残尿感 原因

症状

残尿感

トップ > 症状 > 残尿感、頻尿

残尿感・頻尿の症状・原因・対処法

残尿感や頻尿も、自律神経の乱れから起こることがあります。その症状、原因、対処法について紹介します。

残尿感・頻尿の症状

残尿感を感じる方は年齢とともに増えています。水分を取りすぎているわけでもないのにトイレに頻繁に行く、または、尿が出にくい、残尿感がある、といった残尿感や頻尿の症状を感じることがあります。

残尿感や頻尿は、膀胱炎などの感染症が原因となって起こることもあります。ただ、検査で異常が見つからない場合は自律神経の乱れが原因ではないでしょうか。

この場合は、

  • 緊張している時
  • ストレスを感じている時
  • 不安・恐怖を感じている時

などのタイミングに頻尿の症状があらわれて、トイレが近くなることが多いようです。

逆に、好きなことに集中している時や眠っている間などは、頻尿も残尿感もあらわれにくい傾向があります。

残尿感や頻尿の原因

自律神経からくる残尿感・頻尿は、さまざまなストレスが原因です。

画像

自律神経は、正反対のはたらきをする2つの神経から成り立っています。その2つが交互にバランスよくはたらくことで私たちの体が健康でいられるようにできているのです。

交感神経がはたらいている時は膀胱が小さくなり、副交感神経がはたらいている時は膀胱は大きくなります。

緊張やストレス → 交感神経が優位になる → 膀胱が小さくなる → 尿をためておけない → 尿意を感じる。

緊張するとトイレが近くなるのがこの状態ですね。

逆に、眠っている時は副交感神経なので膀胱が広がっています。尿をたくさんためることができて、朝まで何度もトイレに起きなくても大丈夫になっています。

残尿感や頻尿の対処法

残尿感や頻尿の原因が、ストレスによる交感神経のはたらき。リラックスの副交感神経をはたらかせることが大切です。

そこで、食べ物、お風呂の入り方(お湯の温度・湯船につかる時間・いつお風呂に入るのがいいか)、効果的な運動、眠りを深くする方法など、普段の生活の中で副交感神経をはたらかせる(=自律神経を整える)方法をいくつか紹介します。参考になさってください。

自律神経を整える方法(食べ物・入浴法・眠り方・運動など)>>

スポンサーリンク

▼関連記事