心理テスト

自律神経失調症の検査

心理テスト

トップ > 自律神経失調症の検査 > 心理テスト

心理テスト - 自律神経失調症の検査(4)

自律神経失調症の検査の流れは、次の4つ。

自律神経失調症の検査

医師との面接除外診断自律神経機能検査心理テスト

では (4)心理テスト についてくわしく説明します。

心理テスト

(2)「除外診断」でほかの病気の有無を調べ、(3)「自律神経機能検査」で自律神経そのものの働きを調べた後は、(4)「心理テスト」で症状の背後にある心理的要因を調べていきます

自律神経失調症の多くは、心理的な要因が深くかかわっています。その心理的要因を探ることが、診断や治療において重要となってきます。

心理テスト

基本は面接や問診ですが、同時に質問表に記入してもらうケースがほとんどです。質問表には、体の状態だけでなく心理状態についても記入します。

心理テストには、性格的特性をみるもの、行動特性パターンをみるもの、神経症傾向をみるもの、ストレス耐性をみるもの、などさまざまなものがあります。

では、心理テストについて紹介していきます。

東邦メディカルインデックス(体と心の症状を調べる心理テスト)

東邦メディカルインデックスとは、心と体の症状からチェックする心理テストです。

体の症状についての43の質問と、精神的な症状についての51の質問によって、自律神経失調症のタイプを調べていく心理テストです。

ストレス・チェックリスト(ストレス状態を調べる心理テスト)

現在のストレス状態がどの程度かをチェックする心理テストです。

ストレス耐性チェックリスト(ストレス耐性度を調べる心理テスト)

ストレスに対する強さ、耐える力をチェックする心理テストです。

CMI(心理全般の健康の心理テスト)

CMI(コーネル・メディカルインデックス)は、アメリカのコーネル大学で開発された、心理・性格テスト。全204項目の質問によって、心と体の全般をチェックします。

  • 身体的自覚症状に関する質問 : 132項目(目・耳、呼吸器系、心臓血管系など)
  • 精神的自覚症状に関する質問 : 51項目(不適応、不安、緊張など)
  • 既往症についての質問 : 15項目
  • 行動や習慣に関する質問 : 6項目

もともとは神経症の傾向をみるために開発されたものですが、自律神経失調症の診断にもよく用いられます。

心の質問だけでなく、体の質問も含まれる「心身全般」のチェックなので、心理テストに抵抗のある人にも受けいられやすくなっています。

Y-G性格検査(ストレス耐性や性格傾向)

Y-G性格検査(矢田部・ギルフォード性格検査)とは、アメリカのギルフォード博士らが作成した性格テストを、矢田部氏らが日本人向けに改定したもの。

社会適応性、性格安定度、活動性、社会的な外向性・内向性などを調べることで、社会的ストレスに対しての強さや性格の傾向を知るための検査です。

MAS(不安や恐怖の程度を調べる)

MAS(顕在性不安尺度)は、日常生活の中で不安や恐怖をどの程度感じるかを調べる検査。

簡単に不安状態を調べることができるので、神経症型自律神経失調症かどうか、このテストでわかる場合があります。

INV(気質を調べる心理テスト)

INVとは、クレッチマーの精神学的性格分類を基に考案された検査。循環気質、分裂気質、粘着気質、神経質、ヒステリー気質などを調べます。

これらの要素の多い人は、自律神経失調症になりやすいといわれています。

MMPI(人格傾向を調べる心理テスト)

MMPI(ミネソタ多面的性格検査)はミネソタ大学で開発されたテスト。心気傾向、抑うつ傾向、ヒステリー傾向があるかどうか、社会的か非社会的か、男性度・女性度などを調べて、多面的に人格を判断するテストです。

エゴグラム(エゴ(自我)の状態を調べる心理テスト)

交流分析を基にした心理テストで、対人交流パターンを調べることによって自我の状態を知るもの。

人間の心の中には、

  • 批判的な親
  • 養育的な親
  • 大人
  • 自由奔放な子供
  • 順応した子供

の5つの面があると考えて、その中のどのパターンをとる傾向が強いのか、を調べることで生き方に対する態度を判断するものです。

スポンサーリンク

▼関連記事