ひどい肩こり 原因 解消法

症状

ひどい肩こり

トップ > 症状 > ひどい肩こりの原因と解消法

ひどい肩こりの症状・原因・解消法について

ひどい肩こりの症状とは?

肩こりはいろいろなことが原因となって起こります。その原因も1つとは限らず、いろんな原因が重なってひどい肩こりとなってあらわれています。

ここでは、自律神経の乱れがおもな原因となっている肩こりの症状を紹介します。

  • 寝違えたように肩から首が痛い
  • 首から背中にかけてパンパンに張ったように肩がこる
  • 肩も背中もガチガチにかたまっている
  • 背中が鉄板のように固くて重たい
  • 頭痛やめまいを感じることが多い
  • 肩や背中が痛くて夜中に起きてしまう
  • ぐっすり眠れず、疲れがとれずに朝から体が重たい

自律神経からくるひどい肩こりは、首、肩、背中がガチガチに固くなっています。肩こりがひどいと次第に痛みに変わり、首から肩から背中にかけて痛むようになることもあります。

肩こり以外の症状もあわられるケースが多い

また、ひどい肩こり以外にも不調を感じる傾向があります。

血流が悪いために緊張型頭痛が起こる、めまいや耳鳴りがする、一日じゅう体が重たい、疲れがなかなかとれない、寝つきが悪い、ぐっすり眠れない、便秘、下痢、微熱が続く・・・。

ひどい肩こりの原因が肩にあるわけではなく、ストレスからくる自律神経の乱れが原因なので、このような症状もあらわれる傾向があるのです。

では、「具体的にどんな原因で肩こりになるの?」、「どんな解消法があるの?」についてお伝えします。

ひどい肩こりの原因について

肩こりの原因は1つとは限りません。枕さえ変えれば肩こりが治るものでも、シップさえ貼れば治るものでもないでしょう。

おもな原因をいくつか挙げてみると・・・

  • 同じ姿勢でいる時間が長い(デスクワーク、勉強など)
  • 姿勢が悪い
  • 骨格の問題(ストレートネックなど)
  • 運動不足
  • 目の疲れ
  • 精神的なストレス
  • 自律神経の乱れ

「デスクワークをしています。上司との関係がとてもストレス。普段あまり運動をしていません。」

このようにいくつもの原因がかさなって、ひどい肩こりを感じるようになるケースがほとんどです。なかでも増えているのが、自律神経の乱れがおもな原因となっている肩こり

そこで、どのように自律神経が乱れてひどい肩こりとなるのか、そのメカニズムをわかりやすくお伝えします。

自律神経の乱れがおもな原因

わたしたちの健康状態を維持しているのが自律神経。

日中の活動をつかさどる「交感神経」と、睡眠中の体の回復をつかさどる「副交感神経」の2つが、正反対のはたらきをバランスよくおこなうことで、いつも健康でいられるようになっています。

この2つのバランスが良いときはいいのですが・・・

ストレスの多い現代人。長距離通勤、仕事のプレッシャー、職場やママ友との人間関係、子供の心配、介護の不安など、キリがありません。

このストレスの多い生活が、交感神経ばかりをはたらかせてしまって、体を回復するための副交感神経がじゅうぶんにはたらけなくなっているのです。

肩こりの原因は自律神経の乱れ

ストレスをうけると、交感神経が優位になります。

交感神経が優位になると、全身の筋肉がかたく緊張します。血管はギューッと収縮して(縮んで)血流が悪くなり、首周辺から背中周辺の筋肉がこわばって、いわゆる“肩こり”と呼ばれる状態になるのです。

ストレスがひどい肩こりのおおもとの原因

適度のストレスであれば肩こりもすぐに消えるでしょう。しかしあまりにもストレスが多いと、眠っている間でさえ交感神経がはたらいてしまうので、慢性的に筋肉が固くなって、ひどい肩こりになってしまいます。

そんなひどい肩こりを解消する方法についてお伝えします。

スポンサーリンク

ひどい肩こりの解消法

お伝えしている通り、自律神経からくるひどい肩こりの原因は肩にはありません。ストレスによって、交感神経ばかりがはたらいてしまって、全身に筋肉がガチガチに固くなってしまっていることが原因です。

ですので、ひどい肩こりを解消するには、

  • おおもとの原因であるストレスを減らす
  • 副交感神経をしっかりとはたらかせる
  • 固くなった全身の筋肉をほぐす

といったことが必要。とはいえ・・・

ストレスを減らすのは簡単ではありません。今日で会社を辞めることも、苦手なママ友と縁を切ることも、難しいですよね?

副交感神経をはたらかせることも、意識してできるものではありません。「エイッ!」と血管を広げることも、血行をよくすることも、意識してできるものでもないですよね?

でも、筋肉をほぐすことならできます。

マッサージをしてもらって、気持ちよくなってトローンと眠たくなった経験、ありませんか?

これこそまさに副交感神経に切りかわった証拠。交感神経になると筋肉が固くなる。反対に、筋肉をほぐせば副交感神経に切りかわる、ということですね。

筋肉をほぐしてひどい肩こりを解消

筋肉をほぐすことは、ひどい肩こりに限らずさまざまな不調を解消するためにもっとも大切なポイント。そこで・・・

筋肉をほぐすいろんな方法

ふだんの生活のなかで筋肉をほぐすいろんな方法を紹介します。

1.お風呂

湯船にゆったりつかれば、全身の筋肉がじんわりとほぐれてきます。体温もあがって体内酵素も活性化。血行もよくなって体の回復が進みます。

体温プラス4℃くらいのお湯の温度が目安ですが、ご自身が気持ちいいと感じる温度がベスト。無理な長湯は逆効果。お湯の温度も湯船につかる時間も「気持ちのいい」と感じる程度がもっとも効果的です。

2.軽い運動

肩こりなどの筋肉が固くなる原因は、

  • 筋肉の使いすぎ(筋肉疲労)
  • 筋肉の使わなすぎ(硬直)
  • ストレス

現代人に多いのは、1 ではなく、2 と 3 。ほどよく体を動かせば、筋肉もほぐれてくるでしょう。

肩のまわりの筋肉を動かすことももちろんですが、やはり全身を動かすことが一番。ウォーキングやジョギングや水泳がおすすめです。

わざわざ時間を作らなくても、エスカレーターのかわりに階段を使ったり、バスに乗らずに歩いてみたり、歯みがきしながらかかとを上げ下げしたり、できることから始めましょう。

3.ストレッチ

本格的なストレッチでなくてもOK!仕事や家事の合い間に伸びをしたり、首をまわしたり、腕を伸ばしたり、テレビを見ながら腰を伸ばしたり。2、3分のストレッチでもこまめにおこなえば、肩こりもほぐれてきます。

精神的なストレスは、筋膜(筋肉をおおっている膜)にたまるとか。ストレスがたまってるなあぁ、と感じた時などはしっかりと筋肉を伸ばしてみましょう。

4.マッサージ

筋肉をほぐす方法といえば、やはりマッサージ。ダイレクトに効果を発揮してくれます。

とはいえ、頻繁にマッサージや整体に通うにはお金も時間もかかります。そこで、自分で自分の体をマッサージしてあげましょう。

肩や首、腕から手のひら、太ももやふくらはぎをもんであげましょう。事務仕事の人は肩こりだけでなく腕もこっていますし、主婦の人は足がお疲れでしょう。1分2分もむだけでも、ジワーッと気持ちがいいもの。乳酸も分解されて、疲れも軽くなります。

ほかにも、自分でしっかりとほぐす方法もあります。かんたんに、時間もかけずにできるので、ご参考になればうれしいです。

【ご参考】 しっかりほぐれてラクラク♪ 簡単な方法とは? >>

スポンサーリンク

▼関連記事