自律神経失調症 女性

自律神経失調症とは

女性がなりやすい自律神経失調症

トップ > 自律神経失調症とは > 女性がかかりやすい理由

女性がかかりやすい理由とは?

自律神経失調症は、性別や年齢に関係なく誰にでもなる可能性がありますが、男性よりも女性の方がかかりやすい傾向があります。これはホルモンバランスの影響がからんでくるためです。

自律神経失調症 と 女性のホルモンバランス の関係

自律神経失調症とホルモンバランスには、深い関係があります。思春期に初潮をむかえてから更年期に閉経するまでは、毎月、一定のリズムで変化するホルモン分泌の影響を受けて、月経が起こります。

妊娠

女性は、妊娠・出産によってホルモンバランスが乱れると、疲労、イライラ、不安、不眠、涙もろさなどのマタニティーブルーが起こりやすくなります。また、閉経によってホルモンのバランスが乱れると、疲労感、ほてり、情緒不安定、体調不良などの更年期障害も起こりやすくなります。

ホルモン分泌は脳の中の「視床下部」がコントロール。この「視床下部」は自律神経や感情もコントロールしています。ホルモンバランスの乱れは自律神経のバランスをも乱してしまうので、女性にとっては自律神経失調症にかかりやすい状態になってしまうのです。

スポンサーリンク

40代後半から50代前半の女性は自律神経失調症にかかりやすい傾向

40代後半から50代前半の女性は、閉経によるホルモンバランスの変化から自律神経失調症にかかりやすい傾向があります。

また子供が社会人となって独立する時期には、今までの家族関係が変化し、女性にとって生きがいだった子供の「喪失感」から自分のこれからを見失ってしまうと、自律神経失調症にかかりやすい状態になってしまいます。

40代後半から50代前半の男性も、自律神経失調症に注意!

女性だけでなく男性も、40代後半から50代前半はかかりやすい時期。管理職となって仕事もストレスもますます増えるのに、体には老化傾向が・・・。この時期は自律神経失調症にかかりやすい時期ですので、日頃から心と体のケアに心がけて予防することが大切です。

スポンサーリンク

▼関連記事