カフェイン

副交感神経を高める方法

カフェイン

トップ > 副交感神経を高める方法 > カフェイン

カフェインと自律神経失調症

自律神経失調症を患っている人で、

  • 「カフェインって本当に良くないの?」
  • 「カフェインを摂ったら良くない理由が知りたい」
  • 「コーヒー大好きなんだけど…どうすれば良いだろう」

と疑問に思っている方は多いのではないでしょうか。そこで、自律神経失調症とカフェインの関係についてお伝えします。

カフェインは自律神経失調症に良くないの?

カフェインが配合されているドリンクにはどんなイメージを持っているでしょうか?

目が覚める、興奮する、活動モードになる、といったイメージも多いでしょうし、「カフェインといえばコーヒー」というところから、コーヒーを飲んでちょっとリラックス、といったイメージもあるでしょう。

たしかに、カフェイン入りのドリンクを飲むと、その効果から神経が活発化して元気になったように感じられます。しかし、神経が活発化するということは、それだけエネルギーを消費するということ。

自律神経失調症を患っている場合、普通よりもエネルギー量が少なくなっている場合が多いので、そのなけなしのエネルギーを無理矢理使ってしまう結果となってしまいます。最後の力をふりしぼるようなものですね。

カフェインを摂ったことにより、少しの間はリラックス効果を感じることができるかもしれません。でもカフェインが切れるとどっと疲れてしまうのです。

なので、自律神経失調症を患っているのであれば、あまりカフェインをとり過ぎないようにした方が良いと言えるでしょう。浴

どうしてカフェイン摂取は良くないの?

いま述べたとおり、カフェインは神経を活発化させてエネルギーを消費させます。なので、カフェインのとり過ぎはあまり好ましくないのです。

体がとても疲れた時、疲れを取るにはまず体を休ませることが必要になりますよね。その『休みたい』と思っている体を無理矢理『働かせる』のがカフェインの効果です。

また、カフェインは体を冷やす成分とも言われていますので、冷え症を悪化させてしまって寝つきが悪くなってしまうこともあります。体を回復をもっとも進ませるのが睡眠。その睡眠時間が少なくなったり、眠りが浅くなってしまっては、回復もじゅうぶんに進みません。

スポンサーリンク

コーヒーが好きな場合はどうしたら?

カフェインが含まれる飲み物をひかえるのが望ましいですが、コーヒーが大好きでコーヒーを飲まないと落ち着かない、という人もいるでしょう。

そんな方には、ノンカフェインのコーヒーに変えるのが一番ではないでしょうか。ノンカフェインとはいえ、まったくコーヒーを飲まないように我慢するよりはストレスがたまらないでしょう。

それでも、「ノンカフェインのコーヒーでは全然ものたりない。かえってイライラする。」

というのであれば、レギュラーコーヒーではなくインスタントコーヒーを飲むようにすることをオススメします。

実は、レギュラーコーヒーというのはインスタントコーヒーと比べて倍以上もカフェインを含んでいるのです。ですから、レギュラーコーヒーをドリップして飲むのが好き、という人もご自身の体のために我慢してみてはいかがでしょうか。

「インスタントなんて美味しくない!レギュラーコーヒー以外は受けつけないんだ!」

という人もいるかもしれません。そんな人にとっては、ノンカフェインやインスタントで我慢することでストレスがたまってしまいます。カフェインによる悪影響よりもそのストレスによる悪影響が大きいのでは、本末転倒です。

であるなら「1日1杯にする」といったように飲む回数を減らしてみたり、「カップ1杯ではなく、朝にカップ半分、夕方にカップ半分」など一度に飲む量を工夫して、カフェインの量をおさえるようにしてみてはいかがでしょうか。

1日1回だけ飲むよりも、量は減らしても1日に2回飲むほうがストレスもたまりにくいかもしれませんね。

あまりにたくさんのカフェインを摂取してしまうと、刺激過多となってしまい、不眠・食欲不振・ぼんやりする…などといった症状がひどくなってしまうこともあります。コーヒーを飲むのであれば「1日何杯まで」ということをはっきりと決めておいたほうが良いでしょう。

毎日欠かさずコーヒーを飲んでいる人がいきなりコーヒー断ちすることは難しいでしょうから、少しずつ量を減らしていきましょう。ちなみに、コーヒー以外にも栄養ドリンクになどにもカフェインは含まれていますので、栄養ドリンクも摂取し過ぎないように注意してください。

【ご参考】 しっかりほぐれてラクラク♪ 簡単な方法とは? >>

スポンサーリンク

自律神経を整える生活

▼関連記事