起立失調症候群

自律神経失調症と似ている病気

起立失調症候群

トップ > 自律神経失調症と似ている病気 > 起立失調症候群

起立失調症候群とは? 症状と原因について

起立失調症候群とは?その症状、原因、対処法について説明します。

起立失調症候群とは?

起立失調症候群は、「起立性調節障害(OD)」とも言われます。自律神経のバランスの乱れによって起こる自律神経失調症のひとつ。寝ている状態から起き上がった時に血管の調節がうまくいかず、立ちくらみやめまいなどの症状が出るものをいいます。

小学校高学年から中学生などの思春期の人や、初老期の人に多くみられ、やせている人、青白い顔の人、神経質な人にあらわれやすい傾向があります。起立失調症候群の中でも、思春期にあらわれるものを「起立性調節障害(OD)」と呼びます。

スポンサーリンク

起立失調症候群の症状

代表的な症状は、めまいや立ちくらみ。立ち上がった時や、長時間立っている時に起きやすくなります。ひどい場合は失神を起こすこともあります。

その他にもこのような症状があります。

  • 立ちくらみ、めまいを起こしやすい
  • 立ち続けていると気持ち悪くなり、ひどいと倒れる
  • 入浴時や嫌なことを見たり聞いたりすると気分が悪くなる
  • 少し動いただけで、動悸や息切れがする
  • 寝起きが悪く、午前中は調子が悪い(昼夜逆転による睡眠障害)
  • 顔色が青い
  • 食欲不振
  • 腹痛(下痢)
  • 疲れやすい
  • 頭痛
  • 乗り物酔い

起立失調症候群の原因

私たちは、立ち上がると重力によって血液は下半身へ移動します。下半身に血液がたまらないように、下半身の血管を収縮させて(ちぢませて)心臓へ血液を戻しています。起立失調症候群になると血管の収縮がうまくできないので、下半身に血液がたまってしまって心臓へ戻ってくるはずの血液が少なくなります。なので、心臓から全身へ送りこむ血液も少なくなってしまいます。

この結果、脳へ届くはずの血液も少なくなってしまうので、貧血、立ちくらみ、めまい、気分が悪くなって倒れる、といった症状が起きてしまうのです。

起立失調症候群の対処法

起立失調症候群の対処法は、規律正しい生活をして体調を整えることが大切。食事を1日3回、決まった時間に食べるようにしたり、夜ふかしをしないで十分な睡眠をとるように心がけましょう。

スポンサーリンク

▼関連記事