コリン性蕁麻疹

自律神経失調症と似ている病気

コリン性蕁麻疹

トップ > 自律神経失調症と似ている病気 > コリン性蕁麻疹

コリン性蕁麻疹の原因・症状・対処法について

コリン性蕁麻疹とは、汗のかき始めなどに症状が出るじんましんのこと。

コリン性蕁麻疹

10代から30代に多く見られる症状で、交感神経から分泌される「アセチルコリン」という物質がおもな原因と考えられています。

汗によって発疹やかゆみが出ることが多いのですが、汗以外にも、運動、暑さ、寒さ、緊張、精神的ストレス、といったような交感神経を緊張させるようなことが原因となって、症状が出ることがあります。

では、コリン性蕁麻疹の症状、具体的な原因、対処法についてわかりやすくお伝えします。

スポンサーリンク

【目次】

コリン性蕁麻疹の症状

コリン性蕁麻疹は、交感神経と関係の深い「発汗」によって起きるもの。特に次のようなタイミングで症状があらわれます。

運動や入浴
  • 運動や入浴で体が温まった時
  • 熱いもの、からいものを食べた時
  • スパイスの強い料理を食べた時
  • お酒を飲んだ時
  • ビックリしたり情緒不安定な時
  • 精神的にストレスを感じている時

少しでも汗が肌ににじみ出るたびに、発疹やかゆみが出ます。出やすい人は、散歩などの少し体が温まっただけでかゆみやピリピリした痛みを感じることもあります。

発疹の大きさは1ミリから3ミリくらいの小さいもの。発疹やかゆみは全身にあらわれますが、特に腕に出やすく手に出ないのも特徴。

その他にも時には、腹痛、下痢、低血圧などをともなうこともあります。症状は数分から30分で、長くても数時間で消えます。

コリン性蕁麻疹の原因

コリン性蕁麻疹は、交感神経の末端の汗腺(汗を分泌する場所)から分泌される「アセチルコリン」という物質が原因とされています。

刺激の強い飲食物、急激な温度の変化、疲れ、運動不足などの体のストレスや、緊張、不安、仕事のプレッシャーや人間関係などの精神的ストレスによって、交感神経が刺激されることが原因と考えられています。

心身ともに弱っているときに起きやすい傾向があります。

では次に、普段の生活でできる対処法についてお伝えします。

スポンサーリンク

コリン性蕁麻疹の対処法

コリン性蕁麻疹の原因は「発汗」ということなので・・・

  • 体を温めないようにする
  • 直射日光の下で活動しない
  • なるべく薄着にする
  • 汗をかいたらすぐに拭く
  • お風呂はぬるめの温度にする
  • 熱いものやスパイスの強い食べ物は避ける
  • 精神的ストレスを受けないようにする
  • 生活のリズムを整えてストレスに強い体にする

といったことに気をつけて生活してはいかがでしょうか。

もちろん医師にかかって薬や漢方薬を出してもらうのもよいでしょう。薬には強い弱いがありますし、自分に合う合わないもありますので、医師と相談しながら薬での療法をすすめましょう。

必ず治るといわれるコリン性蕁麻疹

コリン性蕁麻疹は医師と一緒に

コリン性蕁麻疹は「かならず治る」と言われています。半年か5年か10年かは個人差がありますが、遅くとも30代を過ぎると治る傾向が高いようです。

いまはとてもつらいでしょうが、毎日の生活の中で汗をかかないように工夫しながら自律神経をきたえて、そして医師とも相談しながらいろいろな療法を組み合わせて乗り越えてください。

スポンサーリンク

▼関連記事