森田療法

治療

森田療法

トップ > 治療 > 心理療法 > 森田療法

森田療法とは?

森田療法とは、あるがままの自分をよしとして、前向きに行動することで目的を達成しようとする心理療法です。(東洋的アプローチ)

心理療法

森田療法は、森田正馬氏が「森田神経症」の治療のために確立した心理療法で、神経症や不安障害の治療に活用されてきました。今では、神経症型自律神経失調症の治療にも取り入れられています。

※神経症型自律神経失調症・・・心理的・精神的なものが深い原因となっているもの。ものごとにこだわる人がかかりやすい傾向があって、少し体調が悪いだけでも「なにか大変な病気なんじゃないか」と強く心配して不安になることが多い。医師にも細かくいろいろと説明を聞きたがる傾向がある。

※この記事は医師による監修ではありません。当情報をもとにしたご判断や行動はご自身の責任においてお願いいたします。

スポンサーリンク

森田療法の考え方「あるがままで良い」

森田療法のキーワードは「あるがまま」。不安な気持ちや症状があってもそれをどうにかしようと努力したり思い悩むのではなく、その気持ちや症状はそのままに「やるべきこと」をやる。これを毎日の生活の中で続けていけば、不安や症状に対する「とらわれ」が減っていって神経症や不安障害の症状が改善していく、というのが森田療法の考え方です。

たとえば・・・

大事なプレゼンで人前で話す時、大きな商談で失敗がゆるされない時、誰だって緊張しますし心配にもなります。ところが、完璧にプレゼンしたい、絶対に商談を成功させたい、と強く思う人は「どうしよ~すごく緊張してきた。失敗したらどうしよう・・・」という気持ちが強くなります。緊張をしずめなきゃ、ドキドキをおさえなきゃ、と一生懸命になってそれがさらに緊張感を高めてしまう、という悪循環におちいってしまうことにもなりかねません。

森田療法では緊張をなくそうとするのではなく「緊張することは“よし”として、緊張したまま、上手にプレゼンすることだけに集中する」というものです。「こんな大事なプレゼンだもの、誰だって緊張するわ。それは仕方ないから、緊張しながらも一生懸命に話せばいいわ。」と思うことがプレゼンの成功につながる、という森田療法の考え方ですね。

あるがままを受け入れることが、症状の改善につながる

自律神経失調症では、自覚症状があっても検査をして具体的な異常が見つかるものではありません。「どうしたら治るの?いつになったら治るの?本当はなにか重い病気じゃないの?」と心配になるのも無理ありません。不安で頭がいっぱいになったり症状ばかり気になってしまって、仕事や勉強が手につかない、気持ちが向かない、成績が落ちる、といった状態にもなりがちです。

森田療法において、医師はまず患者さんの「症状にとらわれる気持ち」や「早く治したい!どうすればいいの?」といった“はやる気持ち”をいったん置いておいて、症状や強く不安に思っている「あるがままの自分」を受け入れるようにうながします

そして自律神経失調症になる前に持っていた仕事や勉強への前向きな気持ちを取り戻して伸ばしていくことで、充実感・達成感・満足感をえることが何より大切であることを、患者さんに理解してもらいます。

神経症や不安障害は「不安な気持ち」が大きな原因のひとつ。その気持ちにとらわれて「どうしたら不安がなくなるの?この状態がずっと続いたらどうしよう?」とさらに大きくなって・・・ということにもなりかねません。森田療法では「欲望があるから不安がおこる」と考えます。逆に言えば、人間には欲望があるのだから不安があるのは当然のこと、なんですね。

そこで・・・

森田療法の進め方

森田療法では、次の流れで進めていきます。

  • 不安や緊張があってもそれを取り除こうとしない
  • その気持ちがあるままで目の前にあることをこなしていく
  • そして充実感・達成感・満足感を感じる
  • 不安や緊張や症状への「とらわれ」が減っていく
  • その結果、症状が改善して病気の回復が進んでいく

このような流れで「不安感や症状へのとらわれ」を減らして症状を改善していくのが森田療法の考え方です。

スポンサーリンク

▼関連記事