副交感神経を高める方法

お酒

トップ > 副交感神経を高める方法 > お酒

お酒 - 副交感神経を高める生活

お酒を飲むと副交感神経になって心も体もリラックスしますが、飲み過ぎは逆効果。お酒の飲み方や飲む量について紹介します。

お酒のよい効果と悪い効果

お酒は気分をリラックスさせてくれますし、ストレス解消にもなります。友人や家族との楽しいお酒はコミュニケーションも深めてくれるでしょう。

しかし、お酒の量が増えてしまうと、肝臓を悪くしたり、アルコール依存症になる可能性もあります。

副交感神経にする酒の量と、交感神経にする酒の量

お酒を飲むと気分がリラックス。顔もほんのり赤くなって、血行もよくなります。これは「副交感神経」になった証拠。この段階なら心地よく眠れるでしょう。

しかし、そこからさらにお酒を飲み過ぎてしまうと・・・

気分がどんどん興奮し、ほんのり赤かった顔の色がひいて青白くなり、しまいには「ゲー」と戻してしまうことも。これは「交感神経」になった証拠。この段階で寝ても眠りは浅く、夜中に目が覚めるとなかなか眠れなかったりします。

お酒の量はどのくらいが効果的?

副交感神経になって気分がリラックスするお酒の量は人それぞれ。目安としては、

  • ビールなら大瓶1本
  • 日本酒なら2合
  • ウィスキーならダブルで2杯程度

ではないしょうか。

かならず休肝日をもうけましょう。また薬を飲んでいる人は、主治医に相談してからお酒を飲むようにしてください。

【ご参考】 しっかりほぐれてラクラク♪ 簡単な方法とは? >>

スポンサーリンク

自律神経を整える生活

▼関連記事