ウォーキング

副交感神経を高める方法

ウォーキング

トップ > 副交感神経を高める方法 > ウォーキング

自律神経失調症を改善するウォーキングとは?

ウォーキングは自律神経失調症を改善するのに効果的なのでしょうか?

自律神経失調症を改善する方法としては、医師による薬物療法や心理療法などさまざまな方法があります。でも、「なるべく薬などに頼らずに治したい」を考えている方も多いのではないでしょうか。

そこで、普段の生活の中で自律神経失調症を改善するためのひとつの方法として、効果的なウォーキングのしかたについて紹介していきます。

ウォーキングは本当に効果的?

自律神経失調症は、心と体のストレスによって交感神経ばかりが優位になってしまうことがおもな原因。からだの筋肉は慢性的にかたくなって、回復がなかなか進まなくなります。

全身の筋肉の緊張状態が続いてしまうこともあって、血行も悪くなりがち。これでは栄養も酸素も体温も全身には行き渡りにくくなります。

そこで効果的なのがウォーキング。ウォーキングは全身運動なので、血流が良くなって筋肉の緊張を適度にほぐしてくれます。全身の筋肉の70%は下半身に集まっています。ですので、上半身を動かす運動よりもウォーキングのように下半身をメインに動かす運動のほうが、プラスの影響が大きいのです。

ウォーキングは何分くらいすれば良い?

ウォーキングはどれくらいの時間おこなうのが効果的なのでしょうか?

おすすめは30分以上のウォーキング。とはいえ、最初から30分以上もウォーキングするのはたいへんかもしれません。歩き慣れていない人にとっては、ゆっくりペースのウォーキングであっても、30分となるとずいぶん疲れるのではないでしょうか。

体に良かれと始めたウォーキングが、体の負担になったりストレスと感じてしまってては本末転倒。体にも心にも気持ちのいいことが大切なのです

まずは、あなたの負担にならない程度がいいですね。5分でも10分でも大丈夫。外にでて景色を見ながら散歩するだけでも気分転換になって楽しいもの。緑がきれいになった、木々の葉っぱが色づいてきた、もう桜がつぼみをつくってるなど、季節の変化を感じるのも心が喜びます。

また、「毎日やらなければ」なんて、義務感に感じるのも逆効果。朝のウォーキングがおすすめとはいえ、朝にしなくちゃだめ、ということもありませんし、毎日しなくちゃだめ、ということもありません。

ウォーキングしたいなぁ、と思ったときにすればいい。疲れたと思ったら帰ればいい。ウォーキングが億劫だなぁと思った日はやめればいい。ただそれだけのことです。

基準は「あなたが気持ちいいこと」。

「30分以上できたら一番いいのね。」と理解したうえで、無理をせずにあなたの気持ちのいいようにウォーキングを楽しむのが一番です。

では次に、効果的なウォーキングのやり方について、ご紹介します。

スポンサーリンク

ウォーキングのやり方

ウォーキングの姿勢としては、次のポイントに注意をすると効果的です。

  • 視線を遠くにする
  • あごを引く
  • 頭を高くする
  • 肩のちからを抜く
  • 腕をふる

なかでも、『肩のちからを抜く』というのが大切なポイント。肩のちからを抜けば抜くほど、全身の緊張がほぐれやすくなります。

肩をあげさげするとスーッとちからが抜けます。ウォーキングしながらでも時おり肩をあげさげするといいですね。

腕をふると肩や腕の緊張がとれるだけでなく、肺もひろがって呼吸が深くなります。あまり細かいことは気にせずに、腕を振って、すこし歩幅を広くして、まわりの景色も楽しみながら、無理なくウォーキングを続けてみましょう。

【ご参考】 しっかりほぐれてラクラク♪ 簡単な方法とは? >>

スポンサーリンク

自律神経を整える生活

▼関連記事