精神分析的療法とは

治療

精神分析的療法

トップ > 治療 > 心理療法 > 精神分析的療法

精神分析的療法とは

精神分析的療法は、自律神経失調症やうつ病や不安症などの治療(心理療法)としておこなわれます。特に次のような場合に精神分析的療法がおこなわれます。

  • 患者の心の問題が、症状と深く関係している場合
  • 患者自身も気づかない無意識な心の葛藤が、症状と深く関係している場合

精神医学者のフロイトなどが提唱した、精神分析の技法を用いる心理療法です。(精神分析的アプローチ)

心理療法

※この記事は医師による監修ではありません。当情報をもとにしたご判断や行動はご自身の責任においてお願いいたします。

スポンサーリンク

精神分析的療法の目的

自律神経失調症は心の問題が原因となるケースが多くあります。“精神的なストレスが原因”と一言で片づけられるものではなく、何に不安を感じるのか、どんな葛藤があるのか、何を恐れているのか、といった心のあり方や物事の受けとめ方が大きく影響しています。

精神分析的療法では、患者さん自身も気づいていない心の奥深くにある「葛藤」「苦悩」「欲求」「こだわり」「とらわれ」などを解明して、そこから心を解き放つことで体の症状を改善し、心を癒していくが目的です。

薬による治療やその他の心理療法では満足いく効果があらわれていない場合で、本人が精神分析的療法を希望する場合におこなわれるケースが多いようです。

精神分析的療法の進め方

精神分析的療法は患者さんの信頼をえた医師によっておこなわれます。逆に言えば「この先生から精神分析的療法を受けたい」と患者さん自身が思えるような信頼関係の上に成り立つ療法といえます。

ゆったりと椅子に座ったり、ベッドに横になってリラックスしてもらいます。症状についてや、家族、仕事、人間関係、患者さんが心に思い浮かんだことなどを自由に話してもらいながら、心の奥深くにある問題を見つけていきます。

話す内容について特に決まりはありません。最近の体の状態のこと、今の仕事の内容、昔していた仕事の話、子供のころの話、好きなスポーツの話、趣味の話、自分の夢など、なんでもかまいません。

精神分析的療法において大切なのは「心にうかんだことをそのまま話す」ということ。

たいした話ではないから、くだらない話だから、こんな話をしたらどう思われるだろうか、といったことは考えずに、心に浮かんだこと・思いついたことをそのまま口に出す、ということが精神分析的療法においてはとても重要なのです。

なぜ話すことを躊躇したのか?なぜ心にうかんだのか?

精神分析的療法のポイントは「心にうかんだことをそのまま話す」ことです。とはいってもやはり話すのを躊躇することもあるでしょう。

なぜなら、今までの生活で「思ったことをそのまま口に出す」ということをしないで、「口に出してもいいのかどうかを考えてから話す」という習慣が身についているから。言いたいことをたくさん我慢してきたからこそ、自律神経失調症やうつ病になってしまったのかもしれません。

精神分析的療法では「なぜその話をするのを躊躇したのか?」といったことも大きなポイント。

恥ずかしい、小さい人間と思われる、イヤな人間と思われる、過去にしがみついている、口にしたくないイヤな思い出である、などその話をするのをためらった理由についても医師と患者さんとの間で話をしながら自分の心を見つめていきます。

同様に「なぜその話が心にうかんだのか」も精神分析的療法の大きなポイント。患者さん自身が理解している自分自身だけでなく“自分でも気づいていない自分自身”に気づくきっかけにもなるからです。

スポンサーリンク

精神分析的療法はくりかえしおこないます

精神分析的療法は1回で終わりではなく、定期的にくりかえしおこないます。1回60分を週に1回から2回、といったかたちでくりかえしおこなうのです。

心に浮かんだことをそのまま話すのは慣れないもの。最初は話すのをつい躊躇しがちであっても、徐々に慣れていったり、医師への信頼が深くなったり、自分の話を真剣に聞いてくれて理解してくれることを実感していくと、患者さんも心に浮かんだことを安心してそのまま話しやすくなっていきます。

こうして精神分析的療法を何回かくりかえして心に浮かんだことを話すうちに、自分でも気づいていなかった自分自身に自然と気づけるようにもなります

自分のことはよくわかっているつもりでも、実は気づいていない部分がたくさん。そこに気づけるようになると、今後の生活の中でも「あ、こう言われると自分はこう感じるんだなぁ」、「こんな時はついこうしちゃうんだよなぁ」と客観的に見ることができます。

不安・恐怖・ストレスといったものは、漠然と感じていることが多いもの。たとえば上司に叱られた時に、

  • 自分がダメな人間だとまわりに思われるのがイヤなのか
  • クビになって次の仕事が見つからなかったら生活できるだろうかと不安なのか

など、ストレスを感じる理由は異なります。

なぜストレスを感じたのか?なぜそう思うのか?と掘り下げていくと、実はそれほどストレスを感じなくてもよいことだったりもします。精神分析的療法で今まで意識していなかった自分に気づけることで、心のあり方、物事のとらえ方も変えることができるのです。

自分を理解してもらえた経験も大きなプラスに

精神分析的療法の中で「医師は自分のことを理解してもらえた」と感じた経験はこれからの生活に大きくプラスになります。

自律神経失調症やうつ病の人は少なからず“自分を出さずに我慢してきた”傾向があるでしょう。しかしこの経験で「自分を我慢しなくてもいいんだ」、「自分を出しても受け入れてくれる人がいる」という安心感が生まれるからです。

精神分析的療法が効果的なケース

精神分析的療法は「心理療法」の中でも一般的な療法ではありませんが、次のような場合はこの療法が効果的にはたらくことがあります。

  • 症状が重くないのに薬の治療ではあまり改善がみられないケース
  • 無意識の「葛藤」「苦悩」が体の症状と強い関係があるケース

どちらも根本は「心のあり方が大きく影響している」といえます。精神分析的療法によって自分の心のあり方を見つめ、気づき、安心感をえることで、症状の改善に貢献できるだけでなく、これからの生活をよりいきいきと過ごせるようになるでしょう。

スポンサーリンク

▼関連記事