認知行動療法とは

治療

認知行動療法

トップ > 治療 > 心理療法 > 認知行動療法

認知行動療法とは

認知行動療法は、自律神経失調症やうつ病の治療の中で「心理療法の1つ」としておこなわれる方法です。(心理療法の中の行動療法的アプローチ)

心理療法

物事のとらえ方や思考パターンにひそむ問題点を修正して、心にゆとり持たせてストレスを軽くして、症状をやわらげて治癒をめざすのが認知行動療法です。

認知行動療法と行動療法とは似ていますが、次のような違いがあります。

  • 認知行動療法・・・物事のとらえ方や思考パターンを含めた行動に着目
  • 行動療法・・・・・表面にあらわれた症状に着目

認知とは?

認知とは、物事のとらえ方、考え方、思考パターン、のことです。たとえば、上司に「どうしてこんなこともできないんだ!」と叱られた時に・・・

「私は何にもできない。期待もされてないんだろうなぁ」ととらえるのも、「私を伸ばそうと叱ってくれるんだ。がんばらなきゃ!」ととらえるのも、「どうせ奥さんとケンカでもしてきたんでしょ!」ととらえるのも「認知」です。

「私はなんにもできない。。。」と認知するよりも、「どうせ奥さんとケンカでもしたんでしょ!」と認知した方がストレスもたまりません。

このようにどう「認知」するかで、ストレスがたまらない人もいれば、ストレスを強く感じてしまって自律神経失調症やうつ病になってしまう人もいます。

認知行動療法の流れ

認知にゆがみがあると、間違った判断をしてしまいます。先ほどの上司の例で、ホントに奥さんに叱られて機嫌が悪かっただけなのに、「私なんか・・・」と間違った判断をしてしまいます。

認知行動療法は、次の3つの流れで症状を改善し、現実の社会生活に適応できる心を体へと戻していくものです。

  • 認知のゆがみを作ったきっかけをはっきりさせる
  • 認知のゆがみを患者さん自身に気づいてもらう
  • 柔軟性とゆとりをもったとらえ方・考え方に変えていく

スポンサーリンク

認知行動療法の進め方(具体例)

認知行動療法の進め方について、次の例で説明します。

間違った学習をなおす行動療法

電車の車内で急にめまいがして息苦しくなり、不安を恐怖を感じた。「電車に乗ったからこうなったんだわ」と思いこんでしまい、「電車にのると息苦しくなる。そうなったらどうにも対処できない」と、不安と恐怖で電車に乗れなくなった人の場合。

これは、「息苦しくなったのはそのシーンや場所が原因だ」と考え、そのシーンや場所自体に恐怖や不安を感じるケースです。パニック障害もこのケースにとても近いですね。

この場合、認知行動療法をどう進めていくかというと・・・

「電車に乗ると息苦しくなる」 という場合の認知行動療法の進め方

  • 面接や心理テストで、認知のゆがみを把握する
  • 電車自体が原因なのか。仕事が忙しい、疲れがたまっている、体調が悪いなど他の原因はないか、を患者さん自身が考えられるように話し合う
  • 患者さんに理解してもらった上で、電車に1駅だけ乗ってもらう(医師やカウンセラーが一緒に乗ることもあります)
  • 問題が起きていないことを確認しながら、徐々に電車に乗る距離を延ばす
  • 患者さん自身の体験として、「認知のゆがみ」があったこと、つまり「電車が原因ではなかったこと」を確認してもらう

このような進め方で認知行動療法をおこなって「認知のゆがみ」を修正し、とらえ方・考え方の選択肢を増やして、心にゆとりのある生活をできるようにすることが、認知行動療法の目標です。

認知行動療法は症状の改善が患者さんにはっきりわかる

認知行動療法では、症状が改善していくことが患者自身にはっきりわかります。

先ほどの例であれば、「昨日は1駅だったのに、今日は3駅乗れた。」、「今日は30分も乗ったのに大丈夫だった」と、改善の度合いがはっきりとわかります。「息苦しさと電車はなんの関係もなかったんだ」と身をもって実感できるので、自分のとらえ方が間違っていたことに気づくことができます

そしてこれからの物事のとらえ方においても「他にとらえ方はないかな」とほかの選択肢を考えるゆとりが生まれてくるのです。

自律神経を整える方法(食べ物・入浴法・眠り方・運動など)>>

スポンサーリンク

▼関連記事