ストレッチ

副交感神経を高める方法

ストレッチ

トップ > 副交感神経を高める方法 > ストレッチ

ストレッチで自律神経失調症を改善しよう

ストレッチは自律神経失調症を改善するのに効果があります。

なぜ効果的なのか?どんなストレッチがいいのか? どの時間帯におこなうのが良いのか、などについて、わかりやすく紹介します。

ストレッチが効果的なのはなぜ?

まず、ストレッチが効果的な理由についてお伝えします。

自律神経失調症を改善するために大切なことは、「副交感神経のはたらきを高めること」。

自律神経

自律神経は・・・

  • 交感神経・・・活動している時、緊張している時、ストレスを感じている時にはたらく
  • 副交感神経・・・休息(睡眠)している時、体の回復をしている時、リラックスしている時にはたらく

の2つから成り立っています。この2つがバランスよくはたらくことで、日中の活動をスムーズにおこなって、夜の睡眠でしっかりと回復する。これが私たちの本来の状態であり、健康な状態でもあります。

しかし、自律神経失調症になってしまう人は、日々のストレスがとても多く、交感神経ばかりがはたらいていて、副交感神経が十分にはたらけていない。回復がおいつかなくなって、体にも心にも不調をきたしているのです。

副交感神経を高めることが大切

なので、交感神経のはたらきをおさえて副交感神経を高めることが、自律神経失調症を改善するためにとても大切となってきます。それどころか 「副交感神経を高めることなくして改善は望めない」 と言ってもいいくらいでしょう。

しかし・・・

「ストレッチとどう関係があるの?」

と思いませんか? これからその理由をご説明します。

マッサージでトローンと眠たくなったこと、ありませんか?

マッサージで気持ちよく体をもみほぐされて、眠たくなったことありませんか?

こった肩をもんでもらったり、ガチガチの背中やむくんだ足をもみほぐされるのは本当に気持ちがいいもの。固くなった筋肉がほぐれて血行がよくなり、体が軽くなってぽかぽかしてきたり。そして、トローンと眠たくなったりもします。

眠たくなるということは、副交感神経に切りかわった証拠。そしてそれは、筋肉がほぐれたから副交感神経に切りかわったのです。

さて、ストレッチをおこなうのはどんな時ですか?

パソコン仕事で疲れて、グーッと体を伸ばしたり、肩や腕を伸ばしたり。しかしもっともイメージできるのは、「運動する前」 ではないでしょうか?運動する前のストレッチ。その目的はズバリ 「筋肉をほぐすこと」。逆に言えば、「筋肉がほぐれるからストレッチをする」 のです。

ストレッチをする → 筋肉がほぐれる → 副交感神経にきりかわる → 自律神経失調症の改善に効果がある。ということにつながるのです。

呼吸が深くなるメリットも

私たちは、緊張している時、ストレスを感じている時、仕事や家事や勉強に集中している時などは、無意識のうちに呼吸が浅くなっている傾向があります。

そして、体育の授業のない私たち。一日に一度も深呼吸をしていない人がほとんどではないでしょうか?

ストレッチは、ゆっくりと深く息を吸いこみながらおこなうという特徴があります。ストレッチをおこなうと自然と呼吸が深くなり、その深い呼吸が体の緊張状態をほぐしてくれるはたらきもあるのです。

では次に、効果的なストレッチのやり方についてお伝えします。

スポンサーリンク

どんなストレッチが効果的?

ラジオ体操やヨガなどが効果的。しっかりとおこなえば筋肉もしっかりとほぐれていきます。ともあれ、ヨガを習おう、ヨガの本やDVDを買ってきて始めよう、などと思っても、買ってきただけで終わってしまいがち。いますぐできることから始めましょう。

立って背伸びをするもよし、腕をつかんでグーッと伸ばすもよし。本格的に始めるのもいいですが、まずはすぐにできるストレッチから始めてみてください。

体に無理な負担がかかるストレッチをする必要なありません。グーッと伸びて気持ちがいい、と感じる程度が効果的です。そして、ゆっくりと呼吸しながらおこなうようにしましょう。吸う時は鼻から、吐くときは口から。深呼吸しながらストレッチをおこないましょう。

おすすめのストレッチ

1つ、おすすめのストレッチをご紹介します。

  • まっすぐ前を見ます。そして、首を左に傾けて、右の鎖骨のあたりを左手で押さえます。
  • そのまま、首から下は動かさずに頭だけ左斜め後ろに倒しましょう。
  • 首の筋が伸びたことを感じたら、ゆっくりと元の体勢に戻します。これを反対側も同様におこないます。

これなら簡単。仕事や家事や勉強の合い間に、その場ですぐにできるストレッチですね。ぜひ試してみてください。

いつおこなうのが効果的?

ストレッチの効果的なタイミングは、疲れたなぁと感じた時、お風呂から出た時、夜寝る前。疲れがやわらいだり、眠りにつきやすくなったり、といった効果が期待できます。

1日に1回しっかりとおこなう、というのもいいですが、疲れをためないように、少しずつでもこまめにストレッチをおこなうことが改善に効果を発揮するでしょう。

自分で体を深くほぐしましょう

マッサージや整体に通うのも効果的ですが、毎日通えるものではありません。ふだんの生活の中で自分でできることを続けるのが一番ではないでしょうか。

ふだんの生活で体をほぐすといえば、お風呂。熱すぎない温度の湯船にゆったりとつかれば、じんわりと体がほぐれていきます。シャワーだけで済ますと交感神経になってしまうので逆効果。湯船にゆったりつかるのがいいですね。

また、ストレッチをしたり、仕事や家事のあいまに首・肩・腕をまわしたり、自分で体をもみほぐしたり。散歩などの軽い運動もおすすめです。

ほかにも、自分でしっかりとほぐす方法もあります。かんたんに、時間もかけずにできますので、ご参考になればうれしいです。

【ご参考】 しっかりほぐれてラクラク♪ 簡単な方法とは? >>

スポンサーリンク

自律神経を整える生活

▼関連記事