心身症

自律神経失調症と似ている病気

心身症

トップ > 自律神経失調症と似ている病気 > 心身症

心身症と自律神経失調症の違いとは?

内科にかかる患者さんの30%から40%は、精神的なストレスが原因で体に症状があらわれています。中でも自律神経失調症の患者さんが多く、若年化の傾向があります。

ストレスが原因で体に症状があらわれると、「心身症ではないだろうか?」と思う人も多いようなので、自律神経失調症と心身症の違いについてお伝えします。

スポンサーリンク

【目次】

症状のあらわれる場所の違いとは?

心身症・・・特定の器官に症状が集中します。(例:十二指腸かいようになった。頭痛が頻繁に起きるようになった。など)

自律神経失調症・・・いろんな器官に症状があらわれます。(例:頭痛がして、便秘や下痢気味で、運動していないのに動悸や汗が出る。など)

症状のあらわれ方の違いとは?

心身症・・・明らかに体に症状があらわれます。(例:十二指腸かいようになった。胃かいようになった。など)

自律神経失調症・・・明らかな体の疾患がなく症状が不安定。症状があらわれれたり消えたりします。(例:ぐっすり眠れない、疲れやすい、体がだるい、なんとなく不安。など。)

原因の違いとは?

心身症・・・精神的ストレス(心因)が原因で起きます。

自律神経失調症・・・精神的ストレス(心因)が原因でも発症しますが、その他の原因でも発症します。

例えば、不規則な食生活、睡眠不足、運動不足、多忙な仕事による慢性疲労、長時間のパソコンやテレビ、シャワー、蛍光灯のあかり、などの生活習慣や、体のゆがみによる筋肉の緊張(血液・リンパ液・神経伝達が流れにくい)などが原因で自律神経失調症になることがあります。

 

以上の3点が、心身症と自律神経失調症の大きな違いです。

なお、同じ「胃かいよう」でも、「心身症(精神的ストレスが原因)でなった胃かいよう」や「物理的な原因(食事のバランスや暴飲暴食など)でなった胃かいよう」など原因は分かれますので、一概に判断はできません。

スポンサーリンク

▼関連記事