ストレス

副交感神経を高める方法

ストレス

トップ > 副交感神経を高める方法 > ストレス

ストレスケアで自律神経を整えよう

ストレスは自律神経を乱れさせるおおもとの原因そのものです。そんなストレスを「受けないこと」、「ためないこと」、「発散すること」は、自律神経の乱れを整えるためにはとても大切なこと。

そこで、体と心のストレスを受けないようにする方法、ためないように発散する方法をいくつか紹介します。

スポンサーリンク

ストレスを受けない

精神的なストレスを受けないようにするためには、前向きに考える、ささいことは気にしない、適当に聞き流す、といったことが大切です。

前向きに考える

「前向きに考えられないからストレスがたまるのよ」ととらえてしまうと、何も始まりませんし、何も変わりません。少しづつでも前向きに考えるようにしましょう。

もし、あなたがお芝居をしているとして、あなたの相手役にひどいことを言われたら・・・クヨクヨします?しませんよね。

現実の世界も同じ。あなたの周りの人は、神様が作った台本通りにセリフを言っているだけです。そのセリフを言わせる目的はただ1つ。「あなたの成長」です。

まわりの人があなたの為に、言いたくもないイヤなセリフを言っている。本当にありがたいことです。

目の前に起きている「イヤなこと」は間違いなく「ギフト」です。ただ、今のあなたには「ギフト」だと気づけないだけ。3年後、5年後、10年後に 「あのことがあったおかげで・・・」と実感します。

ささいなことは気にしない

人はみな、自分のことで精一杯です。つまり、他人のことを気にしている暇はありません。

あなたが誰かから言われた(された)ささいなことや、あなたが誰かに言った(した)ささいなことが、いつまでも気になる。これ、けっこうなストレスになります。

でも、相手はとっくに忘れています。気持ちよく忘れましょう。忘れていないとしても・・・、それはささいなこと。そのことで友達関係が崩れるとしたら、その人は最初から友達ではありません。

人生は長いようで短いもの。ささいなことを気にしてるほど人生は長くありません。

適当に聞き流す

あなたが大好きな人の話は、真剣に聞きましょう。でもそうでない人の話なら、適当に聞き流しましょう。

上司にイヤなことを言われた、お客様にすごく怒られた。ストレスがたまるでしょう。

イヤなことを言う上司のことは放っておきましょう。心が成長していないのか、家族関係がうまくいっていないのか。その人も愛が欲しいから、自分を見て欲しいから、そういうことを言うのです。間違っても、真に受けたりしないでくださいね。

お客様のお怒りは、会社に対して、あなたに対しての貴重なアドバイスです。ストレスになることでもないですし、あなたが悪いわけでもありません。

あなたもお客様に共感できるお怒りならば、改善策に取り入れましょう。あなたがまったく共感できないお怒りならば、その人はすでにお客様ではありません。放っておきましょう。他のお客様にもストレス・迷惑になります。

ただ、あなたの耳に入ってくる言葉は、あなたに共鳴しているのは事実です。あなたの目の前の人は、あなた自身の「鏡」です。そのことだけは、受け入れましょう。

スポンサーリンク

ストレスを発散する

ストレスを受けてしまったら、発散することが大切。手軽にできる方法をいくつか紹介します。

  • 散歩、ウォーキング、ジョギングなどの運動をする
  • 深呼吸する(吐くときに細くゆっくりと息を吐く)
  • 好きな香りをかぐ(アロマオイルでも果物でも)
  • 好きな音楽を聴く
  • 好きなこと(趣味)をする
  • 気の合う友達とお茶やお酒を飲む
  • ぬるめのお風呂にゆったりと入る

やじはり一番のストレス発散方法は、仲の良いお友達とおしゃべりしたり、愚痴を聞いてもらったり、一緒にワイワイと言い合ったり、というのかもしれませんね。

一人でリラックスする時間を作るのも効果的。もしお友達と会えるなら一緒に楽しい時間を過ごすのもとてもおすすめです。

ストレスは抱え込まないようにして、素早く発散しましょう!

【ご参考】 しっかりほぐれてラクラク♪ 簡単な方法とは? >>

スポンサーリンク

▼関連記事