自律神経失調症とは

自律神経失調症とは

自律神経失調症とは?

トップ > 自律神経失調症とは

自律神経失調症とは

自律神経失調症とは、身体的ストレスや精神的ストレスが原因となって自律神経のバランスが乱れ、さまざまな症状があわられる状態のことです。自律神経失調症とは何か。3つのタイプ別症状と原因、なりやすい体質や性格、女性がかかりやすい理由、治療についてなど、くわしく紹介していきます。

自律神経失調症とは?

自律神経失調症とは、ストレスや生活習慣などが原因となって、自律神経のバランスに乱れが生じて、体や精神面にいろいろな症状があらわれれる状態のこと。

ひどい肩こり、冷え、ほてり、微熱が続く、片頭痛、便秘、下痢、手足のしびれ、動悸、息切れ、息苦しさ、めまい、疲れやすい、焦燥感、不安感、など、検査では異常が見つからないのに、体や心に症状があらわれます。

では、なぜストレスによって不調があらわれるか、というと・・・

つづきを読む >>

自律神経失調症の3つのタイプ

自律神経失調症には、3つのタイプがあります。

  • 本態性 自律神経失調症・・・・体質的なものが原因
  • 心身症型 自律神経失調症・・・ストレスが原因
  • 神経症型 自律神経失調症・・・心理的なものや性格が原因

もっとも多いのが心身症型、次いで神経症型となります。それぞれのタイプ別の症状と原因とは・・・

3つのタイプ別の症状と原因 >>

スポンサーリンク

自律神経失調症になりやすい体質・性格

同じストレスや、同じ生活習慣で暮らしていても、自律神経失調症になる人と、ならない人がいます。これは、その人の体質・性格・ものの考え方などが発症に影響しているから。遺伝することはありませんが、親が自律神経を調整する能力の低い体質を持っていた場合、子供がその体質を受け継ぐことがあります。

具体的に、なりやすい体質と性格というのは・・・

なりやすい性格と体質 つづきを読む >>

女性が自律神経失調症にかかりやすい理由

自律神経失調症は、女性の方がかかりやすい傾向があります。これは、ホルモンバランスの影響がからんでくるため。女性は、思春期に初潮をむかえてから更年期に閉経するまでは、毎月一定のリズムで変化するホルモン分泌の影響を受けて、月経が起こります。

妊娠・出産・閉経によるホルモンバランスが乱れで、自律神経も乱れてしまい、自律神経失調症にかかりやすい状態になってしまうのです。

特に、40代後半から50代前半の女性の場合は・・・

女性がかかりやすい理由 つづきを読む >>

スポンサーリンク

▼関連記事