吐き気 嘔吐

症状

吐き気や嘔吐

トップ > 症状 > 吐き気や嘔吐

吐き気や嘔吐の症状、原因、対処法について

吐き気や嘔吐も自律神経の乱れからくるおもな症状のひとつです。もちろん、過敏性腸症候群などの胃腸の病気や、逆流性食道炎などが原因で吐き気や嘔吐の症状が出ることもあります。

ただ、検査をしても特に異常が見つからないようなら、自律神経の乱れが原因の吐き気や嘔吐である可能性が高いのではないでしょうか。

では具体的に、どんな症状なの? 原因はなに? 解消法は? などについて、わかりやすくご紹介します。原因のわからない吐き気や嘔吐に悩まされている方の参考になればうれしいです。

スポンサーリンク

【目次】

症状は?

風邪など引いているわけではないのに、ひんぱんに嘔吐をしてしまったり、吐き気が消えないという症状です。

「ここ2、3日調子が悪くて吐き気や嘔吐が・・・」というのなら誰にでもあるでしょう。

食べすぎ飲みすぎでお腹をこわしたり、大事なプレゼンの前で極度に緊張していた、といったことが原因で嘔吐や吐き気を感じることも珍しくありません。体調が戻ったりプレゼンが終われば、じきに症状もおさまります。

しかし、自律神経失調症からくる嘔吐や吐き気の場合は、2、3日で消えるものではありません。自律神経のバランスが整わないかぎりその症状があらわれやすいので、「何ヶ月も続く」ということにもなります。

症状のあらわれかた

吐き気の症状はどのようにあらわれてくるのでしょうか?

  • 苦手な人といるとき(上司・得意先・ご近所さん・ママ友など)
  • 会議やプレゼンの前
  • 会社に向かっているとき(出勤途中)
  • また明日から仕事かぁ、とゆううつになる日曜の夕方

このように、ストレスや緊張が強いタイミングに嘔吐したり吐き気をもよおす傾向があります。

症状があらわれるタイミングがバラバラな人もいれば、毎日決まった時間にあらわれる人も。「なにが原因で症状があらわれているのか?」によって、症状があらわれるタイミングも変わってきます。

嘔吐や吐き気はあるけれど腹痛もなければ便通も異常がない、という場合も多いですが、下痢・便秘・胃痛をともなう場合も珍しくありません。

では次に、具体的になにが原因となっているのか?についてご紹介します

具体的な原因とは?

自律神経からくる吐き気や嘔吐のおもな原因は「ストレス」。現代人は、仕事にも育児にも人間関係にもあらゆるストレスを抱えて生きていますよね。

  • 人間関係が円滑にいっていない
  • 仕事に強いストレスを感じている
  • 育児・家事などで一日中はたらきっぱなしで休むヒマがない
  • 急な転勤や引っ越しによって、まわりとなじむことができない
  • ストレスをためこんでしまい、上手に解消できない

このような、ストレスの多い毎日を過ごしている場合に吐き気の症状があらわれやすくなります。

過度なストレスが吐き気につながる

ストレスを感じると、それに対抗にするために「交感神経」がはたらき始めます。

交感神経が高まれば体は興奮状態になって、ストレスに抵抗する力を持つようになります。このこと自体は悪いことではありません。体を守るメカニズムのひとつです。

問題なのは、ストレスが多すぎるために、交感神経ばかりがはたらきすぎること。

交感神経があまりにはたらきすぎると・・・

  • 血圧が高くなって動悸や息切れがする
  • 心も体もがんばった状態が続いてオーバーヒートしてしまう
  • 眠りたくても寝つけない
  • 便秘や下痢になる
  • 食欲がなくなる
  • 体がいつもガチガチ
  • 疲れがとれない、体がだるくて重たい

といった悪影響を及ぼしてしまいます。

胃や腸などの消化器系は副交感神経が優位のときにはたらきます。逆に、交感神経が優位な時は消化器系がはたらけません。

緊張していたりストレスが強い時に食欲がなくなるのは、胃腸がはたらけないから。同様に、吐き気や嘔吐があらわれるのも同じ理由。ストレスの多い生活によって交感神経が高まりすぎていることが原因で吐き気が起こっているのです。

では次に、ふだんの生活でできる解消法について、お伝えします。

スポンサーリンク

ふだんの生活でできる解消法

吐き気や嘔吐のおおもとの原因は「ストレス」。なので、そのストレスを取り除くのが一番効果的な解消法です。

「苦手な上司が海外出張で今週は会社に来ない」となると吐き気や嘔吐の症状が出なくなったり、「明日からお盆休みで9連休だわ」となると数日は症状があらわれなかったり。

吐き気の一番の原因となっているものが一時的にでもなくなると、症状もあらわれなくなる、ということですね。

しかし苦手な人がすぐにいなくなるわけでもないでしょうし、転職するわけにも、家事や育児を放り出すわけにもいきません。となると効果的な解消法としては・・・

  • ストレス発散(解消)する
  • ストレスで高まった交感神経をしずめる
1)ストレス発散しよう

ストレスをためこむ前に発散することは、当たり前すぎる解消法ではありますが非常に大事なこと。わかってはいるものの、忙しい毎日を送っているために実際にはなかなかストレス発散ができていません。

おもいきり運動して汗を流したり、スポーツ観戦で熱狂したり、仲間とのカラオケで大騒ぎしたり。たまにはお酒を飲んでおもいきり愚痴をこぼし合うのもいい発散方法。

ストレスの多い毎日を過ごしている人は、ため込んでいることにも気づかなくなってしまいます。吐き気や嘔吐をはじめとする体の不調をかかえる前に発散しましょう。

2)ストレスで高まった交感神経をしずめる

ストレスを感じていたり、緊張していたり、集中して仕事をしている時は「交感神経」が高まっています。この状態が続くのは体にとっては大きな負担。体と心を休めて、副交感神経に切りかえるように心がけましょう。

仕事の手を休めて、深呼吸をしたり、体を伸ばしたり、コーヒーや紅茶で一息ついたり。

緊張していなくても集中して仕事をしていると、無意識のうちに猫背になって呼吸も浅くなっています。

背すじを伸ばして深呼吸するだけでも高まった交感神経をリセットすることができます。深呼吸で脳に酸素がたっぷり供給されれば、仕事の能率もアップするでしょう。

また『自分を卑下しない』ということもとても大切。自分を責めてばかりいるとささいなことで落ち込んでしまうので、嘔吐や吐き気を引き起こしてしまいます。

「自分はこれでいい。仕事で怒られるのも仕事のうち。」

と、あなた自身を認めてあげましょう。「こんなこともできないんだ、私」と思う必要はまったくありません。

できないことをやっている、ということは、今まさに成長しようとしている証。いまあなたにできることだけをやっているのなら、叱られることもないですが成長もありません。

仕事で叱られるということは、今あなたが成長しようとしている証拠。落ち込むどころか、自信を持って前に進みましょう。

そのほかにも副交感神経に切りかえる方法はいろいろあります。

ゆったり湯船につかったり、食べ物をひと工夫したり。普段の生活のなかでできることもたくさんあります。嘔吐や吐き気を解消するためにも、副交感神経をはたらかせて心と体を休めてあげてくださいね。

※参考:副交感神経をはたらかせる方法(食べ物・入浴法・眠り方・運動など)>>

スポンサーリンク

▼関連記事