膀胱神経症 症状 原因

自律神経失調症と似ている病気

膀胱神経症

トップ > 自律神経失調症と似ている病気 > 膀胱神経症

膀胱神経症とは? 症状と原因について

膀胱神経症とはどのような病気でしょうか?

膀胱神経症の症状、原因、対処法についてお伝えします。

膀胱神経症とは?

膀胱神経症とは、頻尿、残尿感、下腹部の不快感など、はっきりと自覚症状があるのに、検査をしても腎臓や膀胱などに異常がみられない症状の病気です。

特に更年期女性に多く見られる傾向があり、膀胱炎と似た症状があらわれます。

何かに熱中している時や夜眠っている時などは、尿意は気になりません。逆に、尿意を気にしたり、意識すれば意識するほど我慢できない傾向があります。

膀胱神経症の症状

膀胱神経症の症状としては、頻尿、疼痛(痛み)、尿意切迫感(尿意を感じると我慢ができない)が主なもの。

疼痛(痛み)は、膀胱におしっこがたまっている時に痛みを感じることが多いです。痛む場所も、膀胱、骨盤のまわり、下腹部、 ふともも、膣、外陰部、と個人差があります。

性交時や飲食物(コーヒー、紅茶、アルコール、たばこなど)によって症状が悪化したり、女性においては月経時に症状が悪化することもあります。

膀胱神経症の症状は、強くなったり弱くなったり、消えたと思ったらまた現れたり、と変化する傾向があります。

膀胱神経症の原因

膀胱神経症の原因は、精神的・心理的なものが多いようです。

不安やストレスが多いと交感神経が刺激されて、自律神経のバランスが乱れます。

吸収・排泄は自律神経がつかさどっていますが、ストレスによって交感神経が刺激されると、膀胱が小さくなるので十分に尿をためておくことができず、頻尿やひいては残尿感を感じます。

そしてさらに、この症状のことが気になってしまって、その不安がさらに交感神経を刺激して、と悪循環になります。

睡眠中に尿意をもよおさないでいられるのは「眠っていてこの症状のことを意識していないから」と言えるでしょう。

膀胱神経症の改善

膀胱神経症の改善には、交感神経をおさえて副交感神経を優位にすること(自律神経を整えること)が大切

副交感神経が優位になれば、膀胱も広がって頻尿もやわらいできます。体だけでなく精神的にもリラックスできて、不安やストレスもやわらぎます。

そこで、普段の生活の中で副交感神経を優位にする(自律神経を整える)方法を紹介します。

自律神経を整える方法(食べ物・入浴法・眠り方・運動など)>>

スポンサーリンク

▼関連記事