偏食

副交感神経を高める方法

偏食

トップ > 副交感神経を高める方法 > 偏食

偏食をやめて自律神経失調症を改善しよう

偏食は、思っている以上に体にとって悪影響を及ぼしています。特に、自律神経失調症を改善するためには、一日3回の食事はもちろんのこと、その内容もとても大切。かたよった内容では改善もままなりません。

私たちの体を作っているのは、毎日の食べ物や飲み物。偏食をしていると栄養までかたよってしまうだけでなく、食事から摂った栄養まで体に吸収されずに排出されてしまうことも。そこで、偏食を改善して体をしっかり回復する方法を紹介します。

1日3食、バランスのとれた食事を

偏食を続けていると、体にも精神的にも不調があらわれます。体の調整機能を高めるために、偏食をやめてバランスよい食事を心がけましょう。

偏食をやめるといっても、嫌いなものを食べなさい、ということではありません。こんなこと、ありませんか?

  • 「煮魚は好きだけど、最近食べてないなぁ」
  • 「野菜の煮物は好きだけど、最近食べてないなぁ」
  • 「大豆は好きだけど、最近食べてないなぁ」

好きだけど最近食べていないものがいろいろある。普段食べるものがかたよってしまっている。という意味での偏食をやめて、まんべんなく食べることが大切です。

忙しい毎日のなかで、あれやこれや作るというのは大変かもしれませんが・・・

  • 外食をする時に、和食屋さんにする
  • ランチのお弁当を買うときに、お店を変えてみる
  • いつものお味噌汁を豚汁に変えるなど、野菜たっぷりにする
  • 煮魚の缶詰などを利用する
  • いつものサラダに大豆の水煮などを加える

といったかたちで、ちょっと変えたりちょっと加えたりの工夫なら手軽にできるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

気楽に偏食を改善しよう

偏食を改善するといっても、難しく考える必要はありません。この4種類を組み合わせて食事をとりましょう。

  • 主食・・・ご飯、パンなど
  • 主菜・・・肉、魚など
  • 副菜・・・野菜、海藻、きのこ類など
  • 汁物・・・味噌汁、スープなど

具だくさんのお味噌汁はおすすめ。わかめ、豆腐、高野豆腐、えのき、かぼちゃ、にんじん、キャベツ、小松菜、じゃがいも、玉ねぎ、大根など、たくさんの食材を入れてみましょう。海藻、大豆たんぱく、きのこ、緑黄色野菜、根菜などたっぷりで、ミネラル、大豆たんぱく、イソフラボン、食物繊維、ビタミンA、C、E、鉄分、アリシンと、栄養も一度にたくさんとれます。

大きめのお鍋で作ってボリュームたっぷり。手間も省けますし、副菜と汁物が一緒に食べられます。夕食の分と朝食の分を一緒につくっておけば、忙しい朝でもいろんな食材が一度に食べられますね。

洋風にはミネストローネもおすすめ。いろんな野菜やベーコン、豚肉、大豆、マカロニなど、こちらもたくさんの食材をあれもこれもいれて煮込むだけ。「大豆の料理」、「海藻の料理」と考えるとたいへんですが、お味噌汁やスープにしてなんでもかんでも入れてしまえば簡単!ぜひ取り入れてみてください。

ちょっとした工夫で偏食を改善

1日30品目と言いますが、きっちり30品目食べるのも大変。でも、ちょっとした工夫でいろんな食材をとることができます。

  • いろんな野菜や果物でミキサーを使ってジュースにする
  • いろんな野菜やきのこや大豆や海藻を入れたスープにする
  • いろんな野菜やきのこなどを入れた雑炊にする
  • 鍋料理にして肉・魚・野菜・きのこを入れる
  • 外食では、丼ものやパスタといった単品ではなく定食にする
  • 白米ではなく、雑穀米・玄米・胚芽米に変える

このような工夫で、いろんな食材をまんべんなく食べるようにしましょう。

【ご参考】 しっかりほぐれてラクラク♪ 簡単な方法とは? >>

スポンサーリンク

自律神経を整える生活

▼関連記事