自律神経失調症の症状

自律神経失調症の症状

自律神経失調症の症状

トップ > 症状

自律神経失調症の症状とは

自律神経失調症の症状には、いろいろなものがあります。

微熱が続く、ほてる、多汗、だるい、疲れがとれない、偏頭痛、不眠、動悸、めまい、といった体の症状から、気分が落ち込む、イライラ、やる気が出ない、ゆううつ、などの精神的な症状までいろいろです。

どんな症状があらわれるかは人それぞれ

症状のあらわれ方は千差万別。個人差も大きいのが特徴です。

1つの症状しかあらわれない人もいれば、3つも4つもあらわれる人もいます。同じ症状が長く続く人もいれば、症状が現れたり消えたりをくりかえす人もいます。

また、ある症状が消えたかと思ったら今度は別の症状があらわれたり、といったことも。いろいろなケースがあるのが自律神経失調症の症状の特徴です。

それでは、自律神経失調症のおもな19の症状について紹介します。

症状だけでなく、原因、毎日の生活のなかでできる解消法についても紹介していますので、参考になさってください。

▼自律神経失調症の症状一覧

自律神経を整える方法とは?

自律神経失調症を改善するには、自律神経を整えることが必要。

そこで、食べ物や食事のしかた、お風呂の入り方(お湯の温度・湯船につかる時間・お風呂に入るタイミング)、効果的な運動、睡眠など、普段の生活の中で自律神経を整える方法をいくつか紹介します。

自律神経を整える方法とは?(食べ物・入浴法・眠り方・運動など)>>

▲このページのTOPへ

スポンサーリンク