メニエール病 原因

自律神経失調症と似ている病気

メニエール病

トップ > 自律神経失調症と似ている病気 > メニエール病

メニエール病とは? 原因と症状について

メニエール病とは、めまいや吐き気がくりかえし起こる病気。耳鳴りや難聴などの症状をともなうことが多くあります。

この症状は、数分でおさまることもあれば数時間続くこともあります。また、メニエール病の症状が1回起こっただけで起こらなくなる人もいれば、長い期間にわたって何度も症状がくりかえしあらわれる人もいます。

メニエール病の特徴はこちら。

  • 30~50歳代の働きざかりの人に起こりやすい
  • 女性よりも男性に多い
  • 高齢の方にはあまり起こらない
  • 症状をくりかえすと、耳鳴りが残ったり、難聴が進むこともある

そんなメニエール病の症状、原因、解消法についてお伝えします。

スポンサーリンク

【目次】

メニエール病の症状

メニエール病の症状は、突然、体や周囲がぐるぐるまわるような回転性めまいが起こり、めまいと同時に、耳鳴り、耳の閉塞感、難聴が起こります

めまいも数分でおさまらずに、少なくとも数十分、長いと数時間も続きます。耳鳴りや難聴をともなった回転性めまいをくりかえすのがメニエール病の特徴です。

めまいがおさまれば耳鳴りや難聴も軽くなっていきます。ただ、めまいを何度もくりかえすうちに、めまいがおさまっても耳鳴りや難聴がおさまらないようになっていくこともあります。

では次に、メニエール病の原因についてお伝えします。

▲このページのTOPへ

メニエール病の原因

メニエール病の原因は、ストレスなどによる耳の内耳のバランスの乱れ。

耳の内耳は「骨」と「膜」の二重構造。膜の内側はリンパ液(内リンパ液)で満たされています。

しかし、ストレスなどの影響でリンパ液の調整がうまくいかなくなると、内リンパ水腫をつくって神経を圧迫してしまうので、めまい、耳鳴り、難聴といった、メニエール病の症状があらわれてくるのです。

ストレスが原因となって症状があらわれるのがメニエール。

  • 仕事や人間関係などでストレスの多い毎日を過ごしている
  • 責任感が強い
  • 働きすぎる、がんばりすぎる
  • 仕事での責任やプレッシャーが強い
  • ささいなことでも思い悩んでしまう
  • 自分を責めてしまいがちである

といった人にかかりやすい傾向があります。では、ふだんの生活の中でできる解消法をご紹介します。

スポンサーリンク

▲このページのTOPへ

メニエール病の解消法

精神的ストレス・身体的ストレスが原因となって起こるメニエール病。解消法としてもっとも大切なことは、(1)ストレスを減らすこと、(2)ストレスで固くなった筋肉をほぐすこと。

おおもとの原因であるストレスを減らすことはとても大切。また、ストレスを受けると自律神経が乱れて、全身の筋肉がかたく緊張します。この筋肉の緊張状態は体の負担(ストレス)となってさらに自律神経が乱れて・・・という悪循環にもおちいってしまいます。

精神面での解消法
  • ストレスを受けないようにする
  • ストレスをためないようにする
  • 心からリラックスできる時間を増やす
  • 完璧主義や自分でかかえこむことをしない
  • 些細なことは気にしない
  • 人からどう思われるかは気にしない
体の面での解消法
  • 朝起きたら、日光を直接あびる(体内時計が整います)
  • なるべく決まった時間に3回食事をとる
  • 少しでも早寝早起きをする
  • 深呼吸をする(ゆっくりと息を吐く)
  • シャワーではなくお風呂にゆったりとつかる
  • マッサージなどでこまめに体(筋肉)をほぐす
  • ストレッチや軽い運動で、普段使っていない筋肉をほぐす

ストレスを減らすことは簡単ではありませんよね? せめてストレスをためる前に、発散するように心がけましょう。

また、ストレスで乱れた自律神経を整えることも大切。そこで、食べ物、お風呂の入り方、運動、かんたん呼吸法、眠りを深くする方法など、普段の生活で自律神経を整える方法をいくつか紹介します。

自律神経を整える方法(食べ物・入浴法・眠り方・運動など)>>

スポンサーリンク

▼関連記事