胃痛

症状

胃痛

トップ > 症状 > 胃痛

胃痛の症状について

自律神経失調症による胃痛の症状

自律神経からくる胃痛は、次のような症状が特徴的です。

  • 緊張している時に、胃がぎゅっと絞られたように痛む
  • 胃痛と同時に胃のむかつきを感じる
  • 食欲がなくなる
  • ストレスから食べ過ぎてしまって胃痛になる

ストレスで胃が痛くなったこと、ありませんか?自律神経失調症のおおもとの原因もストレス。胃痛の症状があらわれるのも納得できるでしょう。

なお、逆流性食道炎などの慢性的な問題に頭を悩ませている方もいます。

胃痛が起こる原因とは?

胃痛の原因として挙げることできるのが、

『副交感神経が弱っている』

ということです。

自律神経は、体の中のあらゆる臓器のはたらきをコントロールしています。食べたものを分解吸収したり、老廃物を排出したり。血液を流したり、血管を広げたり、寝ている時も呼吸したり。

頭で意識してもできないことはすべて、自律神経が担当しています。

胃痛の原因はバランスの乱れ

交感神経と副交感神経という正反対のはたらきをしている2つから成り立っていて、バランスよくはたらきながら健康を維持しています。

胃腸がしっかりはたらけるのは、副交感神経が優位な時。この時、食べ物の分解・吸収、老廃物や疲労物質の排出などがスムーズにおこなわれます。

しかしストレスの多い生活では副交感神経が弱ってしまいます。すると、胃腸のはたらきは鈍くなって胃酸のバランスがうまく取れなくなり、胃痛が起こるのです。

胃痛だけでなくほかの症状も

胃腸のはたらきがどんどん弱くなってしまうので、胃痛だけでなく、食欲不振、食べ過ぎ、便秘、下痢、といった症状を引き起こしてしまいます。

ちなみに食べ過ぎの原因も、「胃を動かすことで副交感神経を優位にして、ガチガチな体をほぐそう」 というメカニズムのひとつ。

副交感神経は、胃の管理など消化器系をまかされている神経。なので、食べ物が胃に入ってくると、それを消化するための胃酸を出したりとはたらかざるを得なくなります。

胃になにかが入ってくるとおのずと副交感神経がはたらく、ということですね。

ストレスがたまると、「あー甘いものが食べたーい!」、「飲みにいこうよー!」ってなりますよね? 無意識のうちに「副交感神経をはたらかせる行動をとっている」ということなのでしょう。

では、胃痛を改善する方法についてお伝えします。

スポンサーリンク

改善するには具体的にどうしたら?

胃痛を改善するには、食べ物に気をつける、お風呂で体をほぐす、しっかり眠る、といったことに気をつけましょう。

食べ物に気をつける

胃をなるべく刺激しない調理方法を選びましょう。

弱った胃に追いうちをかけるように脂っこいものや消化に悪い料理を食べてしまうと、ただでさえ弱っている副交感神経がますます消耗してしまいます。できるだけ胃の負担にならない料理を選ぶようにしましょう。

しっかり眠る

胃痛の回復だけでなく内臓の回復をうながすのに最も効果的なのは、『たっぷりと睡眠をとること』

睡眠中は1日のなかでもっとも副交感神経が活性化する時間。筋肉の緊張がゆるんで血流が良くなり、酸素や栄養素などが全身にいきわたって回復が進みます。「体の夜間集中工事」ですね。

副交感神経がはたらけば胃や腸も元気になってくるので、胃痛もやわらいでくることでしょう。そこで・・・

眠りを深くする工夫

寝つきが悪い、眠りが浅い、と感じることはありませんか?

胃痛を感じている人はストレスの多い生活をしている傾向がありますので、不眠も感じているケースが珍しくありません。

寝る前にはゆったりと湯船につかったり、心地よいと感じる音楽を聴いたり、波の音などの自然音CDを聴いたり、ホットミルクを飲んだり。軽くストレッチをしたり、自分で自分の体をもみほぐすのも効果的。体がほぐれると副交感神経に切りかわりやすくなります。

マッサージされて、トローンと眠たくなった経験はありませんか?これは、かたく緊張していた筋肉がもみほぐされて副交感神経に切りかわった証拠。体をほぐすことは非常に効果的な方法なのです。

自律神経の乱れからくる胃痛の原因はストレス。胃には原因はありません。

ストレスをなくすことは難しいでしょうから、ストレスでかたく緊張した体をしっかりとほぐして、体も心もリラックスさせてあげましょう。

【ご参考】 しっかりほぐれてラクラク♪ 簡単な方法とは? >>

スポンサーリンク

▼関連記事