副交感神経とは

自律神経とは

副交感神経とは

トップ > 自律神経とは > 副交感神経とは

副交感神経とは?

副交感神経は、活動によって疲れた体を修復させる神経。正反対のはたらきをする交感神経とバランスよくはたらくことで、健康と生命を維持しています。

  • 交感神経・・・活動している時、ストレス・緊張している時
  • 副交感神経・・・休息・体の修復をしている時、リラックスしている時

昼間の活動での疲労やダメージを受けた体を、夜の睡眠で休息させて、疲労やダメージを修復して元気な状態に戻す。この2本立てで、健康を維持できるしくみとなっています。

では副交感神経について、詳しくお伝えします。

スポンサーリンク

副交感神経とは? - 修復・休息・リラックスの神経 -

交感神経は、活動・緊張・ストレスの神経

交感神経がはたらくのは、活動している時、不安・恐怖・怒りなどストレスを感じている時。血管がちぢんで、心拍数が増え、筋肉が緊張して、状況の変化にすばやく対応できるよう、体が準備をしています。

副交感神経は、修復・休息・リラックスの神経

副交感神経がはたらくのは、睡眠中、リラックスしている時、ゆったりと落ち着いている時。「からだの修復」が主な役割です。

昼間の活動によってたまった疲れや、体に受けたダメージを、副交感神経に切りかわった睡眠中に修復して、元気な状態に戻すのが役割です。

副交感神経が正しくはたらくバランス

車のタイヤのパンクを、走りながら直すのはムリですよね?私たちの体もおなじ。

活動する時は活動する、体を回復する時は回復する。自律神経のはたらきも切りかえているのです。

夜になると、昼間の交感神経から副交感神経に切りかわって、ゆったりモード。リラックス中や睡眠中にはたらきはピークに。『夜間集中工事』ですね。

風邪をひいた時に、ぐっすり眠ると治りが早いのは、副交感神経のおかげです。

副交感神経のはたらきとは?

副交感神経が活性化すると、筋肉がゆるんで血管が広がって、心拍はゆっくりに、内臓は活発になります。

筋肉の中には、血管・リンパ腺・神経が通っています。血管が広がるので栄養・酸素・体温が体のすみずみに運ばれますし、老廃物や疲労物質などの不要なものもスムーズに排出されます。

内臓のはたらきも活発になって新陳代謝がすすみ、からだの修復や疲労の回復がおこなわれます。

  • 神経が流れやすい ⇒ 体の異常が脳にちゃんと伝わる。脳からの修復の指令も体の各部分にちゃんと伝わる。
  • 血液が流れやすい ⇒ 栄養・酸素・体温が全身に送られる。
  • リンパが流れやすい ⇒ 老廃物や疲労物質を排出しやすい。

副交感神経がしっかりはたらいてくれれば、翌朝には昨日の疲れもすっかり消え、からだの回復も完了して「今日も元気!」「いつも健康」でいられるのです。

しかし・・・

スポンサーリンク

ストレスによる交感神経の活性化が疲労や不調の原因

しかし、ストレスの多い現代人。

長時間の仕事、通勤、パソコン、人間関係のストレス、仕事のプレッシャー、不規則な食生活、運動不足、睡眠不足、猛暑、花粉、テレビ、ゲームなど、キリがありません。

ストレスの多い毎日

ストレスが多いと交感神経ばかりがはたらいてしまい、副交感神経による「体の修復・疲労の回復」が追いつかず、体が重い、だるい、疲れがとれない、不眠・・・と、不調を抱えてしまうのです。

副交感神経が活性化しないと不調や疲労に

副交感神経をはたらかせれば、体はぐんぐん元気になる

交感神経ばかりはたらいてしまうことが自律神経失調症の原因。改善するにはストレスを減らすこと、副交感神経をはたらかせることが必要です。

とはいえ、仕事や人間関係などを急に変えることはできませんし、自分の意識で、副交感神経に切りかえることもできません。でも、

マッサージで眠くなった経験ありませんか?

「眠たくなる」というのは、副交感神経に切りかわった証拠。つまり、筋肉をほぐせば副交感神経に切りかわって、体の回復が進むのです。

筋肉をほぐすと副交感神経に切りかわる

不調や疲労をかかえる人の共通点は、体がガチガチに固くなっていること。とはいっても、毎日マッサージを受けるわけにもいきません。そこで・・・

自分で体を深くほぐしましょう

マッサージや整体に通うのも効果的ですが、毎日通えるものではありません。ふだんの生活の中で自分でできることを続けるのが一番ではないでしょうか。

ふだんの生活で体をほぐすといえば、お風呂。熱すぎない温度の湯船にゆったりとつかれば、じんわりと体がほぐれていきます。シャワーだけで済ますと交感神経になってしまうので逆効果。湯船にゆったりつかるのがいいですね。

また、ストレッチをしたり、仕事や家事のあいまに首・肩・腕をまわしたり、自分で体をもみほぐしたり。散歩などの軽い運動もおすすめです。

ほかにも、自分でしっかりとほぐす方法もあります。かんたんに、時間もかけずにできますので、ご参考になればうれしいです。

【ご参考】 しっかりほぐれてラクラク♪ 簡単な方法とは? >>

▲このページのTOPへ

▼関連記事