなれば、副交感神経がはたらいて安定します。

しかし、ストレスの多い状態が続いて自律神経が乱れると、体のいろんな場所に不調があらわれてくるのです。

自律神経失調症とまでいかなくても、現代人の不調のほとんどは「ストレスによる自律神経の乱れ」が原因ではないでしょうか?

そこで、毎日の生活の中で自律神経のバランスを整える工夫をしましょう。

食べ物、お風呂の入り方(お湯の温度・湯船につかる時間・いつお風呂に入るのがいいか)、効果的な運動、眠りを深くする方法など、自律神経を整える方法を紹介します。

自律神経を整える方法(食べ物・入浴法・眠り方・運動など)>>

▲このページのTOPへ

▼関連記事