起立性調節障害 原因 症状

自律神経失調症と似ている病気

起立性調節障害

トップ > 自律神経失調症と似ている病気 > 起立性調節障害

起立性調節障害とは?

起立性調節障害は「起立失調症候群」とも言われ、自律神経の乱れが原因であらわれる自律神経失調症のひとつ。

寝ている状態から起き上がった時に、血管の調節がうまくいかないことが原因となって症状があらわれるもののことを言います。

小学校の高学年から中学生にかけてあらわれる傾向があり、男子よりも女子に多く、季節的には、春から初夏にかけて起こることが多いです。午前中、特に朝この症状が起きることが多く、循環器系の症状とされます。

そんな起立性調節障害の症状、原因、対処法についてお伝えします。

スポンサーリンク

【目次】

起立性調節障害の症状

代表的な症状は、めまいや立ちくらみ。立ち上がった時や、長時間立っている時に起きやすくなります。その他にも次のような症状があります。

起立性調節障害の大症状
  • 立ちくらみ、めまいを起こしやすい
  • ずっと立っていると、気分が悪くなったり倒れたりする
  • お風呂に入っている時に気分が悪くなる
  • イヤなことを見たり聞いたりすると気分が悪くなる
  • あまり動いていないのに、動悸や息切れを感じる
  • 目覚めや寝起きが悪く、午前中は調子が悪い
  • 夜になかなか寝つけなかったり、ぐっすり眠れない
起立性調節障害の小症状
  • 顔色が青い(青白い)ことが多い
  • あまり食欲がない。食べると気持ちが悪くなったりする。
  • お腹が痛いことが多い(下痢など)
  • 疲れやすい
  • 頭痛
  • 車、電車、飛行機などで乗り物酔いをする

スポンサーリンク

▲このページのTOPへ

起立性調節障害の原因

起立性調節障害の原因は、自律神経の乱れと脳の血液不足。

血液は、立っている時は重力によって下半身に移動します。その血液を上半身に(心臓に)戻すために、ふくらはぎなどの下半身の筋肉がポンプのようにぐいっと血管をちぢませて、血液を心臓へ戻しています。

起立性調節障害は、この血管の収縮がうまくできないことが原因。

立っている時に血液が下半身におりる
⇒ 下半身の血管の収縮がうまくいかない(ポンプがはたらかない)
⇒ 下半身に血液がたまってしまう
⇒ 心臓へ戻ってくる血液が少なくなる
⇒ 心臓から体へ送りだす血液も少なくなる
⇒ 同様に、脳へ送りだす血液も少なくなる
⇒ 貧血、立ちくらみ、めまい、気分が悪くなって倒れる、などの症状がおこる

これが起立性調節障害の原因です。

起立性調節障害の対処法

起立性調節障害の対処法は、規律正しい生活をして体調を整えること。

朝食・昼食・夕食の時間を決めて、1日3回規則正しく食事をする。夜ふかしをせず、きまった時間に寝て睡眠時間をしっかりとる。

このように生活のリズムや体内時計を整えれば自律神経も整いますので、症状の改善に大きく役立つでしょう。

スポンサーリンク

▼関連記事