薬物療法

治療

薬物療法

トップ > 治療 > 薬物療法

薬物療法とは? - 自律神経失調症の治療(1) -

薬物療法は、自律神経失調症においてまず最初におこなわれる治療です。

自律神経失調症の治療には下の図のように、薬物療法、心理療法、理学療法、生活指導、の4種類があります。まずはその中の 薬物療法 について説明します。

自律神経失調症の治療自律神経失調症の治療自律神経失調症の治療

薬物療法は、薬で症状をやわらげる治療

自律神経失調症では、頭痛、動悸、吐き気、めまい、不眠、下痢、といったさまざまな症状があらわれます。この症状が続くと・・・

  • 症状がおさまらないことで、不安が大きくなる
  • 症状自体がつらく、それがストレスとなる

といったようにストレスがさらに大きくなって、症状もさらに悪化する、といった悪循環におちいることも少なくありません。

ですので、薬物療法で症状をやわらげて、不安やストレスを取り除くことが大切になってきます

薬物療法の4種類の薬について

薬物療法では、状況に応じて次の4種類の薬が使われることが多いようです。

薬物療法で使われる薬

抗不安薬自律神経調整薬睡眠導入剤抗うつ薬

抗不安剤とは、一般的に「弱力精神安定剤(マイナートランキライザー)」として知られている薬のこと。不安をやわらげて筋肉の緊張をほぐし、心と体をリラックスさせるはたらきがあります。

自律神経調整薬は、交感神経と副交感神経のバランスを整えるはたらきのあるもの。自律神経末梢作用薬は、自律神経の末端部分に作用するはたらきのあるものです。

睡眠導入剤は、不眠の症状を解消するためのもの。不眠により生活のリズムがくずれると、ストレスが増えてしまいますし、「今夜も眠れないかも」という不安が悪循環につながることもあります。

抗うつ剤は、抑うつ感、落ち込み、不安感、イライラ感などをおさえるはたらきのあるものです。

スポンサーリンク

薬物療法に対して不安を感じないでください

薬はなるべく飲みたくない、という人は多いと思います。副作用への不安もあって、処方された通りに飲まない人もいるでしょう。

確かに副作用への不安はあるかもしれません。ただ副作用を心配して処方された通りに飲まないことのデメリットもあるでしょう。

副作用への不安を医師に伝えて相談して納得した上で、医師の指示のもとで進めていきましょう。

インフォームド・コンセントでしっかり納得

インフォームド・コンセントとは、病気の治療にあたって、

  • 発症した原因はなにか
  • 症状の状態はどのくらいか
  • どんな治療法があるか

を医師が説明し、患者が治療法を納得して選んだうえで、治療をおこなうこと。自律神経失調症の治療においては、医師と患者との信頼関係がとても大切なので、インフォームド・コンセントは重要となります。

医師は、副作用を最小限にするような薬物療法をおこなうべく、薬の種類や組み合わせなどを考えていますが、薬物療法を始めるうえで、副作用など不安に思うことなど、しっかりと質問して納得してから始めましょう。

薬物療法での体の変化は、医師に報告しよう

薬物療法をはじめてからは、体の変化などを医師に報告しましょう。それによって、調整がおこなわれていきます。

薬物療法をはじめて症状が改善してくると、「よくなった」と自分で判断して、薬を減らしたり、やめたり、生活のリズムを元に戻したりする人がいます。完治したわけではないので、また症状が再発してしまうこともあります。

自律神経失調症は、ストレス・性格・生活パターンなどがからんで起こるもの。その根本原因を変えないかぎり、完治することは難しいでしょう。

薬物療法で症状が落ち着いてもそれがゴールではなく、治療のスタート。症状が落ち着いてからは「心理療法」によって、薬がなくても大丈夫な状態へと治療は続きます。

スポンサーリンク

▼関連記事