偏頭痛 自律神経

自律神経失調症と似ている病気

偏頭痛

トップ > 自律神経失調症と似ている病気 > 偏頭痛

偏頭痛と自律神経との関係とは?

偏頭痛はいろいろなものが原因となって起こります。自律神経の乱れもその原因のなかのひとつ。そこで、自律神経の乱れからくる偏頭痛の原因、症状、対処法についてくわしくお伝えします。

スポンサーリンク

【目次】

偏頭痛の症状

自律神経の乱れからくる偏頭痛は、文字通り、頭の片側からこめかみにかけてズキンズキンと脈打つような痛みを感じることが多いのです。ただ、頭の両側が痛むこともあり、痛みがピークの時は吐き気や嘔吐の症状をともなうこともあります。

また、光や音に対して敏感になることもあり、いつもより光がまぶしく感じたり、音がうるさく感じることもあります。

月に2回から3回症状があらわれる人もいれば、週に2回から3回程度の人もいます。

ちなみに、10代から20代のころに最初に症状があらわれ、その後「偏頭痛もち」と呼ばれる状態へと移っていきます。女性に多くあらわれる傾向があり、成人の約8%もの人が「偏頭痛もち」であると言われています。

▲このページのTOPへ

偏頭痛の原因

偏頭痛の原因は、脳の中やまわりの血管が縮んだ後に広がりすぎること。

例えば、大変な仕事に取り組んでいる時や不安や緊張を抱えている時は、それがストレスとなって交感神経が緊張するので、血管は収縮して(ちぢんで)います。そして、大変な仕事が終わった瞬間や不安や緊張から解放されて「ホッ」としたとたんに、一気に副交感神経に切りかわって血管が広がって偏頭痛が起きる、というケースが多いようです。

実際に「平日はなんともないのに、休日になると偏頭痛が起きる」という人も少なくありません。

では次に、ふだんの生活でできる対処法について、お伝えします。

スポンサーリンク

▲このページのTOPへ

偏頭痛の対処法

副交感神経になって血管が拡張する(広がる)ことが悪いのではなく、普段からストレスや緊張が強くて、交感神経がはたらきすぎていることが原因。仕事のノルマ、プレッシャー、人間関係、通勤、不規則な食生活、睡眠不足など、精神的ストレスや身体的ストレスが多く、交感神経ばかりはたらく生活が原因なのでしょう。

偏頭痛の原因はストレス過多な生活

偏頭痛の明確な対処法はありませんが、交感神経をおさえて、副交感神経(休息・回復・リラックス)をはたらかせることはひとつの大切な対処法。とはいえ、副交感神経をはたらかせたいと思っても意識してできるものではありません。

でも、マッサージをされて眠たくなった経験、ありますよね?体がほぐれたから眠たくなるのですが、眠たくなるのは副交感神経が活性化した証拠。つまり、体をほぐせば副交感神経にきりかわって体の回復が進むのです。自律神経は自分の意識では動かせませんが、体をほぐすことはできます。普段の生活で体をほぐすよう心がけるのも、偏頭痛の大切な対処法の1つです。そこで・・・

自分で体を深くほぐしましょう

マッサージや整体に通うのも効果的ですが、毎日通えるものではありません。ふだんの生活の中で自分でできることを続けるのが一番ではないでしょうか。

ふだんの生活で体をほぐすといえば、お風呂。熱すぎない温度の湯船にゆったりとつかれば、じんわりと体がほぐれていきます。シャワーだけで済ますと交感神経になってしまうので逆効果。湯船にゆったりつかるのがいいですね。

また、ストレッチをしたり、仕事や家事のあいまに首・肩・腕をまわしたり、自分で体をもみほぐしたり。散歩などの軽い運動もおすすめです。

ほかにも、自分でしっかりとほぐす方法もあります。かんたんに、時間もかけずにできますので、ご参考になればうれしいです。

【ご参考】 しっかりほぐれてラクラク♪ 簡単な方法とは? >>

スポンサーリンク

▼関連記事