整体は効果的?

副交感神経を高める方法

整体

トップ > 副交感神経を高める方法 > 整体

整体は自律神経を整えるのに効果的?

整体は自律神経を整えるのに効果的なのでしょうか?

自律神経の乱れを整えるために、そして体の悩みをやわらげるために、生活のリズムを見直す人もいるでしょう。食生活を見直す人、仕事をセーブする人、運動を始める人、睡眠時間を増やす人。そして、整体に通う人もいるのではないでしょうか。

逆に、「整体に行ったら "自律神経が乱れてるんじゃないかなぁ" と先生に言われた」 という人も少なくないでしょう。

そこで、整体は効果的なの? なぜ効果的なの? などについてお伝えします。

スポンサーリンク

整体は効果的なの?

整体は自律神経を整えるのに効果的です。もっとも 「整体に通いさえすれば、かならず改善する」 というものではありません。整体に通う頻度であったり、そのほかの生活習慣の改善やストレス環境の改善も必要。ですが、整体は少なからずプラスにはたらくと言えるでしょう。

不調を抱える人の共通点は筋肉の緊張

不調を抱えている人の共通点は、筋肉がかたく緊張していること。その原因はさまざまな 「ストレス」 です。

ラッシュでの長距離通勤、多忙な仕事、運動不足、睡眠不足、不規則な食生活、といった身体的なストレス。仕事のプレッシャー、人間関係、育児の悩みといった精神的なストレス。これらストレスの多い毎日が交感神経ばかりを活性化させて、慢性的に筋肉を緊張させてしまうので、体の回復が追いつかずに不調をかかえるようになるのです。

根本的な原因がストレスなので、それさえなくなれば不調が消えていくのは当然のこと。とはいえ、今日で仕事をやめるわけにも、人間関係をバッサリ切るわけにもいかないでしょう。そこで効果を発揮するのが整体。ストレスで固くなった筋肉をほぐすことで、体を回復モードに切りかえるのです。

マッサージされて眠たくなった経験、ありませんか?

マッサージで気持ちよくもみほぐしてもらっているうちに、トローンと眠たくなった経験、ありませんか?

これは、筋肉がほぐれて副交感神経に切りかわった証拠。眠たくなると同時に、体は回復モードに切りかわります。筋肉がほぐれれば血行がよくなる。栄養も酸素も体温も、血液が全身に運んでくれるので、新陳代謝も体内酵素のはたらきも活性化。体の回復作業がどんどん進みます。

また、リンパの流れも改善されるので、たまっていた老廃物や疲労物質が体から排出されていきます。体に必要なものはすみずみにまで行き届き、不要なものは体からしっかりと排出される、ということですね。

このように、自然治癒力をはたらかせてあらゆる不調を改善するためには、かたくなった筋肉をほぐすことは不可欠。ましてや自律神経の乱れが大きい人は、毎日の強いストレスによって交感神経ばかりが活性化していて、副交感神経がほとんどはたらけていません。昼も夜も、体がガチガチに固くなっていることでしょう。

ですので、さまざまな不調を解消するためには、こまめに体をほぐして副交感神経のはたらける時間を増やすことが、もっとも大切なポイントです。

ただ・・・

「整体に行った時はいいのに、次の日にはもう・・・」

整体をしてもらうのは気持ちがいいですよね?こり固まった筋肉がほぐれて体が軽くなり、たまっていた疲れもとれたよう。でも、

「次の日には、いつものガチガチな体に戻っちゃうんです」

と感じる方、多いのではないでしょうか?

これは、整体の効果がないからではありません。整体の先生が下手だからでもありません。日々の強いストレスや緊張と比べて、月に1時間、週に1時間の整体では足りなすぎるのです。

週1時間のレッスンだけで上達する?

たとえば、あなたとお友達が 「テニスが上手くなりたい!」 と思っているとしましょう。

  • あなた:週に1時間だけプロからコーチを受ける。それ以外は何も練習しない。
  • お友達:週に1時間だけプロからコーチを受ける。でも他に、自分でできる練習を毎日2時間する。

上達するのはどちらでしょうか?

あなたのお子さんが、週に1時間だけ塾で勉強し、それ以外では勉強しないとしたら、あなたはお子さんになんて言いますか?

体のケアも同じ。ましてや自律神経からくる不調を抱えるほどの強いストレスを抱えているのなら、毎日しっかりとケアしてあげないと、回復などとても追いつきません。そこで・・・

自分で体を深くほぐしましょう

マッサージや整体に通うのも効果的ですが、毎日通えるものではありません。ふだんの生活の中で自分でできることを続けるのが一番ではないでしょうか。

ふだんの生活で体をほぐすといえば、お風呂。熱すぎない温度の湯船にゆったりとつかれば、じんわりと体がほぐれていきます。シャワーだけで済ますと交感神経になってしまうので逆効果。湯船にゆったりつかるのがいいですね。

また、ストレッチをしたり、仕事や家事のあいまに首・肩・腕をまわしたり、自分で体をもみほぐしたり。散歩などの軽い運動もおすすめです。

ほかにも、自分でしっかりとほぐす方法もあります。かんたんに、時間もかけずにできますので、ご参考になればうれしいです。

【ご参考】 しっかりほぐれてラクラク♪ 簡単な方法とは? >>

スポンサーリンク

▼関連記事