自律神経失調症の検査

自律神経失調症の検査

自律神経失調症の検査

トップ > 自律神経失調症の検査

自律神経失調症の検査

自律神経失調症の検査はさまざまな角度からおこなわれます。それは、自律神経失調症の概念があいまいであることと、症状は似ていても「他の病気」が潜んでいることもあるから、なのです。

検査において、次の3点に該当する場合は、自律神経失調症とみなされています。

  • 全身の倦怠感やめまいなどの不定愁訴がある
  • 器質的疾患(病変)や精神障害がない
  • 自律神経機能検査で異常がみとめられる

では実際に、どのような検査がおこなわれるのでしょうか。

検査は、(1)医師との面接、(2)除外診断、(3)自律神経機能検査、(4)心理テスト、の4種類がおこなわれます。

このページでは、この4つの検査の内容について簡単に紹介します。

1.医師との面接

診断が難しいだけに、医師との面接では、病歴、症状の変化、今までの経過、普段の生活の様子、仕事や家庭や人間関係など、生活環境を詳しく伝えることが大切。

医師との面接

一般的には、質問シートに記入したあとに医師との面接がおこなわれます。面接で聞かれることは、症状が現れはじめた時期、きっかけ、過去の病歴、普段の生活の様子、人間関係、性格、自覚症状などです。

なお、自分では自覚していないものがストレスとなっている場合があります。なぜなら、ストレスは「イヤなこと」「つらいこと」だけではないからです。「希望の部署に異動になってやる気満々で頑張っていること」もストレスです。いいことかイヤなことかに関わらず、体や心の刺激はすべてストレスなのです。

ですので、特に、症状が現われはじめた頃の生活環境については、ささいなことでも医師との面接においてくわしく話すことが大切です。

医師との面接 くわしくは >>

2.除外診断

除外診断とは、自律神経失調症と思われる症状の中に、ほかの病気が隠れていないかを検査するものです。たとえば、全身の倦怠感や動悸、めまいなどは、内臓系の病気や精神的疾患が原因で、起こることもあります。

除外診断では、症状に応じて、心電図、脳波、レントゲン、超音波、MRI、CTスキャンなどの検査によって、他の重大な病気が隠れていないかを調べます。

除外診断 くわしくは >>

スポンサーリンク

3.自律神経機能検査

自律神経機能検査とは、自律神経そのもののはたらきを調べる検査のこと。ただし、自律神経機能検査でかならず異常が見つかるとは限らないので、その場合は、(4)心理テスト などで総合的に判断します。

自律神経機能検査には・・・

  • 安静にした状態から立ち上がって血圧の変化を調べる「シェロング起立試験」
  • 体の表面に自然におこるこまかい振動を調べる「マイクロバイブレーション」
  • 横になった状態と立った状態とで調べた心電図を比較する「立位心電図」
  • 心拍変動検査
  • 皮膚紋画症
  • 鳥肌反応検査

などいくつか種類があり、その人の症状にあわせておこなわれます。

自律神経機能検査 くわしくは >>

4.心理テスト

自律神経失調症の多くは、心理的な要因が深くかかわっていますので、その心理的要因を探ることが検査や治療において重要となってきます。

そこで、症状の背景にある「心理的要因」を探るためのものが、心理テストです。

心理テスト

面接や問診が基本ですが、同時に質問表に記入してもらうケースがほとんど。質問表には、体の状態だけでなく、心理状態についても記入します。

心理テストには、性格的特性をみるもの、行動特性パターンをみるもの、神経症傾向をみるもの、ストレス耐性をみるもの、などさまざまです。

代表的な心理テストには、体と心の症状を質問表で調べる「東邦メディカルインデックス」、現在かかえているストレスの状態を調べる「ストレスチェックリスト」、ストレスに対する強さ弱さを調べる「ストレス耐性チェックリスト」、などがあります。

心理テスト くわしくは >>

スポンサーリンク

▼関連記事